久し振りに 奈良 東大寺へ【 其の弐 】

今日は 昨日に続いて「 金堂( 大仏殿 )」から始まります。
画像
画像


【 金堂( 大仏殿 )、盧舎那仏像( 何れも国宝 )】
当初の「 大仏 及び 大仏殿 」は、聖武天皇の発願により、8世紀に造られたものと書きましたが、その後2度の兵火で焼け落ち、現存する大仏殿は江戸時代に再建されたものです。
画像
画像
画像

聖武天皇は天平15年( 743 )、大仏造立の「 詔 」を発しました。  当初、紫香楽宮の近くの甲賀寺で造立の始まった大仏は、その後現在地の奈良で改めて造立を開始し、天平勝宝4年( 752 )に「 開眼供養( かいげんくようえ、魂入れの儀式 )」が行われました。  治承4年( 1180 )の平重衡( たいらのしげひら )の兵火で大仏殿は焼失、大仏も台座や下半身の一部を残して焼け落ちて仕舞いました。  その後、大仏と大仏殿は重源の尽力により再興され、文治元年( 1185 )大仏の開眼供養、建久元年( 1190 )に大仏殿の上棟式、建久6年( 1195 )に大仏殿落慶供養が行われました。  この鎌倉復興大仏も永禄10年( 1567 )の「 松永・三好の合戦 」によって再び炎上して仕舞います。  大仏殿の再建は直ぐには実施されず、仮修理のまま、露座( ろざ : 屋根のない所に座ること )で数十年が経過しました。  その後 江戸時代、公慶上人の尽力により大仏と大仏殿が復興しました。  現存する大仏の頭部は元禄3年( 1690 )に鋳造された物で、元禄5年( 1692 )に開眼供養が行われています。  大仏殿は宝永6年( 1709 )に落慶しました。
画像
画像

現存する「 大仏殿 」は寄棟造、本瓦葺き。  2階建てに見えますが、構造的には「 一重裳階( もこし )付き 」で、正面5間、側面5間の身舎( もや )の周囲に1間( 間は長さの単位ではなく、柱間の数を表す建築用語 )の裳階( 建物の柱頭の辺りから廂 ( ひさし ) を四方に取付けた部分をいう。  建物の高さを高くせず内部空間を広げる為。  屋根が2重になるので2階建てと見誤るが,構造的には柱が2重にならず、外観的には開口部が1重しかないので分かる )を回している。  建物の高さ46.8m、間口57m、奥行50.5mで、高さと奥行は創建時とほぼ変わりないが、東西の幅は約 2/3 に縮小されていますが、柱材の入手が困難だったと言われています。  尚 瓦の数は 11万枚だそうです。  建築様式は、鎌倉時代に宋の建築様式を取り入れて成立した「 大仏様( だいぶつよう )」が基本になっており、水平方向に 「 貫( ぬき : 木造建築で柱等の垂直材間に通す水平材 )」を多用するのが特色です。  江戸時代には既に巨材の調達が困難であった為、柱は芯材の周囲に桶状に別材を巻きつけた「 集成材 」が用いられています。
画像
画像
画像

【 大仏( 盧舎那仏像 ) 国宝 】
東大寺大仏殿( 金堂 )の本尊である仏像( 大仏 )です。  一般に「 奈良の大仏さん 」として親しまれています。  聖武天皇の発願で天平17年( 745 )に制作が開始され、天平勝宝4年( 752 )に「 開眼供養会 」が行われました。  盧舎那仏は「 蓮華蔵世界( 華厳経の説く世界観 )」の中心に位置し、大宇宙の存在そのものを象徴する仏であるとされています。  現存の大仏は像の高さ約14.7m、顔の幅3.2m、手の大きさ2.5m、基壇の周囲70mで、頭部は江戸時代、体部は大部分が鎌倉時代の補修ですが、台座、右の脇腹、両腕から垂れ下がる袖、大腿部などに一部建立当時の天平時代の部分も残っています。  台座の蓮弁( 蓮の花弁 )に線刻された、華厳経の世界観を表す画像も、天平時代の造形遺品として貴重です。  大仏は、昭和33年( 1958 )、「 銅造盧舎那仏坐像( 金堂安置 )1躯 」として国宝に指定されました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

堂内 大仏様の左右手前に大きな、高さ約2m銅製大華瓶があり、そこに8本脚の揚羽蝶が留まっています。  よく見ると足が8本あります!  不思議ですね!
画像

余談ですが、大仏殿 正面の観相窓( かんそうまど )から「 大仏様 」が見られる光景を目にしますが、拝顔出来るのは、通常は元旦( 午前0時 ~午前8時 )とお盆の「 万灯供養会( まんとうくようえ : 午後7時~午後10時 )」の年2回だけです。
画像

【 虚空蔵菩薩坐像 と 如意輪観音坐像( 重要文化財 )】
大仏の左右には「 脇侍(きょうじ・わきじ : 仏教彫刻(仏像)や仏教絵画において、中尊( 中央に位置し、信仰の中心となる仏 )の左右に控える菩薩や明王など )」として木造の「 虚空蔵菩薩坐像( 左に位置 : 作成 江戸 宝暦2年( 1752 )頃の作品、高さ 7.1m )」と「 如意輪観音坐像( 右に位置 : 作成 江戸 元文3年( 1738 )頃の作品、高さ7.2m )」が安置されています。  これらの像は大仏( 銅造 )とは異なり木造の寄木造です。  大勧進公俊の時代、京都の仏師山本順慶一門と、大坂の仏師椿井賢慶一門等により、30数年をかけて製作されたもので、江戸時代の代表的な仏教彫刻です。 「 虚空蔵菩薩像 」は宝暦2年( 1752 )の完成、「 如意輪観音像 」は元文3年( 1738 )頃完成です。 

・ 虚空蔵菩薩坐像
画像
画像
画像
画像

・ 如意輪観音坐像
画像
画像
画像

【 廣目天像、多聞天像 】
堂内「 北西 と 北東 」の隅に四天王の内「 廣目天像( 西を守る神様 : 高さ約5m )」と「 多聞天像( 北を守る神様 : 高さ約5m )」安置されています。  何れも江戸時代復興期の像で、四天王の内残りの2体「 持国天( 東を守る神様 )」、「 増長天( 南を守る神様 )」は未完成に終わり、両像の頭部のみが大仏殿内に置かれています。

・廣目天像
画像

・多聞天像
画像

・持国天 と 増長天の頭部
画像

・鴟尾( しび )の模型
「 虚空蔵菩薩 」の前に置かれていた「 鴟尾 」。  、「 金堂( 大仏殿 )」の屋根の両端に見る事が出来ます。  瓦葺屋根の大棟の両端につけられる飾りの一種で、瓦の伝来に伴い、飛鳥時代に大陸から日本へ伝えられたと考えられています。  火除けのまじないにしたといわれています。  人の身長から その大きさが分かります。
画像

【 柱くぐり 】
東大寺の名物となっている「 柱くぐり 」。  この柱の穴は「 大仏の鼻の穴と同じ大きさ( 縦 役37cm、横 約30cm )、柱の直径( 穴の長さ )120cm 」で、くぐると「 無病息災 」の御利益がある他に「 願い事が叶う 」、「 頭が良くなる 」、「 福を招く 」等の諸説があります。  そもそも柱に穴を開けたのは陰陽道に当たる「 鬼門除け( 災難除け )」の為で、場所は 鬼門の方向である「 大仏殿の北東方向 」に位置しています。  穴を開けて邪鬼を追い払う役割をもたらしています。  皆さん 順番待ちです。  海外の観光客に 人気がありますが、多分 何の為 なのか 分かっていないと思います。
画像

【 賓頭盧尊者像 】
大仏殿に向かって右手に「 賓頭盧尊者像( びんずるそんじゃぞう) 」を見る事が出来ます。  所謂「 おびんずるさん 」です。  自分の体の悪いところと同じ部分を撫でると治ると言われています。  お釈迦さまの弟子の一人で迫力がありますが、お酒好きで失敗したりと、 人間様に近い方です。  蝶々が休んでいました。
画像
画像

最後に「 動画 」もご覧下さい。

丁度 お昼になったので 食事をする事にしましたが、「 かっちゃん 」が捜して 予約してくれた「 蕎麦屋 」さんは 大正解でした。  この話は別途!

この記事へのコメント