テーマ:歴史

浦島太郎伝説があるお寺「 慶運寺 」

昨日書きました 東急東横線 反町駅 から「 反町公園 」を横切り、第二京浜を渡って東海道線の架橋を潜ると 左手に「 慶運寺( けいうんじ )」の入り口に着きます。その先に「 京浜急行 」が走っており、寺は その二つの鉄道路線に挟まれた地にあります。 「 慶運寺 」は 室町時代 文安4年( 1447 )、芝増上寺三世 音誉聖観( おんよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「櫛田神社」を参拝しました

九州 博多 の三大祭りと言えば ・ 博多どんたく(5月3日 ~ 4日 ) ・ 博多祇園山笠( 7月1日 ~ 15日 )   国重要無形民俗文化財に指定 ・ 博多おくんち( 10月23日 ~ 24日 ) で、「 櫛田神社 」が深く関わっています。  只、今年は「 博多どんたく 」と「 博多祇園山笠 」の開催は「 新型ミロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多のうどん

昨日 承天寺 と饂飩の関わりを書きました。  歩いたからか、饂飩の碑 を見たからか 分かりませんが、急に「 博多のうどん 」が食べたくなって、又々 炎天下 止せば良いのに 博多駅 迄 歩き うどん を戴きました。 昨日の 続きになりますが、当時の「 饂飩 」は現在のうどんとは異なり、現在のワンタンに近いものだったそうです。  うど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

承天寺に行きました

博多と言えば 食の宝庫です。  明太子、鳥の水炊き、もつ鍋、博多ラーメン、饂飩( うどん )、鉄鍋餃子、焼き鳥、鶏皮 と枚挙に遑がありません。  更に夜の名物 屋台、歓楽街 中洲そして夏の祭り 博多祇園山笠、少し 博多を知っている人なら博多織、博多人形 等があります。  それ等に縁のあるお寺が「 承天寺( しょうでんじ )」ですが、意外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水寺「 阿弖流爲 と母禮 」の碑

「 阿弖流爲( あてるい )と母禮( もれ )」、この人名を読める方は少ないと思いますし、清水寺とどの様な関係なのか 知っておられる方は少ないと思います。  「 山ちゃん 」がこの名前を知ったのは、平成20年( 2008 )8月、新橋演舞場で上演された 歌舞伎の「 阿弖流為 」の公演を観に行った時でした。   主人公「 蝦夷( えみし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 貴船神社 」に行きました

京都 二日目です。  暑かったので、涼しくて、三密が避けられる場所として「 貴船神社 」を選びました。     本来なら「 出町柳 」から叡山電鉄で「 貴船口 」迄行くのですが、今年は 台風21号の影響で、貴船口駅の手前 約200mにある線路の西側で、広範囲に亘って斜面が崩れその土砂が線路を覆ってしまったのです。  その為、市原駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高瀬川 と 京都市立立誠小学校跡

「 あぶり餅 」を戴いた後、河原町三条に移動。  此所から 四条通りまで、「 高瀬川 」に沿って散策です。   「 山ちゃん 」の「 高瀬川 」のイメージは「 春 」先斗町の友達の店( 現在 閉店 )で 飲食の後、桜を見たことくらいで今回初めて 川沿いに歩いた次第です。 「 高瀬川 」は、江戸時代初期 京都の豪商だった「 角倉了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宮神社 と あぶり餅

昨日「 建勲神社 」にお詣りしたことを書きました。  その目と鼻の距離に「 今宮神社 」があります。 その参道を歩くと 右手に「 大徳寺 」の「 瓦塀 」が続きます。  廃棄瓦と土を交互に重ねその上に瓦屋根を乗せた技法で、風雨に強く数百年は持つとされる補強法らしいのです。  色々な種類の瓦が混じっていて実に面白く、正にアートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「建勲神社」にお詣りして来ました

昨年 11月末、「 信長公のお墓がある阿弥陀寺 」の事を書きました。「 武士の家計簿 」の著者で 歴史学者の「 磯田道史 」氏が解説していた番組「 所 JAPAN 」で 「 織田信長公 」が「 本能寺の変( 天正10年( 1582 イチゴパンツ )6月2日 )」で、明智光秀に攻められ自害し、その遺体を「 誰かが持ち去った 」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の四:第3台場 見学】

レインボーブリッジの「 サウスルート 」を歩いて「 台場口 」に着きました。  この後「 地図 」の通り、右折して 今日は「 台場公園( 第3台場 )」へと向かいます。   お台場の詳細に就いては、今週 火曜日にアップした「 【 其の弐 お台場の歴史 】に就いて 」を参照願います。  今日は 実際に歩いて撮った写真を中心に書きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の参:橋を歩いた事と台場を橋から見学】

今週 月曜日は「 レインボーブリッジ 」に就いて、火曜日は「 お台場とその歴史 」に就いて書きました。  今日は【 其の参 】として 実際に レインボーブリッジ プロムナードを歩いて渡った事と プリッジから見た お台場に就いて書きました。 歩くルートは大きく分けて2通りあります。   ・「 芝浦口( ゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の弐:お台場の歴史】

今日はシリーズ【 其の弐 】として「 お台場 」の歴史に就いて書きました。   アップした写真の一部は 以前NHKで放送された「 歴史探偵 お台場特集 」で放送されたシーンをハードコピーして使っています。  昨日と同じ地図ですが 添付しました。 【 お台場 築造の経緯 】 慶長8年( 1603 ) 徳川家康が江戸に幕府を開いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジ&お台場【其の壱:レインボーブリッジ】

今年は「 新型コロナ 」や「 長雨 」で、外出が出来ずの日々が続きました。  又 先週は毎年恒例の「 施餓鬼 」の為 少し早いですが 京都に帰り墓参りをした次第です。  京都は旧盆です。 一週間半程 休みましたが、「 山ちゃんの徒然日記 」再開です。   今日から「 レインボーブリッジ & お台場 」をシリーズで順番にアップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 不忍池 蓮

昨日 報告した「 清水観音堂 」から「 不忍池 」に移動します。  結果からですが 早かった様ですが 幾つもの 蓮 を鑑賞出来ました。   「 不忍池 」は、江戸時代 浮世絵に描かれるほどの「 蓮の名所 」でした。 少し 時間を遡ります。  かつて「 古石神井川 」が「 武蔵野台地 」の東端を割って海沿いの低地へと注ぎ出ていた開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野 清水観音堂の「月の松」

今日は 不忍池 の前に 訪れた「 清水観音堂の月の松 」に就いて 書きました。 上野 不忍池 の蓮がそろそろ咲くかと思い、ラッシュが一段落した 11時前に 京浜東北線で久し振りに訪れました。  久し振りに行ったら 何時の間にか「 公園口改札口 」が50m程 鶯谷駅の方に 移動していました。ビックリです。  以前は 改札口を出たら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK京都放送の「京のええとこ連れてって」

放送は 見られませんでしたが、「 NHKオンデマンド 」で ネットで見られる様になりました。  凄い短時間でしたが、巨椋池と地元の人達との関係が 少しでも 知って貰えれば幸いです。   以下 放送された 関係の有る所の写真と、動画( 画質は良くありませんが )です。 説明は「 山ちゃん 」と同い年の「 鵜ノ口 」君が説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿楽塚古墳 と 猿楽神社

旧山手通りに面した「 旧朝倉家住宅 」と「 エジプト大使館 」の中間地点「 代官山ヒルサイドテラス 」の敷地内に、都心に残った古墳の一つがあります。以前「 田園調布古墳群 」と「 芝丸山古墳 」の事を書きましたが 此所の古墳も、説明されない 小さいので分かりません。 途中 旧山手通りの「 道標 」に 以下の事が書かれています。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内 代官山にある「 旧朝倉家住宅 」

一度 見学してみたいと思っていた 東横線 代官山駅 近くの 重要文化財「 旧朝倉家住宅 」に、電車の空いている時間帯を狙って行って来ました。  東急東横線 代官山駅から徒歩数分の所にあります。   【 旧朝倉家住宅 に就いて 】 「 旧朝倉家住宅 」は、渋谷区猿楽町の台地が目黒川の谷に落ち込む南西斜面に、東京府会議長や渋谷区会議長を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

篠原八幡神社を訪ねました

自宅から徒歩15分程度にある「 篠原八幡神社 」は、日本の神社100選 の一つとなっています。 毎年「 初詣 」の際に訪れる神社です。  新横浜駅 周辺にある会社は 近くに神社が無いことから、仕事始めの際には 大勢の方がお参りするのを見掛けます。  散歩の際にも ルートを変更して神社の境内をスルーする事もあります。  勿論「 手を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊名池の「カワセミ( 翡翠 )」

池には 菊名と言う名前が付いていますが、実際には「 菊名駅 」の一つ 橫浜寄り駅「 妙蓮寺 」から徒歩数分の北西に位置する池で、市民の憩いの場所となっています。   「 菊名 」と言う町名は この「 菊名池 」周辺が 菊名一丁目で、東横線に沿って「 菊名駅 」の先、先達て 紹介した「 菊名神社 」より更に先「 港北郵便局 」辺り迄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本乗寺を訪ねました

「 八杉神社 」の菊名駅寄りに「 本乗寺 」があります。  日蓮宗のお寺で 山号は「 大寶山 」、正式には「 大寶山本乗寺 」と称します。   戦国時代 天文23年( 1554 )、北条氏の家臣「 小幡伊賀守泰久 」が創建しました。  開山は日逞上人[ 天正8年( 1580 )]で、本尊は「 三寶祖師 」です。   「 小幡伊賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊名神社を訪ねました

横浜市港北区「 菊名 」の地には、昭和の初期まで「 神明社( 天照皇大神 )」、「 杉山神社( 日本武尊 )」、「 浅間神社( 木花咲耶姫命 )」、「 八幡神社( 譽田別命 )」、「 阿府神社( 武内宿禰命 ))の5社が村社として地元の人々の信仰を集めていました。   記録に残るものとして、「 阿府( あぶ )神社」で、その歴史は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八杉神社を訪ねました

JR橫浜線、東急東横線の菊名駅から徒歩5分程度の住宅街にある神社です。  時折前の通りを歩くので神社があるのは知っていましたが、今回 訪れたのは 初めてです。 参道のいりぐち 左手に「 太鼓橋 」と この神社の事が書かれた由緒がありました。下記の事が書かれています。 大豆戸町には古くより、字( あざ )安山の「 八王子神社 」と字(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小机城趾を見学しました【其の弐】

昨日は「 小机城趾 」に行く 階段の手前迄を書きました。  今日は「 小机城趾 」に就いて書きました。  城趾内の見学の道は整備されているものの「 見学ルート 」が明記されておらず、一応下調べをして行ったのですが、帰って調べると 見落とした箇所もあり、仕方無く再訪し、城趾内を「 行ったりに来たり 」と 非常に効率が悪い見学となりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小机城趾を見学しました【其の壱】

毎日ニュースで報道されている「 コロナウィルスの拡散 」。  余り人混みの多い所には出掛け無い様にしていますが、三寒四温の中、ポカポカ陽気になると、「 何処か行きたい症候群 」に駆られます。 と言うことで、歩いて片道約1時間余の距離にあり、殆ど人がいない「 小机( こづくえ )城趾 」に行って来ました。時折紹介する散歩コースの折り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「氷川丸船内の非公開場所見学ツアー」に参加しました

以下の内容に就いて、実際に行ったのは 先月12日11時~で、アップするのを忘れて仕舞い報告が遅れました。 山下公園に係留されている「 重要文化財 氷川丸 」の一般の見学コースは、客室や社交室・食堂といった乗船客用のエリアと操舵室や機関室などで、昭和初期の客船の豪華な内装や操舵室の機器を当時の雰囲気で味わうことが出来ます。  「 氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩川浅間神社

「 大倉山公園梅林 」を見た後、折角なので 東横線の電車で約10分程度 渋谷寄りにある「 多摩川浅間神社 」に立ち寄りました。  3年程前に始めて訪ねて以来なので、今回で2回目となります。 この「 多摩川浅間神社 」は、荏原台古墳群の一つである「 浅間神社古墳 」の上に鎮座しているのです。  多摩川 左岸に沿って 世田谷区尾山台・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築地本願寺( 改版 )

「 築地本願寺 」を訪ねた記事を「 今月14日( 金 )」に紹介しました。  昨日書きました「 NIKON銀座サービスセンター 」の後、取り残した写真を撮ろうと、再度「 築地本願寺 」を訪ねました。 一度 アップし「 気持ち玉 」も戴きました。  前と比べ 大筋 文章はほぼ同じないようですが、更に写真を入れ替え、加筆、項目の追加な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

築地本願寺

昨日築地場外で食事をしたことを書きました。  訪れた当日は 今年一番の冷え込みで、更に北風が吹いて随分と寒く本来は 浜離宮恩賜庭園から水上バスに乗って浅草まで行く予定でしたが 早々に引き上げることにしました。  帰る途中、築地駅の近くに「 築地本願寺 」があり折角なので 短時間でしたが参拝に行きました。 「 築地本願寺 」は、京都市内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京築地の守り神「 波除神社 」

久し振りに訪れた「 波除神社( なみよけじんじゃ )」は、築地場内市場が豊洲に移転して以来、心なしか お詣りに行く人が少なくなった感じです。  「 波除神社 」は、別名「 波除稲荷神社 」とも呼ばれています。 今から350年程前、この築地一帯は 今の日比谷のお堀の辺り迄海( 東京湾 )でした。  第四代将軍家綱の時代、「 明暦の大火 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more