テーマ:写真

京都御苑から 三条通りへ

今日は 京都の最後の日。  2件投稿しています。  同志社大学で建物の写真を撮った後、御所の「 乾御門 」から入り「 一條邸跡 」を歩いて、「 京都御苑 中立売休憩所 」で食事の後、「 建礼門 」を見ながら「 九條邸跡 」、「 堺町御門 」を出て、目的地 三条通りに向かいました。 「 乾御門 」から「 朔平門 」に向かって右手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社大学 赤煉瓦の建築

今日は2件投稿しています。  京都に行った時 写真に撮って欲しいと友達に依頼されて「 同志社大学 」に行って来ました。 明治8年( 1875 )新島襄によって創立され、「 今出川キャンパス 」は、京都御所と相国寺の間に位置しています。  正門は今出川通りに面した 京都御所の今出川御門の向かい側にあります。   明治中期以降「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節のお便りが届きました

京都の友達「 かっちゃん 」から 写真が届きました。 長岡京市にある「光明寺」の紅葉です。  ピークが過ぎても まだまだ 紅葉が綺麗です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山巡り【其の壱(概要)】

今日から「 湖東三山 」に就いて投稿します。 「 湖東三山( ことうさんざん )」とは、「 滋賀県 」の湖東地域( 琵琶湖の東 )にある「 西明寺 」、「 金剛輪寺 」、「 百済寺 」の三つの天台宗寺院の総称です。   琵琶湖の東側、鈴鹿山脈の西山腹に位置し、百済寺の南東に位置する永源寺と共に 日本の紅葉100選にも選ばれていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長谷寺に行きました

今日は「 長谷寺 」です。  昨日、冒頭で書いた通り 奈良の古刹は 広く点在しているので 一日 数箇所訪ねるは大変です。  「 室生寺 」から「 長谷寺 」へ 電車で移動すると 大変時間が掛かるので、予約しておいた「 タクシー 」で移動しました。  途中「 大和路 」の風景です。「 大和路 」と言えば 奈良の写真家「 入江泰吉 」さんを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室生寺に行って来ました

京都 二日目です。  今日は 奈良県の「 室生寺( むろうじ )」と「 長谷寺 」を「 かっちゃん 」が計画してくれました。  何時も 綿密なスケジュールと 費用を算出してくれるので 大変有り難く 感謝しています。 京都の歴史は古いですが、更に 時間を さかのぼる のが「 奈良 」の古刹です。  京都と比べ静かで ゆっくりと 見学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都「 東寺ライトアップ 」に行って来ました

何時も宿泊しているホテルのロビーに「 東寺ライトアップ 」の案内用紙が置いてありました。  京都 八条口から「 東寺 」迄近いので 散歩がてら 歩いて行って来ました。 「 東寺 」は、8世紀末、平安京の正門にあたる「 羅城門 」の東西に「 ;東寺 」と「 西寺 」の2つの寺院が建立されました。  両寺院は、各々平安京の左京と右京を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橫浜 大桟橋 の夕日

今日の 大桟橋の写真は 先月末に撮影した「 蔵出し写真 」です。  遅れ遅れで投稿しました。 橫浜駅に 所用で夕方出掛けた後、「 大桟橋 」まで 行って来ました。  撮った時間帯は 17時 ~ 19時迄です。 訪れた日は 絶好の快晴で 週末だった事もあり、大桟橋には 多くの 写真撮影愛好家の方達が 所狭しと 三脚を立てていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れた日の 七里ヶ浜と腰越

今日は 江ノ電 「 七里ヶ浜駅 」から「 腰越駅 」迄 海岸を歩きました。 秋だと言え 海岸は日差しが強く歩くと 少し汗ばみますが その分 海からの潮風が心地よいです。 「 七里ヶ浜 」から見た 正面 湘南の海、左方向には 逗子市から 葉山の方面が、右方向には 江ノ島 から遠くに 伊豆半島が見えます。そして 薄らと雪が積もった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快晴の日の山下公園

「 三渓園 」の後、時間がタップリと有ったので、車で 山下公園へ。  僅か20分程度で到着します。   天気が良いので 家族連れ の方々が目立ちます。  半月ほど前に撮った山下公園内「 バラ園 」の写真と、今回訪れた時の紅葉した「 銀杏並木 」の風景を写真と動画で紹介します。 園内に入ると 正面に噴水が目に入ります。  「 水の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国指定名勝 三渓園に行って来ました

朝 友達から電話で「 山ちゃん 」の自宅近くで 写真撮影の仕事をした後 時間があるので「 三渓園 」にでも 行きませんかとのお誘いがありました。 途中 待ち合わせし 車で 大黒埠頭 から 首都高速湾岸線 で 三渓園へ。  友達は 記憶にかすかに残る頃に来たらしいです。  「 山ちゃん 」は 何回も来ているものの、今年は初めてです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロ撮影も楽し

急に 朝晩 冷え込んで来ました。  橫浜は 気候が温暖で暖かいので 紅葉は 関東地方の中でも遅いです。 天気が続き ほぼ毎日 自宅近くを 散策しています。  今日は 散歩途中で撮ったマクロ写真を紹介します。 機材は、8年程前に購入した NIKON D-7100( 画素数 2410万画素、DXフォーマット )カメラと、レンズは今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橫浜 山手西洋館 巡り

過去 何回か 橫浜の山手にある「 西洋館 」に就いて お話ししたことがありました。 秋空の下 家に居るのも 勿体ないので、散歩がてら 出掛けました。  山手に行くのは 今年か初めてです。   何時もは みなとみらい線「 元町中華街駅 」で下車し「 港が見える丘公園 」からスタートするのですが、今回は JR根岸線「 石川町駅 」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国営昭和記念公園に行って来ました

先週「 江ノ島 」に就いて投稿しました。  続いて湘南海岸を紹介する予定でしたが、先週 友達と「 国営昭和記念公園 」に紅葉の銀杏を見に行ってきました。  余り投稿が遅れると「 紅葉の時期 」から外れるので「 国営昭和記念公園 」を優先しました。  今週は 散策時 撮り貯めた写真を中心にアップします。 国営昭和記念公園は、「 昭和…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都の友達から「季節のお便り」が。

幼友達「 かっちゃん 」から、何時も 散歩に行っている 長岡京市にある「 光明寺 」の風景を送ってくれました。 紅葉が始まりました。  ピークは 今月の下旬だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組み立て中の「ガンダム」を見てきました。 二度目です。

今年の7月に 一度「 氷川丸 」から「 組み立て中のガンダム 」を見学に行きました。  頭部は無く胴体だけでした。 先月 頭部が付けられたとの事だったので、又 見学に行って来ました。  前回は 300mm の望遠レンズ でしたが、その後 500mmのレンズ を購入したので 海岸淵から撮りました。  以下 その時の写真です。 横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライトアップされた「 日本丸 」

グリーンにライトアップされた「 神奈川県庁本庁舎 」を撮ったら、駅が近くなので帰る予定でしたが、目の前に「 ランドマークター 」が見えました。  折角来だからと思い 30分程度 歩いて「 ランドマークタワー 」に行き、展望台から夜景を見ることにしました。 その前に 横浜港のシンボルである「 帆船 日本丸( 国指定重要文化財 )」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橫浜ランドマークタワーへ

「 帆船 日本丸 」を撮った後、JR 桜木町駅とランドマークタワー 都を繋ぐ陸橋に 一度上がります。 三菱地所が保有している。橫浜ランドマークタワーは、「 横浜みなとみらい21 」の中核を担っている超高層ビルで、オフィスの他 ホテルやショッピングモールなどから成る複合施設です。   平成2年( 1990 )3月に着工され、3年後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みなとみらい」の夜景

やっと 秋らしい 気候となって来ました。  少し前のことになりますが、神奈川県が発行する「 かながわ県のたより 」という「 小冊子 」を見ていたら「 グリーンライトアップ 」が 10月15日から18日迄 開催されることが書かれていました。 ネットで調べると、毎年10月を「 臓器移植普及推進月間( 移植医療の一層の定着、推進を図るた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメラの三脚

以前「 カメラの三脚 」を購入したことを書きました。   それ以外にも 以下の3本を持っています。 ・10年程前に購入した「 SLIK社 」のアルミ製で 重く   耐荷重に対し弱いのです。 ・ビデオカメラ用で、軽いのですが、耐荷重に対し 脚が  弱く小型カメラ位しか使えません。 ・最後の1本は 友達から譲り受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雀の車止め

食事の後、 江ノ電「 腰越駅 」で下車。何故降りたからかと言えば、以前立ち寄った 魚屋さん「 鎌倉魚市場 」で買った「 鰺の一夜干し 」が美味しかったので、又 買おうと思ったからです。生憎「 臨時休業 」でした。 天気予報で 午後から曇るとの予報通り青空も見えなくなってきたので、「 湘南モノレール 」に乗って藤沢経由で帰る事に。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 アマルフィデラセーラ 」で昼食

今回で4回目となります「 アマルフィデラセーラ( Amalfi DELLASERA 以下 アマルフィ )」はイタリアンの店です。   この店は、昭和46年( 1971 ) 鎌倉に第一号店をオープンしてから関東地方にレストランを展開している「 株式会社 ビィバリュー 」の店の一つで、七里ヶ浜には 海岸沿いに もう一店 同じく イタリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い立って「 七里ヶ浜 」へ

台風が過ぎ去った後、期待していた「 澄み渡った秋の空 」も、前線の影響で 曇り空が多くスッキリしない毎日が続いています。 その様な天気の中、神奈川県の天気予測を見ると午後14時位迄は晴れていそうです。  偶には「 アマルフィイ デラセーラ 」で食事と湘南の海でも見ようと思い 妻 を誘って行くことにしました。   今迄「 アマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の七 】

今日で シリーズ「 川崎市立 日本民家園 」は「 その他建造物 」2棟を紹介し終わりとなります。 ■ 沖永良部の高倉( 川崎市重要歴史記念物 ) ・概  要:柱の上に茅葺屋根がのった高倉       ( 奄美諸島の沖永良部島和泊 ) ・特記事項:エリア「 関東の村 」の 旧作田家 と        旧広瀬家 の途中に経ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の六 】

今日は「 東北の村 」2棟を紹介します。エリア「 神奈川の村 」から「 東北の村 」に移動します。 ■ 旧工藤家住宅( 国指定重要文化財 ) ・概  要:馬と共に暮らした南部の曲屋       ( 岩手県紫波郡紫波町舟久保 ) ・建築年代:江戸時代中期 宝暦の頃 ・構造形式:寄棟造、茅葺 ・見  所: 曲がった部分( L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の五 】

今日は「 神奈川の村 」7棟を紹介します。 エリア「 関東の村 」から「 神奈川の村 」に移動します。 ■ 北村家住宅( 国指定重要文化財 ) ・概  要:貞享四年の墨書が残る古民家  ( 神奈川県秦野市堀山下 ) ・建築年代:墨書により江戸時代 貞享4年( 1687 ) ・構造形式:寄棟造、茅葺 ・見  所: 江戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の四 】

今日は エリア「 信越の村 」から次の「 関東の村 」に移動し3棟を紹介します。 トンネルを潜ると その先が「 関東エリア 」となります。 ■ 旧作田家住宅( 国指定重要文化財 ) ・概  要:イワシの地引網漁で栄えた網元の家       ( 千葉県山武郡九十九里町作田 ) ・建築年代:江戸時代中期 ・構造形式:寄棟造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の参 】

今日は エリア「 宿場 」から次の「 信越の村 」に移動し6棟を紹介します。 【 信越の村へ 】 ■ 水車小屋( 川崎市重要歴史記念物 ) ・概  要:19世紀の巧みな動力源( 長野県長野市大字上ケ屋 ) ・建築年代:江戸時代末期 ・構造形式:寄棟造・茅葺・妻入 ・見  所: 水車に水を導くための「 樋( とい )」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の弐 】

今日から「 日本民家園 」を 昨日書きました「 エリア 」別にシリーズでアップします。 今日は【 本館と展示室 】、【 その他建造物 】、【 宿場 】に就いてです。「 GOOGLE 」で上空から捉えた「 日本民家園 」です。 【 本館と展示室 】 本館で「 入園券 」を購入します。  65歳以上で証明書があれば 500円が30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more