「 七草粥 」を戴きました

今年も「 無病息災 」を祈って「 七草粥 」を戴きました。
画像
画像

今は便利ですね。  スーパーに行くと「 七草 」がパック で販売されていますから。

七草と、その意味は
        ・芹(せり)…競り勝つ
        ・薺(なずな)…撫でて汚れを払う
        ・御形(ごぎょう)…仏体
        ・繁縷(はこべら)…繁栄がはびこる
        ・仏の座(ほとけのざ)…仏の安座
        ・菘(すずな)…神様を呼ぶ鈴
        ・蘿蔔(すずしろ)…汚れのない純白さ

で、中国の「 五節句 」に由来します。   

1月6日の夜に まな板 の上で包丁の背などでトントンたたいて細かく柔らかくし、翌日の朝に「 お粥 」に入れて「 七草粥 」として戴きます。  七草をトントンを叩く際に、邪気や厄病を追い払う「 七草の歌 」  

七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン と唄いながら七草を叩くのです。

"「 七草粥 」を戴きました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント