浄妙寺を訪れました

「 浄妙寺( じょうみょうじ )」は、臨済宗建長寺派の仏教寺院で、山号は稲荷山( とうかさん )で、正式には「 稲荷山浄妙広利禅寺 」と言います。  本尊は釈迦如来です。  源頼朝の忠臣で豪勇であった「 足利義兼 」による文治4年( 1188 )の創建と伝えられ、当初は「 極楽寺 」という「 密教( 真言宗 )」の寺院でしたが、建長寺開山の「 蘭渓道隆 」の弟子「 月峯了然( げっぽうりょうねん )」が住職となってから禅刹に改め、ついで寺名も足利貞氏の法名を貰い「 浄妙寺 」と改称しました。  改称したのは正嘉年間( 1257~1259頃 )とされています。
画像

開山( 初代住持 )は退耕行勇( 初めは真言密教を学んだが栄西の門下に入り臨済禅を修めました。  源頼朝や政子、実朝も帰依した高僧 )で、「 鎌倉五山 」の第五位で、鎌倉三十三観音第9番となっています。  かつては広大な寺地を有し、23箇院の塔頭を有した大寺院でしたが火災などのために衰退し、現在は総門、本堂、客殿、庫裡だけが残っています。    寺には婦人病に霊験のある神とされる「 淡島明神立像 」を安置することから、婦人病の祈願所とされています。  境内墓地には足利貞氏の墓とされる宝篋印塔があります。

・山門
画像
画像

・本堂
寄棟造の銅板葺きで「 起り 」と呼ばれる、膨らむような形の屋根が特徴の建物です。  現在の本堂は 宝暦6年( 1756 )に再建されたと伝わっています。  堂内には南北朝時代に作られた鎌倉十三仏の一つである本尊の「 木造釈迦如来坐像 」や、お産の神である「 木造淡島明神立像 」、開山の「 退耕行勇坐像 」が安置されています。  2月になると本堂前の庭園に紅白の梅の花が咲き誇るらしいですよ。
画像
画像
画像
画像

・枯山水庭園
画像
画像
画像
画像
画像

本堂の奥にある「 鎌足( かまたり )稲荷神社」は、現在の鎌倉の地名の由来となっているそうです。
画像

撮影5月30日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント