テーマ:写真

森日出夫 写真展

食事をした後 一階に降りるべく 歩いていたら 同じフロアに、橫浜高島屋 開店60周年を記念して「 森 日出夫 写真展 」が開催されていました。  橫浜の風景が見られるので立ち寄ってみました。  入場は無料で撮影も可能です。  何時も持ち歩いている NIKON COOLPIX A900 で撮りましたが 2枚程 手ブレ があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都「伏見 十石舟」に乗りました

「 桃山丘陵 」からの豊かな地下水源に恵まれた「 伏見( ふしみ )」は、かつては「 伏水 」とも呼ばれ、酒造りに向いていたことで400年前から本格的な醸造が始まりました。  その歴史ある街「 伏見 」の風物詩「 伏見十石舟( 三十石船もあります )」は、江戸時代から京都伏見と大阪間を酒や米などの物資の運搬や旅客の輸送に 明治時代末期ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「住吉大社」に行って来ました

「 難波駅 」から 南海鉄道で 約30分「 住吉大社駅 」の 目の前にある「 住吉大社 」に行って来ました。 大阪市南部、大阪湾の方角に西面して「 鎮座 」しています。  古くは古墳時代から外交上の要港の住吉津・難波津と関係し、航海の神・港の守護神として祀られた神社です。  古代には遣唐使船にも祀られる国家的な航海守護の神や禊祓の神と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「所さんお届けモノです」で紹介された店

「 山ちゃん 」の好きなタレント「 所ジョージ 」がMC( Master of Ceremonies )を務めるバラエティ番組の一つに「 所さんお届けモノです( TBS系で毎週 日曜日 午後5時から 30分 )」という番組があります。  毎回スタジオに登場する箱の中に入れられた品物に関する情報を紹介する番組です。 今年4月7日の同番組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「先斗町」を歩きました

昼食は 友達「 かっちゃん 」の御贔屓の店で、自家製うどんが食べられる「 おめん 」へ。  本店は 銀閣寺近くにあるそうですが、「 四条先斗町店 」で。   お願いしたのは 暑かったので「 冷たい つけ麺うどん と 鯖寿司 」のセット。  程なく 運ばれて来ました。  二人前ですが 薬味の種類の豊富さと量。  きんぴら牛蒡、ネギ、ミョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶴岡八幡宮」に行きました【其の参】

今日は 鶴岡八幡宮の「 攝末社 」他 に就いてです。 【 鶴岡八幡宮の摂末社 】 摂末社( せつまつしゃ )とは、神社本社とは別で、その神社の管理に属し、その境内 又は神社の附近の境外にある小規模な神社のことで、摂社( せっしゃ )と末社( まっしゃ )とを併せた呼称です。  区分は、一般には、「 摂社 」はその神社の祭神と縁故の深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶴岡八幡宮」に行きました【其の弐】

昨日は「 鶴岡八幡宮 」の歴史に就いて書きました。  今日は 「 鶴岡八幡宮 」の境内を歩いた順番に紹介します。 【 一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居、段葛 】 参道である「 一の鳥居 」は「 若宮大路 」を「 由比ヶ浜 」方向に歩いて 5分程度の所にあり「 二の鳥居 」迄は 普通の道路となっています。 「 鶴岡八幡宮 」方面に歩くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶴岡八幡宮」に行きました【其の壱】

昨日「 宝戒寺 」を紹介し、続けて「 鶴岡八幡宮 」を訪ね記事を書き始めたのですが、数カ所「 写真 」が撮れていない所があるのに気付き その後 再度 訪ねました。  何しろ 電車を乗り継いで 約40分程度で行けるのですから。  その為 内容は「 JR鎌倉駅 」からのスタートとなっています。 鎌倉を代表する一つに「 鶴岡八幡宮 」があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宝戒寺」に立ち寄りました

「 源頼朝の墓 」に参拝した後、次の目的地「 鶴岡八幡宮 」に行くべく 同じ道を引き返していました。 途中「 宝戒寺( ほうかいじ )」と言う寺があったので立ち寄ってみました。 「 宝戒寺 」は、天台宗の寺院で、山号は金龍山、正式には「 金龍山釈満院円頓宝戒寺 」と称します。  梅と萩の花で、秋のお彼岸の頃は 200株程の「 白萩 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「源頼朝」のお墓にお参りしました

「 壽福寺 」を後に「 北条政子 」のご主人で、鎌倉幕府の初代将軍「 源頼朝 」のお墓を訪ねました。 「 壽福寺 」から 鎌倉の民家を見ながら 取り敢えず「 鶴岡八幡宮 」を目指して歩きます。  この辺りは 観光客も少なく 鎌倉らしい雰囲気が漂います。 途中 「 川喜多北映画記念館 」があります。 その前を通ると 間もなく「 小町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉「 壽福寺 」を訪ねました

JR鎌倉駅 から徒歩 約15分の所( 鎌倉市扇ヶ谷 )に「 壽福寺( じゅふくじ )」があります。 臨済宗建長寺派の寺院で、「 鎌倉五山( 最後に説明します )第三位の寺院です。  山号を「 亀谷山( きこくさん )、寺号は「 亀谷山壽福金剛禅寺 」と号します。( 以下 壽福寺 )  本尊は釈迦如来です。 鎌倉幕府の初代将軍「 源頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旧竹林院」に行って来ました

今日は「 旧竹林院 」に就いて書きました。  「 鮎料理 」を美味しく戴いた後、 JR湖西線で「 比叡山坂本駅 」に移動。 そこからタクシーで数分の所に「 旧竹林院 」があります。  此所を知ったのは FaceBook の「 神社仏閣愛好会 」で、愛好家の方が投稿した写真を見つけ知りました。   「 旧竹林院 」の歴史に就いて触れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宝塚市立手塚治虫記念館」を訪ねました

「 宝塚市立手塚治虫記念館 」は、兵庫県宝塚市にある「 アニメ・マンガミュージアム 」です。 最寄り駅は、「 JR宝塚駅 」か「 阪急宝塚駅 」です。  直ぐ近くには 宝塚歌劇団の「 宝塚大劇場 」があります。戦後世代の「 山ちゃん 」にとって、漫画で思い出せるのは、手塚治虫の「 鉄腕アトム、火の鳥、ブラックジョー 、ジャングル大帝 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺を訪ねました【其の参】

今日は「 建長寺境内 」から更に奥、山の中腹にあり 建長寺の鎮守である「 半僧坊( はんぞうぼう )」に就いて書きました。 「 半僧坊 」は、勝上嶽( しょうじょうけん、標高約114m )の山頂の中腹に鎮座する建長寺の「 奥の院 」です。  「 半僧坊 」の歴史は新しく、その由緒は「 明治時代 」から始まっています。  「 半蔵坊 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺を訪ねました【其の弐】

今日は「 建長寺 」の伽藍に就いてお話しします。 【 伽藍 】 昨日 説明した通り、創建当時の建物は失われたとはいえ、総門・山門・仏殿・法堂・方丈が一直線に並ぶ伽藍配置は、創建当時の面影を残すものとされています。  この地の関係で「 総門 - 山門 」間は約90度 曲がった配置となっています。  ここから「 境内 」を「 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺を訪ねました【其の壱】

今日から「 3シリーズ 」で、「 建長寺 」に就いてお話しします。 歩いたルートを「 白色の実線 」で書きました。 境内の「 案内図 」を参考にして下さい。 「 明月院 」から歩いて「 建長寺 」へ向かいます。  「 明月院 」では 順番待ち等立ちっぱなしで疲れたので、「 建長寺 」総門近くの「 喫茶店( てとら ) 」で一休み。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明月院ブルーの紫陽花」と「花菖蒲」を見に名月院へ【其の四】

先週から 昨日迄3回に亘り紹介しました 北鎌倉の「 明月院 」は今日で終わりとなります。 今日は明月院ブルーと 呼ばれる「 紫陽花 」と、本堂後庭園の「 花菖蒲 」を 各々 アップして撮った写真を紹介します。 【 紫陽花 】 偶然見つけた ハート型の2色の紫陽花。  逆さですけど。 【 花菖蒲 】 最後に、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「明月院ブルーの紫陽花」と「花菖蒲」を見に名月院へ【其の参】

先週末「 花菖蒲 」の風景を紹介しました。  今日は 境内の他の場所を紹介します。 【 開山堂 】 「 禅興寺 」の「 明月院境内 」にあった「 宗猷堂 」を後に「 開山堂 」としたものです。  堂内中央に「 開山密室守厳 」の木像、向かって左に最明寺,禅興寺,当院の歴代の住持の位牌が祀られています。 【 明月院のやぐら 】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明月院ブルーの紫陽花」と「花菖蒲」を見に名月院へ【其の弐】

今日は 本堂 の裏手にある「 明月院後庭園( 花菖蒲園 )」に就いてです。 更に「 拝観券( 500円 )」を支払い 庭園に入ります。 昨日紹介した「 悟りの窓 」を園内側より見る事が出来ます。 おおよそ3000株の「 花菖蒲 」は丁度見頃で。  庭園には 椅子が用意されており、ゆっくりと 菖蒲園 を見学することが出来ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉五山 第二位「円覚寺」を訪ねました。

JR北鎌倉駅の駅前に「 円覚寺 」の総門があります。  境内には現在も禅僧が修行をしている道場があり、かつては「 夏目漱石 」や「 島崎藤村 」等もここで参禅したことで知られています。  約6万平方メートルにおよぶ広大な寺域には「 19の塔頭 」含め庭園や池も配されています。 臨済宗円覚寺派の大本山であり、「 鎌倉五山第二位 」に列せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗円覚寺派「 浄智寺 」

「 東慶寺 」を後に、鎌倉街道を歩いて直ぐに、臨済宗円覚寺派のお寺「 浄智寺 」があります。 浄智寺は、山号は金峰山で、「 鎌倉五山 」の第四位となっています。  創建は 弘安6年( 1283 ))。  十三世紀末頃の鎌倉は、北条氏の勢力が極めて盛大で禅宗が栄えた時期でした。  鎌倉幕府五代執権 北条時頼の「 三男 宗政 」が29歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北鎌倉にある 駆け込み寺「 松岡山 東慶寺 」

「 北鎌倉駅 」に移動し 鎌倉街道を鎌倉方面に5分程度歩いた所にあります。 この寺は「 縁切り寺 」、「 著名人のお墓 」があることで有名です。  作家「 井上ひさし 」は、平成23年( 2011 )「 文藝春秋 」で「 東慶寺花だより 」という「 縁切り 」を題材にした小説を執筆し、その小説を元に「 歌舞伎座 」で「 市川染五郎 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉の「杉本寺」を訪ねました

一度 訪ねたいと思っていた古刹「 杉本寺 」に 念願叶って行って来ました。  この寺は鎌倉最古で、参道の途中にある「 石段 」が苔むしておりその風景を見て、一度訪れたいと思っていました。  昨日の「 浄妙寺 」の後、金沢街道を鎌倉方面に向かって 徒歩で約10分程度、「 杉本寺 」に着きます。  杉本寺( すぎもとでら )は、天台宗の寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄妙寺を訪れました

「 浄妙寺( じょうみょうじ )」は、臨済宗建長寺派の仏教寺院で、山号は稲荷山( とうかさん )で、正式には「 稲荷山浄妙広利禅寺 」と言います。  本尊は釈迦如来です。  源頼朝の忠臣で豪勇であった「 足利義兼 」による文治4年( 1188 )の創建と伝えられ、当初は「 極楽寺 」という「 密教( 真言宗 )」の寺院でしたが、建長寺開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉「 報国寺 」に行ってきました。

今日から 鎌倉の「 古刹 」シリーズです。 「 鎌倉の古刹 」は、「 紫陽花の季節 」は大混雑をします。  避ける為に 早々と爽やかな風が吹く中、友達とカメラを担いで訪ねました。  今日から鎌倉の古刹巡りがスタートします。  最初訪ねたのは「 報国寺 」です。 JR鎌倉駅から「 京浜急行バス 」で「 鎌倉霊園正面太刀洗・金沢八景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングリッシュローズガーデン、港がみえる丘公園

少し蒸し暑かったのですが、家でブラブラしていても仕方無いので、花の写真を撮りに行って来ました。 撮影場所は、みなとみらい線 横浜中華街駅から徒歩 10分程 の近く イギリス館にある「 イングリッシュローズガーデン 」と 隣の「 港の見える丘公園 沈床花壇 」です。  何時も園芸の方達が手入れをされています。  この近辺には、橫浜元…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昼の中洲、夜の中洲

九州最大の歓楽街で、大阪・北新地と並んで「 西日本一の歓楽街 」ともされます。   又、東京 新宿・歌舞伎町、札幌・すすきの と合わせて「 日本3大歓楽街 」と呼ばれることもあります。    中洲( なかす 一部 地元の通の方は なかず とも呼びます )は、福岡市博多区、「 那珂川 」と「 博多川 」に挟まれ、 両川に沿った長さ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機から見た景色

先達って九州に行き 一泊してきました。  丁度 トランプ大統領 来日の「 翌日 」でした。 勿論 往復 飛行機( ANA )を利用しましたが、高々 片道90分前後の移動ですが、機中 暇なので A席を確保し、外の景色を撮りましたので 紹介します。 【 往路 】 羽田国際空港 → 福岡空港です。  離陸後、東京湾の上空を左旋回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帆船日本丸の総帆展帆

今日は6月4日で、一日「 ムシムシ 」とした気候らしいです。  週末から 関東地方も「 梅雨 」に入るそうです。 毎年6月2日は 橫浜の「 開港記念日 」です。  安政5年6月19日( 1858年7月29日 )、日本とアメリカ合衆国は「 日米修好通商条約 」を締結しました。  当初はアメリカの独立記念日にあわせ7月4日を開港の期日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「葵祭」を見物しました【其の参】

昨日は「 路頭の儀( 行列 )の「 本列 」に就いて書きました。  今日は「 本列 」に続く「 女人の列 」に就いて書きました。 【 斎王代列 】 本列に続いて、斎王代を中心とした「 女人の列 」が続きます。 ・命婦( みょうぶ ) 内侍司の中級の女官で、「 小袿( こうちき )」、単、打袴を装い、花傘をさしかけています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more