テーマ:写真

カメラの三脚と雲台を購入しました

愛機 NIKONのD850 は2年前に購入しました。  このカメラを購入する切っ掛けは その年の3月に パシフィコ横浜 で開催された「 CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018 」の、NIKONブースで D850 デモ機にて 撮影した画像に魅入られて 購入した次第です。  その際 SIGMAの「 150mm - …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橫浜ランドマークタワーへ

今日は「 橫浜ランドマークタワー 」に就いてです。  アップが遅くなりましたが、8月の末迄 69階にある展望台( スカイガーデン )は、橫浜市民なら半額で 更に長年 税金を払った年配( 早い話 65歳以上のシニア )には 更に特別割引で 通常 千円のところを 期間限定 400円で 見学出来るのです。 三菱地所が保有している。橫浜ランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡 – 羽田便 に搭乗して

帰りも 同じ Boeing-767-300 で、席も同じ 36Aです。  勿論 帰路「 福岡空港 → 羽田空港 」の動画を撮るためです。  行きと異なり 1/3 程度の方々が搭乗していました。  殆どサラリーマンです。     福岡空港は滑走路が1本で、方位「 340度/160度( 真北が0度=360度、真南は180度 ) 」を向いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の四:第3台場 見学】

レインボーブリッジの「 サウスルート 」を歩いて「 台場口 」に着きました。  この後「 地図 」の通り、右折して 今日は「 台場公園( 第3台場 )」へと向かいます。   お台場の詳細に就いては、今週 火曜日にアップした「 【 其の弐 お台場の歴史 】に就いて 」を参照願います。  今日は 実際に歩いて撮った写真を中心に書きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の参:橋を歩いた事と台場を橋から見学】

今週 月曜日は「 レインボーブリッジ 」に就いて、火曜日は「 お台場とその歴史 」に就いて書きました。  今日は【 其の参 】として 実際に レインボーブリッジ プロムナードを歩いて渡った事と プリッジから見た お台場に就いて書きました。 歩くルートは大きく分けて2通りあります。   ・「 芝浦口( ゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の弐:お台場の歴史】

今日はシリーズ【 其の弐 】として「 お台場 」の歴史に就いて書きました。   アップした写真の一部は 以前NHKで放送された「 歴史探偵 お台場特集 」で放送されたシーンをハードコピーして使っています。  昨日と同じ地図ですが 添付しました。 【 お台場 築造の経緯 】 慶長8年( 1603 ) 徳川家康が江戸に幕府を開いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の壱:レインボーブリッジ】

今年は「 新型コロナ 」や「 長雨 」で、外出が出来ずの日々が続きました。  又 先週は毎年恒例の「 施餓鬼 」の為 少し早いですが 京都に帰り墓参りをした次第です。  京都は旧盆です。 一週間半程 休みましたが、「 山ちゃんの徒然日記 」再開です。   今日から「 レインボーブリッジ & お台場 」をシリーズで順番にアップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 不忍池 蓮

昨日 報告した「 清水観音堂 」から「 不忍池 」に移動します。  結果からですが 早かった様ですが 幾つもの 蓮 を鑑賞出来ました。   「 不忍池 」は、江戸時代 浮世絵に描かれるほどの「 蓮の名所 」でした。 少し 時間を遡ります。  かつて「 古石神井川 」が「 武蔵野台地 」の東端を割って海沿いの低地へと注ぎ出ていた開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 清水観音堂の「月の松」

今日は 不忍池 の前に 訪れた「 清水観音堂の月の松 」に就いて 書きました。 上野 不忍池 の蓮がそろそろ咲くかと思い、ラッシュが一段落した 11時前に 京浜東北線で久し振りに訪れました。  久し振りに行ったら 何時の間にか「 公園口改札口 」が50m程 鶯谷駅の方に 移動していました。ビックリです。  以前は 改札口を出たら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の合間の散歩

梅雨の合間の散歩。  自宅から新横浜公園( ニッサンスタジアム )のベンチで 一休みして元に戻る迄の散歩 コース は 約1時間程度。 その間 道端には 色んな 草花が 元気に咲いています。  写真に撮ってみました。 嫌な季節でも 草花は 天の恵みを貰って 育っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰り「極楽寺駅」で途中下車

江ノ電「 江ノ島駅 」から電車に乗りました。  この日も駅改札口前の「 雀君達 」は綺麗な服を着せて貰っていました。 帰りの電車は 旧型で、床は「 板 」が張られています。   途中「 極楽寺駅 」で、そうだ駅舎の写真を撮ろうと下車。  小さい駅ながら関東の駅百選にも選ばれた駅で 結構絵になります。  映画やドラマのロケ地などにも使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ島 ヨットハーバーに行って来ました

「 魚華 」で食事後、直ぐ近くに「 ヨットハーバー 」があるので、歩いても直ぐなので 立ち寄りました。 「 以前 」にも行ったことがありましたが、2020年開催予定の東京オリンピックではセーリングの競技会場とされており、随分と 建物も含め様変わりしていました。  冷たい日本茶のペットボトルを買い、ヨットを見ながら暫し休憩です。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電 もう一つの踏切

今月15日 江ノ電「 鎌倉高校前駅の踏切 」に就いて書きました。   実は此所ほど ポピュラーでは有りませんが 江ノ電と湘南の海 を見下ろせる 踏切がもう一箇所あります。 梅雨の合間、朝から 良い天気だったので 写真を撮りに行って来ました。  何時もの通り 橫浜 - 鎌倉 経由で 江ノ電 「 七里ヶ浜駅 」で下車。駅から海岸沿い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクロレンズ購入しました

以前から欲しいレンズに「 マクロレンズ 」が有りました。  一世代前「 接写レンズ 」と昔呼ばれていたものです。 時折「 花 」等の写真を撮りますが、焦点に限界があり、より被写体に近付くためには「 専用のレンズ 」が必要となります。 勿論「 山ちゃん 」が使っている NIKON からも「 マクロレンズ 」は製造販売されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電に揺られて鎌倉駅に移動

帰り 鎌倉駅まで 先頭車両に乗り写真と動画を撮りましたので ご覧下さい。   線路の両脇に民家が建ち並んでいて、見ているだけで楽しくなります。 極楽寺駅近くに有る 江ノ電 の唯一の「 極楽洞 」と呼ばれる全長200mのトンネル。  明治40年に竣工し、建設当時の煉瓦張りがそのまま残されています。  この極楽洞は、鎌倉市の景観重要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電「鎌倉高校前駅」の踏切にて

先週 金曜日の「 名月院 」の続きです。 北鎌倉には「 名月院 」以外に 多数の古刹がありますが、何回も訪れており、さりとて このまま 帰るのも勿体ないので、鎌倉駅経由で、江ノ電の「 鎌倉高校前駅 」迄 行く事にしました。  この駅近くの「 踏切 」は、江ノ電の撮影場所の「 スポット 」として有名で、近年 日本のみならず、特に台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明月院ブルーの紫陽花」と「花菖蒲」を見に名月院へ

久し振りの投稿です。  そろそろ 北鎌倉 名月院の「 紫陽花 」と「 花菖蒲 」が綺麗に咲いているだろうと思い 確認したら 見頃ですとの 返事を頂きました。 取り敢えず行ってみようと、久し振りに 遠くへの外出です。 と言っても 一時間内で十分行ける距離ですが。 コロナによる自粛で 最近 カメラを手にしたことも無く、バッテリーの充電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドットサイトを購入しました

聞き慣れない単語だと思います。 これは カメラの望遠レンズ( 300mm~ )や、ビデオカメラの高倍率 を使って撮影する際に、素早く 被写体を見つけ出す有効な道具です。 そもそも「 ドットサイト 」とは、ライフル銃などの狙い( 照準 )を定めるための装置で、命中率を上げる有効手段です。  その原理を利用し、野鳥、飛行機 あるいは天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節のお便り届きました

一昨日「 かっちゃん 」より 季節のお便りが届きました。  彼の庭である「 長岡天満宮 」の「 キリシマツツジ 」他「 八重桜 」、「 平戸つつじ 」等です。 「 キリシマツツジ 」の赤色 凄いです。  赤色は 写真で 表現するのは 難しい色の一つです。  実際に見ると 凄く素敵だと思うのですが。  巨匠「 黒澤明監督 」が 白黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踏切で「渋谷ヒカリエ号」と出会いました。

前回 カーボン山に行った時、踏切で「 緑色のラッピング電車 青ガエル 」と遭遇した事を書きました。  先週 再度 カーボン山 に行った時、今度は「 SHIBUYA HIKARIE号 」と出会いました。  駅のホームで見掛けることはありますが、間近で見られる機会は中々ありません。 この電車は 渋谷にある「 渋谷ヒカリエ 」の開業1周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーボン山( 其の参 )

14日( 火 )自宅近く「桜山公園( 通称 カーボン山 )」の八重桜 を「 其の弐 」で紹介しました。  昨日再度 見に行き「 其の参 」としてアップしました。 ほぼ 満開状態で 週末は 風雨 が強くなるとの予報が 出ていましたので、今年は これが 見納めとなるでしょう。  ご近所の 若奥様達が 桜の木の下にブルーシートを敷いて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーボン山( 其の弐 )

先週「桜山公園( 通称 カーボン山 )」の八重桜を見に行った話をしました。  訪れた日は7日( 火 )でした。 その後 温かい日が続いたので ソロソロ良いかな!? と思いつつ 再度 訪れましたが。  訪れた日は11日( 土 )でした。結論から言いますと 幾らか 咲いているものの まだまだ といった感じでした。  今週 前半は雨の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊名「 桜山公園(通称 カーボン山)の八重桜を見に行ったのですが

一昨年4月10日に「 桜山公園( カーボン山 )」の「 八重桜 」の写真をアップしました。  今年も もうソロソロ 満開にと思って行ってみました。  自宅から 約15分程度の所にあります。  以下「 カーボン山 」とします。 途中 の道路に植わっている桜は 大半葉桜となって仕舞いました。 しかし 東横線 踏切近くの「 ターミナル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこか違う京都の桜

昨日 京都の友達「 かっちゃん 」より 季節のお便りが届きました。 祇園 建仁寺 の境内にある桜です。  何故か京都の桜は 綺麗なんですが、これって「 山ちゃん 」だけなんでしょうか!? 他に 大谷祖廟 四条大橋 近辺 も送ってくれました。  何時も「 おおきに 」です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も桜をアップしました

京都の同級生より わざわざ 車で 実家( 久御山町東一口 )近くまで行き、前川の 桜堤 の写真を送ってくれました。  京都「 桜200選 」の内の一つとなっています。  満開ですね。  毎年 送ってくれます。  感謝!! 追加です。  本日 自宅近くの桜です。  南の風で 桜吹雪となっていました。桜の木の前にある家の奥様は ぼやいて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の桜の木

自宅近くは 多くの桜の木が植わっていましたが、老木となり、大半の桜の木は 伐採され 新しい木が植えられています。 その中で 自宅と最寄り駅との間にあるこの桜は老木で、「 山ちゃん 」の家族も含め、入園や入学の時 この木の下で ご近所の方達は親子で記念写真を撮るのが習わしでした。   当時の写真を見ると お母さんは 大半 着物姿でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橫浜公園の歴史と今年のチューリップの開花

「 横浜公園 」内には、敷地内に「 横浜DeNAベイスターズ 」の本拠地としている「 横浜スタジアム 」があります。  橫浜市内では山手公園に次いで二番目に古い西洋式公園で、日本人にも開放されていた公園としては日本最古の公園です。  横浜公園の主な施設は「 橫浜スタジアム 」、日本庭園( 彼我庭園 )と「 水の広場 」です。  横浜港…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒川の桜

昨日 都内に出掛けた後、寄り道して「 目黒川 」の桜を見てきました。  何時もは動きが取れない程の 混雑でしたが 空いていました。 開花は 五分咲き といった感じです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県立 四季の森公園に「カタクリ」を見に行きました

一昨日「 四季の森公園 」に下見に行ったことを書き、その終わりに「 カタクリ 」が咲き始めた事を書きました。  中々 関東地区で「 カタクリ 」の群生を見ようと思うと かなり遠くに出掛け無いと困難です。 行く前に「 公園事務所 」に電話で確認したら「 是非お越し下さい 」との事。  群生とは言わずとも見られるので 再度 訪れる事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more