テーマ:歴史

京都市電の碑を見学

かつて 京都市内を走っていた「 市電( 路面電車 )」は、日本最初の「 一般営業用電気鉄道( 日本で初めて電車が走った場所は、東京の上野公園ですが、事業として電車が走ったのは 京都が初めて )」として 明治28( 1895 )に開業され、その後 明治45年( 1912 )に市営路線として開設、大正7年( 1918 )に「 全面市営化 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 寺田屋 」を見学

「 月桂冠大倉記念館 」から歩いて直ぐの所に龍馬が逗留していた「 寺田屋 」があります。  歴史が好きな方、龍馬ファンの方が 今でも 訪ねられています。 鳥羽伏見の戦いで[ 慶応4年( 1868 )]、寺田屋も含めた伏見一帯は激戦地となり、かつての建物は焼失しました。  現在の「 寺田屋 」は、消失前の建物を元に 明治時代 に建てられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「月桂冠大倉記念館」へ見学に行きました。

「 十石舟 」を下船した後、直ぐ近くにある「 月桂冠大倉記念館 」を訪ねました。 【 お酒と伏見の拘わり 】 日本酒造りの歴史は古く、日本に稲作が伝わった弥生時代に始まったとされています。  一升の酒に八升の水が必要と言われる酒造り、中でも良質の豊富な水に恵まれることが、酒造地の条件です。  京都 伏見は江戸時代から明治初頭まで「 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「住吉大社」に行って来ました

「 難波駅 」から 南海鉄道で 約30分「 住吉大社駅 」の 目の前にある「 住吉大社 」に行って来ました。 大阪市南部、大阪湾の方角に西面して「 鎮座 」しています。  古くは古墳時代から外交上の要港の住吉津・難波津と関係し、航海の神・港の守護神として祀られた神社です。  古代には遣唐使船にも祀られる国家的な航海守護の神や禊祓の神と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都「 仁王門通り 」を歩く

仁王門通りは、京都市内の東西の通りの一つで、「 鴨川 」の東岸に位置し、西の川端通りから、東は白川通りとの交差点から南東に進み三条通りと合流する 通りです。  もう少し 細かく見ると、川端通り( 西側 )、東大路通り( 東側 )、二条通り( 北側 )、三条通り( 南側 )。  その真ん中を 東西に「 仁王門通り 」があります。   こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 けんちん 饂飩 」戴きました

以前「 建長寺 」を書いた時、「 けんちん汁 」が「 建長寺 発祥 」であることを書きました。   その昔、「 建長寺 」の修行僧が床に豆腐を落として困っていると、初代住職「 蘭渓道隆( らんけいどうりゅう : 大覚禅師 )」が、その豆腐を洗って野菜と煮込み、大変美味しい「 精進料理 」が出来ました。  これが 元祖「 建長寺汁(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶴岡八幡宮」に行きました【其の参】

今日は 鶴岡八幡宮の「 攝末社 」他 に就いてです。 【 鶴岡八幡宮の摂末社 】 摂末社( せつまつしゃ )とは、神社本社とは別で、その神社の管理に属し、その境内 又は神社の附近の境外にある小規模な神社のことで、摂社( せっしゃ )と末社( まっしゃ )とを併せた呼称です。  区分は、一般には、「 摂社 」はその神社の祭神と縁故の深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶴岡八幡宮」に行きました【其の弐】

昨日は「 鶴岡八幡宮 」の歴史に就いて書きました。  今日は 「 鶴岡八幡宮 」の境内を歩いた順番に紹介します。 【 一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居、段葛 】 参道である「 一の鳥居 」は「 若宮大路 」を「 由比ヶ浜 」方向に歩いて 5分程度の所にあり「 二の鳥居 」迄は 普通の道路となっています。 「 鶴岡八幡宮 」方面に歩くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鶴岡八幡宮」に行きました【其の壱】

昨日「 宝戒寺 」を紹介し、続けて「 鶴岡八幡宮 」を訪ね記事を書き始めたのですが、数カ所「 写真 」が撮れていない所があるのに気付き その後 再度 訪ねました。  何しろ 電車を乗り継いで 約40分程度で行けるのですから。  その為 内容は「 JR鎌倉駅 」からのスタートとなっています。 鎌倉を代表する一つに「 鶴岡八幡宮 」があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宝戒寺」に立ち寄りました

「 源頼朝の墓 」に参拝した後、次の目的地「 鶴岡八幡宮 」に行くべく 同じ道を引き返していました。 途中「 宝戒寺( ほうかいじ )」と言う寺があったので立ち寄ってみました。 「 宝戒寺 」は、天台宗の寺院で、山号は金龍山、正式には「 金龍山釈満院円頓宝戒寺 」と称します。  梅と萩の花で、秋のお彼岸の頃は 200株程の「 白萩 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「源頼朝」のお墓にお参りしました

「 壽福寺 」を後に「 北条政子 」のご主人で、鎌倉幕府の初代将軍「 源頼朝 」のお墓を訪ねました。 「 壽福寺 」から 鎌倉の民家を見ながら 取り敢えず「 鶴岡八幡宮 」を目指して歩きます。  この辺りは 観光客も少なく 鎌倉らしい雰囲気が漂います。 途中 「 川喜多北映画記念館 」があります。 その前を通ると 間もなく「 小町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉「 壽福寺 」を訪ねました

JR鎌倉駅 から徒歩 約15分の所( 鎌倉市扇ヶ谷 )に「 壽福寺( じゅふくじ )」があります。 臨済宗建長寺派の寺院で、「 鎌倉五山( 最後に説明します )第三位の寺院です。  山号を「 亀谷山( きこくさん )、寺号は「 亀谷山壽福金剛禅寺 」と号します。( 以下 壽福寺 )  本尊は釈迦如来です。 鎌倉幕府の初代将軍「 源頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「旧竹林院」に行って来ました

今日は「 旧竹林院 」に就いて書きました。  「 鮎料理 」を美味しく戴いた後、 JR湖西線で「 比叡山坂本駅 」に移動。 そこからタクシーで数分の所に「 旧竹林院 」があります。  此所を知ったのは FaceBook の「 神社仏閣愛好会 」で、愛好家の方が投稿した写真を見つけ知りました。   「 旧竹林院 」の歴史に就いて触れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺を訪ねました【其の参】

今日は「 建長寺境内 」から更に奥、山の中腹にあり 建長寺の鎮守である「 半僧坊( はんぞうぼう )」に就いて書きました。 「 半僧坊 」は、勝上嶽( しょうじょうけん、標高約114m )の山頂の中腹に鎮座する建長寺の「 奥の院 」です。  「 半僧坊 」の歴史は新しく、その由緒は「 明治時代 」から始まっています。  「 半蔵坊 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺を訪ねました【其の弐】

今日は「 建長寺 」の伽藍に就いてお話しします。 【 伽藍 】 昨日 説明した通り、創建当時の建物は失われたとはいえ、総門・山門・仏殿・法堂・方丈が一直線に並ぶ伽藍配置は、創建当時の面影を残すものとされています。  この地の関係で「 総門 - 山門 」間は約90度 曲がった配置となっています。  ここから「 境内 」を「 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建長寺を訪ねました【其の壱】

今日から「 3シリーズ 」で、「 建長寺 」に就いてお話しします。 歩いたルートを「 白色の実線 」で書きました。 境内の「 案内図 」を参考にして下さい。 「 明月院 」から歩いて「 建長寺 」へ向かいます。  「 明月院 」では 順番待ち等立ちっぱなしで疲れたので、「 建長寺 」総門近くの「 喫茶店( てとら ) 」で一休み。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明月院ブルーの紫陽花」と「花菖蒲」を見に名月院へ【其の壱】

朝早く家を出発して、北鎌倉にある「 明月院 」の「 紫陽花 」と「 花菖蒲 」を見てきました。 今年 5月末に一度 友達と「 明月院 」を訪れたのですが、紫陽花がまだチラホラ程度だったので、改めて 6月中旬 雨天の後 再度行って来ました。  以下の写真は5月30日に訪れた時の「 紫陽花 」です。 「 緑の木々 」が生い茂げり、境内に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉五山 第二位「円覚寺」を訪ねました。

JR北鎌倉駅の駅前に「 円覚寺 」の総門があります。  境内には現在も禅僧が修行をしている道場があり、かつては「 夏目漱石 」や「 島崎藤村 」等もここで参禅したことで知られています。  約6万平方メートルにおよぶ広大な寺域には「 19の塔頭 」含め庭園や池も配されています。 臨済宗円覚寺派の大本山であり、「 鎌倉五山第二位 」に列せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗円覚寺派「 浄智寺 」

「 東慶寺 」を後に、鎌倉街道を歩いて直ぐに、臨済宗円覚寺派のお寺「 浄智寺 」があります。 浄智寺は、山号は金峰山で、「 鎌倉五山 」の第四位となっています。  創建は 弘安6年( 1283 ))。  十三世紀末頃の鎌倉は、北条氏の勢力が極めて盛大で禅宗が栄えた時期でした。  鎌倉幕府五代執権 北条時頼の「 三男 宗政 」が29歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北鎌倉にある 駆け込み寺「 松岡山 東慶寺 」

「 北鎌倉駅 」に移動し 鎌倉街道を鎌倉方面に5分程度歩いた所にあります。 この寺は「 縁切り寺 」、「 著名人のお墓 」があることで有名です。  作家「 井上ひさし 」は、平成23年( 2011 )「 文藝春秋 」で「 東慶寺花だより 」という「 縁切り 」を題材にした小説を執筆し、その小説を元に「 歌舞伎座 」で「 市川染五郎 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉の「杉本寺」を訪ねました

一度 訪ねたいと思っていた古刹「 杉本寺 」に 念願叶って行って来ました。  この寺は鎌倉最古で、参道の途中にある「 石段 」が苔むしておりその風景を見て、一度訪れたいと思っていました。  昨日の「 浄妙寺 」の後、金沢街道を鎌倉方面に向かって 徒歩で約10分程度、「 杉本寺 」に着きます。  杉本寺( すぎもとでら )は、天台宗の寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄妙寺を訪れました

「 浄妙寺( じょうみょうじ )」は、臨済宗建長寺派の仏教寺院で、山号は稲荷山( とうかさん )で、正式には「 稲荷山浄妙広利禅寺 」と言います。  本尊は釈迦如来です。  源頼朝の忠臣で豪勇であった「 足利義兼 」による文治4年( 1188 )の創建と伝えられ、当初は「 極楽寺 」という「 密教( 真言宗 )」の寺院でしたが、建長寺開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉「 報国寺 」に行ってきました。

今日から 鎌倉の「 古刹 」シリーズです。 「 鎌倉の古刹 」は、「 紫陽花の季節 」は大混雑をします。  避ける為に 早々と爽やかな風が吹く中、友達とカメラを担いで訪ねました。  今日から鎌倉の古刹巡りがスタートします。  最初訪ねたのは「 報国寺 」です。 JR鎌倉駅から「 京浜急行バス 」で「 鎌倉霊園正面太刀洗・金沢八景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに博多「櫛田神社」を参拝しました。

九州 博多 の三大祭りと言えば ・ 博多どんたく(5月3日 ~ 4日 ) ・ 博多祇園山笠( 7月1日 ~ 15日 )   国重要無形民俗文化財に指定 ・ 博多おくんち( 10月23日 ~ 24日 ) で、「 櫛田神社 」が深く関わっています。   【 櫛田神社に就いて 】 「 櫛田神社 」は、古来 博多の「 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大阪歴史博物館」に行きました【其の弐】

今日は 9階から7階迄を説明します。 【 9階( 中世・近世フロア 探検!水都の町並みを巡る )】 エスカレーターで9階に移動します。  このフロアは、信長と戦った 本願寺の時代を知る事が出来ます。 ・中世都市の街並み( 本願寺の時代 ) この頃の大阪は、淀川沿いに 渡辺津( わたなべのつ : 摂津国の旧淀川河口近くに存在した、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大阪歴史博物館」に行きました【其の壱】

お勉強も含め「 大阪歴史博物館 」に行って来ました。  大阪城公園の南西、難波宮跡公園の北西に平成13年( 2001 )に開館しました。 隣は「 NHK大阪放送局 」となっています。 この博物館の前身は「 大阪市立博物館 」で、館蔵資料は10万点を超えています。 博物館の展示構成は、常設展示と特別展示に大別され、10階から7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 志賀直哉 旧居 」を訪れました

「 入江泰吉記念奈良市写真美術館 」を後に「 新薬師寺 」から「 旧志賀直哉邸 」経由で 近鉄奈良駅 まで歩きました。 「 新薬師寺 」に見学予定でしたが、修学旅行の一団と遭遇。  ゆっくり見たいので「 門 」から眺めるに留まりました。 昨日の 写真家「 入江泰吉 」さんの作品で紹介した写真の一部( 伐折羅大将立像 )は この寺が所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華王院本堂(三十三間堂)に行きました

「 三十三間堂 」の正式名称は「 蓮華王院本堂( れんげおういんほんどう )」と言い、元「 後白河上皇 」が自身の離宮内に創建した仏堂で、天台宗妙法院の「 境外仏堂 」です。  本尊は「 千手観音( 国宝 )」で、蓮華王院の名称は千手観音の別称「 蓮華王 」に由来しています。 「 三十三間堂 」は山ちゃんの子供がまだ幼稚園に行く前、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良 斑鳩の里「法隆寺」を訪ねました【其の四】

今日で シリーズは最後となります。 『 東室( ひがしむろ、国宝 )』 「 聖霊院 」の北に繋がって建っています。  後世、補修・改造が多くされていますが、基本的には奈良時代の建築で、当時の僧坊建築の遺構として貴重です。 『 三経院及び西室( 国宝 )』 西院伽藍の西側、聖霊院と対称的な位置に建つ鎌倉時代の建物です。  「 阿弥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良 斑鳩の里「法隆寺」を訪ねました【其の参】

今日は「 其の参 」として、法隆寺の もう一つの伽藍「 東院伽藍 」からのスタートです。 『 東院伽藍 』 「 東院伽藍 」は聖徳太子一族の住居であった「 斑鳩宮 」の跡に建立されました。  回廊で囲まれた中に八角円堂の「 夢殿 」が建ち、回廊南面には「 礼堂 」、北面には「 絵殿 及び 舎利殿 」があり、絵殿及び舎利殿の北に接して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more