テーマ:散策

雀の車止め

食事の後、 江ノ電「 腰越駅 」で下車。何故降りたからかと言えば、以前立ち寄った 魚屋さん「 鎌倉魚市場 」で買った「 鰺の一夜干し 」が美味しかったので、又 買おうと思ったからです。生憎「 臨時休業 」でした。 天気予報で 午後から曇るとの予報通り青空も見えなくなってきたので、「 湘南モノレール 」に乗って藤沢経由で帰る事に。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 アマルフィデラセーラ 」で昼食

今回で4回目となります「 アマルフィデラセーラ( Amalfi DELLASERA 以下 アマルフィ )」はイタリアンの店です。   この店は、昭和46年( 1971 ) 鎌倉に第一号店をオープンしてから関東地方にレストランを展開している「 株式会社 ビィバリュー 」の店の一つで、七里ヶ浜には 海岸沿いに もう一店 同じく イタリ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

思い立って「 七里ヶ浜 」へ

台風が過ぎ去った後、期待していた「 澄み渡った秋の空 」も、前線の影響で 曇り空が多くスッキリしない毎日が続いています。 その様な天気の中、神奈川県の天気予測を見ると午後14時位迄は晴れていそうです。  偶には「 アマルフィイ デラセーラ 」で食事と湘南の海でも見ようと思い 妻 を誘って行くことにしました。   今迄「 アマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の七 】

今日で シリーズ「 川崎市立 日本民家園 」は「 その他建造物 」2棟を紹介し終わりとなります。 ■ 沖永良部の高倉( 川崎市重要歴史記念物 ) ・概  要:柱の上に茅葺屋根がのった高倉       ( 奄美諸島の沖永良部島和泊 ) ・特記事項:エリア「 関東の村 」の 旧作田家 と        旧広瀬家 の途中に経ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の六 】

今日は「 東北の村 」2棟を紹介します。エリア「 神奈川の村 」から「 東北の村 」に移動します。 ■ 旧工藤家住宅( 国指定重要文化財 ) ・概  要:馬と共に暮らした南部の曲屋       ( 岩手県紫波郡紫波町舟久保 ) ・建築年代:江戸時代中期 宝暦の頃 ・構造形式:寄棟造、茅葺 ・見  所: 曲がった部分( L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の五 】

今日は「 神奈川の村 」7棟を紹介します。 エリア「 関東の村 」から「 神奈川の村 」に移動します。 ■ 北村家住宅( 国指定重要文化財 ) ・概  要:貞享四年の墨書が残る古民家  ( 神奈川県秦野市堀山下 ) ・建築年代:墨書により江戸時代 貞享4年( 1687 ) ・構造形式:寄棟造、茅葺 ・見  所: 江戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の四 】

今日は エリア「 信越の村 」から次の「 関東の村 」に移動し3棟を紹介します。 トンネルを潜ると その先が「 関東エリア 」となります。 ■ 旧作田家住宅( 国指定重要文化財 ) ・概  要:イワシの地引網漁で栄えた網元の家       ( 千葉県山武郡九十九里町作田 ) ・建築年代:江戸時代中期 ・構造形式:寄棟造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の参 】

今日は エリア「 宿場 」から次の「 信越の村 」に移動し6棟を紹介します。 【 信越の村へ 】 ■ 水車小屋( 川崎市重要歴史記念物 ) ・概  要:19世紀の巧みな動力源( 長野県長野市大字上ケ屋 ) ・建築年代:江戸時代末期 ・構造形式:寄棟造・茅葺・妻入 ・見  所: 水車に水を導くための「 樋( とい )」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の弐 】

今日から「 日本民家園 」を 昨日書きました「 エリア 」別にシリーズでアップします。 今日は【 本館と展示室 】、【 その他建造物 】、【 宿場 】に就いてです。「 GOOGLE 」で上空から捉えた「 日本民家園 」です。 【 本館と展示室 】 本館で「 入園券 」を購入します。  65歳以上で証明書があれば 500円が30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 川崎市立 日本民家園 」を見学しました【 其の壱 】

今週から来週火曜日に掛けて 川崎市立の「 日本民家園 」を訪ねたのをシリーズで紹介します。 【 概要 】 神奈川県川崎市が運営する「 日本民家園 」は、川崎市多摩区の生田緑地にある日本の古民家を中心とした「 野外博物館 」です。川崎市内 及び 東日本一帯で伝承されてきた 茅葺屋根 の民家などの建物25棟 及び 民具等が 敷地 約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに七里ヶ浜へ

富士山・湘南海岸・江ノ島。サーファーを撮るのに 最適な場所は、海岸沿いを走る 江ノ電 の 鎌倉高校前駅 - 七里ヶ浜駅 - 稲村ヶ崎 にあります。   何時も 海岸線と並行している 国道134号線 を歩いて 撮るのですが、今回は 1ポイント 七里ヶ浜駅から歩いて 数分の「 Pacific DRIVE-IN 」近くの駐車場から撮りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電、江ノ島駅近く「S字カーブ」にて

ここ迄来たら 折角だと思い、「 海鮮丼と干物 」の入った 買い物袋( 自称 三種の神器を何時も持ち歩いています : マスクのスペア、ゴミ袋、買い物袋 )三種の神器 )をぶら下げて 歩いて「 江ノ島駅 」近くの「 龍口寺 」へ。 江ノ電ファン なら誰でも知っている「 日本で最小の急カーブ( 半径 28m )」があります。 江ノ電ファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉魚市場」の朝捕れ地魚海鮮丼

天気が良かったので、久し振りに鎌倉経由で「 江ノ電 」に乗り湘南の海でも撮ろうと出掛けました。 その前に食事でもと思い「 越谷駅 」で下車。 江ノ電、「 越谷駅 」と「 江ノ島駅 」との区間、江ノ電は「 路面電車 」となって走行しています。 その電車通りに魚屋さん「 鎌倉魚市場 」があります。  その日捕れた魚や干物を売ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東横フラワー緑道」を歩きました

9月17日付「 山ちゃんの徒然日記 」で「 東横フラワー緑道( 以下 緑道 )」に就いて ほんの僅か 紹介しました。  今月21日( 敬老の日 ) 天気が良く 涼しかったので、急に思い立って「 東横フラワー緑道 」を 最初から最後まで 歩きました。  具体的に 「 緑道 」の、どちらが 最初で どちらが 最後か 分かりませんが。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市中央卸売市場で食事しました

今迄、築地場内市場、築地場外市場、豊洲市場、京都市場、福岡市場を訪ね 食事をした事はありますが、肝心の地元の「 横浜市中央卸売市場 」は無く、一度行ってみたいと思っていました。 今回 反町駅から歩いてゴールを 市場の食堂街を終着地にしました。 特定の日以外 卸の場には 飲食街を除き 関係者以外立ち入り禁止となっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 蔦金 」に立ち寄りました

先週書きました「 慶運寺( 浦島寺 )」を後に、「 横浜市中央卸売市場 」に向かいます。 京浜急行電鉄 」のガードを潜り、「 滝の川 」に沿って歩き、途中の「 土橋 」を渡って又川に沿って歩き「 第1京浜 」を渡り。左折すると「 中央市場通り 」に入ります。 この「 第1京浜 」と「 中央市場通り 」の交差点近くに「 神奈川町本陣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦島太郎伝説があるお寺「 慶運寺 」

昨日書きました 東急東横線 反町駅 から「 反町公園 」を横切り、第二京浜を渡って東海道線の架橋を潜ると 左手に「 慶運寺( けいうんじ )」の入り口に着きます。その先に「 京浜急行 」が走っており、寺は その二つの鉄道路線に挟まれた地にあります。 「 慶運寺 」は 室町時代 文安4年( 1447 )、芝増上寺三世 音誉聖観( おんよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東急東横線「 反町駅( たんまち )」と東横フラワー緑道

東急東横線は「 東急電鉄株式会社 」が運営する 8鉄道路線の内 最も古い路線で、渋谷から横浜まで21の駅があります。高級住宅地の代名詞、田園調布や大規模な開発が進む武蔵小杉、神奈川県の 田園調布と形容される 菊名 といった主要駅を含め「 住みたい沿線 」として知られています。   一方で代官山や中目黒、自由が丘など、訪れたい街が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橫浜ランドマークタワーへ

今日は「 橫浜ランドマークタワー 」に就いてです。  アップが遅くなりましたが、8月の末迄 69階にある展望台( スカイガーデン )は、橫浜市民なら半額で 更に長年 税金を払った年配( 早い話 65歳以上のシニア )には 更に特別割引で 通常 千円のところを 期間限定 400円で 見学出来るのです。 三菱地所が保有している。橫浜ランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡 – 羽田便 に搭乗して

帰りも 同じ Boeing-767-300 で、席も同じ 36Aです。  勿論 帰路「 福岡空港 → 羽田空港 」の動画を撮るためです。  行きと異なり 1/3 程度の方々が搭乗していました。  殆どサラリーマンです。     福岡空港は滑走路が1本で、方位「 340度/160度( 真北が0度=360度、真南は180度 ) 」を向いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「櫛田神社」を参拝しました

九州 博多 の三大祭りと言えば ・ 博多どんたく(5月3日 ~ 4日 ) ・ 博多祇園山笠( 7月1日 ~ 15日 )   国重要無形民俗文化財に指定 ・ 博多おくんち( 10月23日 ~ 24日 ) で、「 櫛田神社 」が深く関わっています。  只、今年は「 博多どんたく 」と「 博多祇園山笠 」の開催は「 新型ミロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の路線「福北ゆたか線」

今日は九州に来た「 本来の用事 」を済ませました。  その前に 博多駅周辺のことを書きました。    特に「 博多駅西口( もう一つは筑紫口 )」の 地下街は 随分と変わりました。  ホテルから博多駅迄 涼しい地下を歩いて行けます。  駅から「 三百歩横町 」と称した地下街は サラリーマン憩いの飲み屋が続いており、壁のデコレーショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

承天寺に行きました

博多と言えば 食の宝庫です。  明太子、鳥の水炊き、もつ鍋、博多ラーメン、饂飩( うどん )、鉄鍋餃子、焼き鳥、鶏皮 と枚挙に遑がありません。  更に夜の名物 屋台、歓楽街 中洲そして夏の祭り 博多祇園山笠、少し 博多を知っている人なら博多織、博多人形 等があります。  それ等に縁のあるお寺が「 承天寺( しょうでんじ )」ですが、意外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田 – 福岡便 に搭乗して

先週 たった 1時間程度の用事ですが、どうしても行かなければならないので、酷暑の中 マスクを付けて 九州へ行って来ました。  今年に入って初めてです。 と言っても たった1時間で日帰りするのも「 もったいない 」ので、その日を挟んで 二泊三日にしましたが。  今回は日程が 一ヶ月前から 分かっていたので、旅行会社を通じて 飛行機と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水寺「 阿弖流爲 と母禮 」の碑

「 阿弖流爲( あてるい )と母禮( もれ )」、この人名を読める方は少ないと思いますし、清水寺とどの様な関係なのか 知っておられる方は少ないと思います。  「 山ちゃん 」がこの名前を知ったのは、平成20年( 2008 )8月、新橋演舞場で上演された 歌舞伎の「 阿弖流為 」の公演を観に行った時でした。   主人公「 蝦夷( えみし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は「 鳥居茶屋 」で、そして 下鴨神社でかき氷を

「 貴船神社 奥宮 」で折り返し、時間も昼だったので「 何処かで食事を 」と、店のメニューを見ながら歩きました。  「 川床 」での料理は 結構 お高いし、特に 観光シーズンは 値段が上がるらしい。 今更「 鮎料理 」を食べても と思い とある 一軒のお店「 鳥居茶屋 」へ。懐石料理を頼みました。   その前に 二人の友情に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 貴船神社 」に行きました

京都 二日目です。  暑かったので、涼しくて、三密が避けられる場所として「 貴船神社 」を選びました。     本来なら「 出町柳 」から叡山電鉄で「 貴船口 」迄行くのですが、今年は 台風21号の影響で、貴船口駅の手前 約200mにある線路の西側で、広範囲に亘って斜面が崩れその土砂が線路を覆ってしまったのです。  その為、市原駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高瀬川 と 京都市立立誠小学校跡

「 あぶり餅 」を戴いた後、河原町三条に移動。  此所から 四条通りまで、「 高瀬川 」に沿って散策です。   「 山ちゃん 」の「 高瀬川 」のイメージは「 春 」先斗町の友達の店( 現在 閉店 )で 飲食の後、桜を見たことくらいで今回初めて 川沿いに歩いた次第です。 「 高瀬川 」は、江戸時代初期 京都の豪商だった「 角倉了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宮神社 と あぶり餅

昨日「 建勲神社 」にお詣りしたことを書きました。  その目と鼻の距離に「 今宮神社 」があります。 その参道を歩くと 右手に「 大徳寺 」の「 瓦塀 」が続きます。  廃棄瓦と土を交互に重ねその上に瓦屋根を乗せた技法で、風雨に強く数百年は持つとされる補強法らしいのです。  色々な種類の瓦が混じっていて実に面白く、正にアートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more