テーマ:歴史

小机城趾を見学しました【其の弐】

昨日は「 小机城趾 」に行く 階段の手前迄を書きました。  今日は「 小机城趾 」に就いて書きました。  城趾内の見学の道は整備されているものの「 見学ルート 」が明記されておらず、一応下調べをして行ったのですが、帰って調べると 見落とした箇所もあり、仕方無く再訪し、城趾内を「 行ったりに来たり 」と 非常に効率が悪い見学となりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小机城趾を見学しました【其の壱】

毎日ニュースで報道されている「 コロナウィルスの拡散 」。  余り人混みの多い所には出掛け無い様にしていますが、三寒四温の中、ポカポカ陽気になると、「 何処か行きたい症候群 」に駆られます。 と言うことで、歩いて片道約1時間余の距離にあり、殆ど人がいない「 小机( こづくえ )城趾 」に行って来ました。時折紹介する散歩コースの折り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「氷川丸船内の非公開場所見学ツアー」に参加しました

以下の内容に就いて、実際に行ったのは 先月12日11時~で、アップするのを忘れて仕舞い報告が遅れました。 山下公園に係留されている「 重要文化財 氷川丸 」の一般の見学コースは、客室や社交室・食堂といった乗船客用のエリアと操舵室や機関室などで、昭和初期の客船の豪華な内装や操舵室の機器を当時の雰囲気で味わうことが出来ます。  「 氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩川浅間神社

「 大倉山公園梅林 」を見た後、折角なので 東横線の電車で約10分程度 渋谷寄りにある「 多摩川浅間神社 」に立ち寄りました。  3年程前に始めて訪ねて以来なので、今回で2回目となります。 この「 多摩川浅間神社 」は、荏原台古墳群の一つである「 浅間神社古墳 」の上に鎮座しているのです。  多摩川 左岸に沿って 世田谷区尾山台・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築地本願寺( 改版 )

「 築地本願寺 」を訪ねた記事を「 今月14日( 金 )」に紹介しました。  昨日書きました「 NIKON銀座サービスセンター 」の後、取り残した写真を撮ろうと、再度「 築地本願寺 」を訪ねました。 一度 アップし「 気持ち玉 」も戴きました。  前と比べ 大筋 文章はほぼ同じないようですが、更に写真を入れ替え、加筆、項目の追加な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

築地本願寺

昨日築地場外で食事をしたことを書きました。  訪れた当日は 今年一番の冷え込みで、更に北風が吹いて随分と寒く本来は 浜離宮恩賜庭園から水上バスに乗って浅草まで行く予定でしたが 早々に引き上げることにしました。  帰る途中、築地駅の近くに「 築地本願寺 」があり折角なので 短時間でしたが参拝に行きました。 「 築地本願寺 」は、京都市内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京築地の守り神「 波除神社 」

久し振りに訪れた「 波除神社( なみよけじんじゃ )」は、築地場内市場が豊洲に移転して以来、心なしか お詣りに行く人が少なくなった感じです。  「 波除神社 」は、別名「 波除稲荷神社 」とも呼ばれています。 今から350年程前、この築地一帯は 今の日比谷のお堀の辺り迄海( 東京湾 )でした。  第四代将軍家綱の時代、「 明暦の大火 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

國學院大学博物館 火焔型土器

先週 NHKで「 陶器の歴史 」を特集した「 陶王子 二万年の旅 」という番組が放送され、その進化の過程で「 火焔土器 」の説明がされていました。  「 國學院大学博物館 」に以前訪れた際、見た事が有りましたが、再度見たくなり出掛けました。 渋谷駅から徒歩 20分程度の所にあります。  本来なら 歩いて行くのですが、足を捻挫していたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮御苑

昨日アップした「 明治神宮 」の続きです。  南参道の途中 左手に 案内板があるので 直ぐに分かります。 明治神宮御苑( 通称、神宮御苑 )は、昨日も話した通り、江戸時代初めには肥後藩( 現 熊本県 )藩主「 加藤家の別邸 」で、寛永17年( 1640 )より彦根藩藩主「 井伊家の下屋敷 」となっていたもので、三:代将軍徳川家光も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮

今日は 表参道の続きで「 明治神宮 」に就いて書きました。  長文です。  8年前の1月 友達と 築地で食事した後 延々と歩いて、最後「 明治神宮に参拝 」して以来です。  その時は 途中で 警察から「 職務質問 」を受けたのを今でも記憶にあります。   【 初詣に就いて 】 少し話は脱線しますが、本件で調べていたら 面白い記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

表参道

渋谷迄折角来たので、久し振りに「 明治神宮 」にお参りに行こうと思い立ちました。   最寄駅は JR原宿駅 ですから、山手線を使うと 隣の駅なので 簡単に行けます。  折角なので 表参道 を経由して行くことにしました。銀座線に乗車し隣の駅「 表参道 」で下車。 地上に出ると 目の前は「 青山通り 」です。   遠く 渋谷寄り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石舞台古墳を見学

一度見てみたいと思っていた、明日香村にある「 石舞台古墳 」に見学に行きました。   京都は 神社仏閣が 狭い範囲にあり、交通も便利なので、一日に 数件の見学が出来ますが、奈良は 方々に点在しているので、時間が掛かり、昼間の時間が短い冬場は 2・3箇所が限度です。  「 談山神社 」と「 石舞台古墳 」との距離は 車で約10分程度です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

談山神社に行きました

食事の後、近鉄奈良駅から、大和西大寺駅、大和八木駅を経由して「 桜井駅 」に移動します。  駅に「 桜井観光案内所 」があったので「 パンフレット 」を戴きました。  ここにおられた案内の女性、大変親切で 懇切丁寧 に教えて戴けました。 駅からはバスも出ているのですが、かなりの時間待つことで「 タクシー 」で移動しました。  15分程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良 興福寺に行きました

近鉄奈良線 の特急に乗車し 奈良市内へ。  何時も近鉄京都駅 一番ホームにある喫茶「 チャオプレッソ( CAFFE CIAO PRESSO )で時間調整をします。 今回「 興福寺 」に行きたいと思ったのは、以前 NHKで、昨年10月7日、中核施設である「 中金堂( ちゅうこんどう )」が301年ぶりに再建されたことを祝う「 落慶法要 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 平等院鳳凰堂(世界遺産)」を訪ねました

半世紀振りに藤原氏 縁の寺院「 平等院 」を訪ねました。山号は朝日山、本尊は阿弥陀如来坐像です。  過去、天台宗 と 浄土宗を兼ねていましたが、今はどの宗派にも属さない単立寺院で、「 最勝院( 本山 修験宗聖護院末寺 )」と「 浄土院( 浄土宗寺院 )」が年交代制で共同管理しています。 特に「 鳳凰堂( 国宝 )」の図柄は 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興聖寺を訪ねました

以前 NHK Bsで「 京都人の密かな愉しみ 」という 「 常盤貴子( 三八子役 )」が出演したオムニバス形式のテレビドラマが放送されました。  ドラマでは彼女の父が、祇園の芸妓との間に儲けた隠し子がいました。  その子は、自分の母の死を切っ掛けに出家し、雲水( 清哲 )として修行をしていました。  その舞台となった修行先のお寺が 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇治上神社を訪ねました

「 宇治上神社 」は、宇治川の東岸 朝日山の麓に鎮座しています。  創建の年は定かではありませんが、延長5年( 927 )に編纂された「 延喜式 」の神名張の中に「 宇治上神社 」の存在が確認出来ることから、それより以前に創建されたと推定されています。  明治時代以前迄、宇治上神社は「 上社 」・「 本宮 」、宇治神社は「 下社 」・「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落柿舎を訪ねました

大学3年の時、奈良の友達と「 嵯峨野 」を訪ねて以来半世紀ぶりです。  この庵を見るとどこか懐かしい田舎の佇まいを思い出されます。  記憶では「 蓑( みの )」が母屋の壁に掛けられていたのが今でも印象にあり、周りは静かで何も無かったのですが、今は観光客で大変賑わっています。 「 落柿舎( らくししゃ )は、「 草庵( 藁や茅などで屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常寂光寺を訪ねました

天気も良くぶらぶら嵯峨野を歩いて「 常寂光寺( じょうじゃっこうじ )」へ。日蓮宗の寺院で、山号は小倉山です。 「 百人一首 」で詠まれる「 小倉山 」の中腹の斜面にあって、境内から嵯峨野を一望出来、園内には200余本の楓が植えられており、秋の頃は全山紅葉に包まれます。  その「 常寂光土( 佛教用語 )」の様な風情から寺号が付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清凉寺(嵯峨釈迦堂)を訪ねました

JR嵐山駅から徒歩 20分程度に、浄土宗の寺院「 清凉寺( せいりょうじ)」があります。  山号は「 五台山( ごだいさん )」です。  「 嵯峨釈迦堂( さがしゃかどう )」の名で知られ、中世以降「 融通念仏の道場 」としても知られています。  当寺は最初の宗派「 華厳宗 」から後「 浄土宗 」に改宗しています。   清凉寺の地には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 嵯峨野の古刹「宝筐院」の庭が素晴らしい

先週 3日間 京都・奈良・大阪 を訪ねました。  紅葉の季節からは外れ、観光客も少なくなっていましたが、いえいえ 友達「 かっちゃん 」が選んでくれた 古刹は「 山ちゃん 」が行くのを待ってくれていたのか、素晴らしく鮮やかな 風景を醸し出していました。 今日は その最初として 嵯峨野にあるにお寺「 宝筐院( ほうきょういん )」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本銀行本店の建物を見学しました。

本題に入る前に貨幣に就いて少し書きました。 【 紙幣 と 硬貨 】 現在 日本で使われているお金は 大別して「 紙幣と硬貨 」とに分かれています。  この「 紙幣 」と、「 硬貨 」は管轄 並びに 製造している場所は、各々異なっています。  「 紙幣 」は、全てに「 日本銀行券 」という文字が印刷されています。  このことからも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土宗最初の寺院「金戒光明寺(黒谷さん)」を見学

「 永代供養 」の後、折角来たので「 金戒光明寺 」の境内を見学しました。 「 金戒光明寺( 通称 黒谷さん )」は、浄土宗の寺院で、創建は「 承安5年( 1175 )」、開基は「 法然上人 」です。  正式名称は「 紫雲山金戒光明寺 」と称し、本尊は「 阿弥陀如来 」です。  大本山を「 知恩院 」とし「 浄土宗の七大本山( 金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永代供養をしました

当家のご先祖の方々は 京都 久御山町 中島にある「 華台寺( けだいじ )」で永眠しています。  只、京都 金戒光明寺( 通称 黒谷さん )の塔頭の一つ「 連地院( れんちいん、通称 熊谷堂 )」に 「 山田勘解由 ( やまだかげゆ )」の子孫( 墓の左側面に 山田勘解由 の名が有るので本人の墓墓では無いと思われます )の方が永眠してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺を訪れました【其の弐】

昨日は「 仁王門( 山門 )」の「 金剛力士像 」に就いて書きましたが、今日は「 仁和寺( にんなじ )」の概要にふれた後、伽藍の中の「 御殿( 本坊 )」に就いて書きました。   平成6年( 1994 )世界遺産に登録された「 仁和寺 」は、平安時代初期「 光孝天皇 」の勅願で仁和2年( 886 )に建て始められましたが、翌年崩御さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺を訪れました【其の壱】

7年前の秋に一度訪れたことがある「 仁和寺 」に再度行きました。ここの仁王門( 山門 )の両側に安置れている 仏様と伽藍の護法善神( 守護神 )である「 金剛力士像( 阿形( あぎょう )像と、口を結んだ吽形( うんぎょう )像 )」の2体の写真を再度撮るためです。  「 金剛力士像 」は一般には「 仁王( におう、二王 )」の名で親し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐電に乗りました

又 京都の記事に戻ります。  「 仁和寺 」に行くのに、京都駅で「 かっちゃん 」と待ち合わせしました。JR嵯峨野線で「 太秦 」に出て、京福電鉄北野線( 嵐電 )に乗り換え「 撮影所前駅 」から「 御室仁和寺駅 」へ向かいました。カラフルな電車が多いです。京福電気鉄道は、小学校の時に嵐山線( 四条大宮 - 嵐山 )に乗車した事がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大嘗宮の一般公開」に行って来ました

「 大嘗宮一般見学 」に行って来ました。 「 大嘗祭( だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)」とは、日本の天皇が皇位継承に際して行われる「 宮中祭祀 」で、毎年11月23日( 国民の祝日 : 勤労感謝の日 )に行われる「 新嘗祭( にいなめさい )」を、「 一世に一度 」の最初の儀式として行われる重要なものです。  平安時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南禅寺と水路閣

「 阿弥陀寺 」の後、「 臨済宗 大本山 南禅寺 」へ。  途中 駐車場のガードレールに「 スズメちゃん 」が4羽。どこかの会社が作っているらしく、一番有名なのは「 江ノ島駅 」の スズメで 近くの人が 服を着せています。他に 東京 隅田川の「 勝鬨橋 」の近くでも 見た事がありました。 「 三門( 重要文化財 )」へ。 三門とは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の三大祭り 纏め

「 京都三大祭り 」は、今回の時代祭を見学して全て見る事が出来ました。  此所にシリーズで写真と共にアップしましたが「 備忘録 」として 纏めました。  今後「 山ちゃんの徒然日記 」を見て、祭りの参考になれば幸いです。 【 葵祭(5月15日 )】 賀茂御祖神社( 下鴨神社 )と賀茂別雷神社( 上賀茂神社 )で行われる祭りです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more