テーマ:京都

「池本酒造」さんのジェラート 戴きました

「 山ちゃん 」の同期が 滋賀県で 日本酒の「 製造 ・ 販売 」、「 池本酒造 」を営んでいます。    毎年「 酒粕 」等を 届けて貰っています。  今年は「 酒粕 」、「 甘酒 」、「 梅酒 」と 特製「 ジェラート 」をお願いしました。 「 ジェラート 」の蓋を開けると プ~ン とお酒の匂いがします。  更に お酒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄贈した「巨椋池の古地図」がNHKで紹介されました

京都の 実家は 平成25年( 2013 )7月19日( 大安 )、京都久御山町の役場にて、実家( 有形登録文化財 3点)と、往時の「 巨椋池 」を描いた 古絵図 を町に寄贈する式典が行われました。 この複数ある「 巨椋池の古地図 」の一つを ブログ で紹介しました。ブログを見られて 多数の方から 問い合わせ 等を戴きました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都 歴史的建造物群と町屋 を見学

京都で最後の日 同志社大学 から 京都御苑 を通り 最後の目的地 三条通り に向かいました。  三条通りには 歴史的建造物 が数多く残されており一度訪ねてみたいと思っていました。 その切っ掛けとなったのは、「 山ちゃんの徒然日記 」のリンク先でもある 画家の「 岸本信夫 」さんは、「 ブログ 」以外に、「 FaceBook 」にも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都御苑から 三条通りへ

今日は 京都の最後の日。  2件投稿しています。  同志社大学で建物の写真を撮った後、御所の「 乾御門 」から入り「 一條邸跡 」を歩いて、「 京都御苑 中立売休憩所 」で食事の後、「 建礼門 」を見ながら「 九條邸跡 」、「 堺町御門 」を出て、目的地 三条通りに向かいました。 「 乾御門 」から「 朔平門 」に向かって右手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同志社大学 赤煉瓦の建築

今日は2件投稿しています。  京都に行った時 写真に撮って欲しいと友達に依頼されて「 同志社大学 」に行って来ました。 明治8年( 1875 )新島襄によって創立され、「 今出川キャンパス 」は、京都御所と相国寺の間に位置しています。  正門は今出川通りに面した 京都御所の今出川御門の向かい側にあります。   明治中期以降「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の美味しい中華料理屋「 楽仙楼 」

「 湖東三山 」を拝観し、京都駅に戻ってきました。   さて夕食をと思ったのですが、数少ない 知っている店は「 休業中 」等で、ふと 思いついたのが、高校時代の友達が「 FaceBook 」に投稿していた 四条烏丸 にあるる 中華料理屋「 楽仙楼( らくせんろう )」です。 早速 調べて 電話をしたら 営業 していますと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山巡り【其の四(百済寺)】

今日は「 湖東三山 」の内 三番目に訪れた「 百済寺( ひゃくさいじ )」に就いて投稿しました。 山号は「 釈迦山 」で、本尊は「 十一面観音 」、開基は「 聖徳太子 」とされていますが 珍しいです。  神仏霊場巡拝の道第143番札所です。   奈良と大阪にある「 百済寺 」は「 くだらじ 」と読みます。 【 百済寺の歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山巡り【其の参(金剛輪寺)】

今日は「 湖東三山 」の内 二番目に訪れた「 金剛輪寺 」に就いて投稿しました。 「 金剛輪寺( こんごうりんじ )」の 山号は「 松峯山( しょうほうざん )、地名から「 松尾寺 」とも呼ばれています。  本尊は「 聖観音菩薩 」で、開基は「 行基 」です。 【 金剛輪寺の歴史 】 寺伝によれば「 聖武天皇 」の勅願で奈良時代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節のお便りが届きました

京都の友達「 かっちゃん 」から 写真が届きました。 長岡京市にある「光明寺」の紅葉です。  ピークが過ぎても まだまだ 紅葉が綺麗です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山巡り【其の弐(西明寺)】

昨日は「 湖東三山 」に就いて、滋賀県の「 湖東地域 」にある 西明寺・金剛輪寺・百済寺の三つの天台宗寺院の総称であることをお話ししました。 今日は「 湖東三山 」の内「 西明寺 」に就いて書きました。 「 西明寺 」の山号は「 龍應応山( りゅうおうざん )」で、西国薬師四十九霊場第32番札所で、本尊は薬師如来です。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山巡り【其の壱(概要)】

今日から「 湖東三山 」に就いて投稿します。 「 湖東三山( ことうさんざん )」とは、「 滋賀県 」の湖東地域( 琵琶湖の東 )にある「 西明寺 」、「 金剛輪寺 」、「 百済寺 」の三つの天台宗寺院の総称です。   琵琶湖の東側、鈴鹿山脈の西山腹に位置し、百済寺の南東に位置する永源寺と共に 日本の紅葉100選にも選ばれていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地鶏焼鳥「 車 」

今回も 夕食は「 市内 高倉通仏光寺上ル 」にある 地鶏炭火焼きの 「 京の禅 四条烏丸店 」で。    17時開店で、5分前に到着です。  何時もの席を「 かっちゃん 」が事前予約をしてくれました。  この「 Wellcome Card 」は京都だけで、東京では出ません。東京の店は「 ビル 」の中にあるのに比べ、京都の店は「 京都の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都「 東寺ライトアップ 」に行って来ました

何時も宿泊しているホテルのロビーに「 東寺ライトアップ 」の案内用紙が置いてありました。  京都 八条口から「 東寺 」迄近いので 散歩がてら 歩いて行って来ました。 「 東寺 」は、8世紀末、平安京の正門にあたる「 羅城門 」の東西に「 ;東寺 」と「 西寺 」の2つの寺院が建立されました。  両寺院は、各々平安京の左京と右京を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年恒例の「鴨鍋料理」に舌鼓

今日から「 京都シリーズ 」です。   桜の咲く頃、お盆の前、そして 紅葉の頃 年三回 京都に帰っていますが、今年の春は「 コロナ渦 」の為に中止しました。   紅葉の季節に帰った際は、滋賀県 近江今津 にある 「 丁字屋 」さんで「 鴨料理 」を戴く事からスタートします。   皆さんご存知の「 鯖街道( 若狭街道 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 市川雷蔵の若親分

昭和40年( 1965 )3月18日 に 大映 で公開された映画に「 若親分 」と言う映画があります。  出演は ヤクザの若親分 南条武に市川雷蔵、相手役には、小さい時から雷蔵ファンだった 料亭 花菱 の若女将に 朝丘雪路、芸者千代梅に藤村志保、千代梅の恋人で学校の先生に山下洵一郎、雷蔵と敵対する新興ヤクザの親分伊蔵に佐藤慶 等が出演し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄贈した実家がテレビで放送されました。

京都の地元テレビ放送局「 KBS京都 」で 放送されている番組に「 京の水ものがたり 」があります。  一滴の水から始まり、水にまつわる京の文化を紹介しています。  そのシリーズの中の一つ 巨椋池 の特集で 当家が紹介されていました。 中学校の時の同期生から 放送されたとの連絡があり、京都の従兄弟に聞くと「 録画している 」とのことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄贈した実家が「YOUTUBE」にアップされていました。

故郷 京都の関連動画が無いかと「 京都_久御山町_東一口 」と入力し 捜していたら「 七ちょめ 」さんが 今年の9月27日 に撮影されたのが 見つかりました。 一つは「 古い町並 久御山町東一口( 京都府 )」で、寄贈した実家と その周辺が撮影されていました。記事もリンクしましたのでお読み下さい。 参考です。  下の写真は昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の友達から「季節のお便り」が。

幼友達「 かっちゃん 」から、何時も 散歩に行っている 長岡京市にある「 光明寺 」の風景を送ってくれました。 紅葉が始まりました。  ピークは 今月の下旬だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼稚園の時の先生が亡くなりました

本日 朝メールをチェックしたら「訃報」の知らせが届いていました。 幼稚園の恩師藤原愛子先生が9月4日にお亡くなりになったということです。 享年97歳だそうです。 平成28年( 2016 ) 京都で同期会を開催した時 幹事を仰せつかり、友達が恩師のご自宅に 写真を撮りに行ってくれました。又 その時 手紙と俳句を添えて戴きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水寺「 阿弖流爲 と母禮 」の碑

「 阿弖流爲( あてるい )と母禮( もれ )」、この人名を読める方は少ないと思いますし、清水寺とどの様な関係なのか 知っておられる方は少ないと思います。  「 山ちゃん 」がこの名前を知ったのは、平成20年( 2008 )8月、新橋演舞場で上演された 歌舞伎の「 阿弖流為 」の公演を観に行った時でした。   主人公「 蝦夷( えみし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は「 鳥居茶屋 」で、そして 下鴨神社でかき氷を

「 貴船神社 奥宮 」で折り返し、時間も昼だったので「 何処かで食事を 」と、店のメニューを見ながら歩きました。  「 川床 」での料理は 結構 お高いし、特に 観光シーズンは 値段が上がるらしい。 今更「 鮎料理 」を食べても と思い とある 一軒のお店「 鳥居茶屋 」へ。懐石料理を頼みました。   その前に 二人の友情に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 貴船神社 」に行きました

京都 二日目です。  暑かったので、涼しくて、三密が避けられる場所として「 貴船神社 」を選びました。     本来なら「 出町柳 」から叡山電鉄で「 貴船口 」迄行くのですが、今年は 台風21号の影響で、貴船口駅の手前 約200mにある線路の西側で、広範囲に亘って斜面が崩れその土砂が線路を覆ってしまったのです。  その為、市原駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

始めて「東華菜館」で食事しました

京都で「 中華料理 」を戴こうと思ったら 京都人なら まず思いつくのが「 東華菜館( 本店 以外に 洛北店もあります )」です。   京阪電車で下車、四条大橋を渡った 西詰にある「 北京料理 」の老舗です。  実は「 山ちゃん 」は22年間 京都に住んでいましたが、建物の前を通るものの 中に入ったことは無く、今回 始めてとなります。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高瀬川 と 京都市立立誠小学校跡

「 あぶり餅 」を戴いた後、河原町三条に移動。  此所から 四条通りまで、「 高瀬川 」に沿って散策です。   「 山ちゃん 」の「 高瀬川 」のイメージは「 春 」先斗町の友達の店( 現在 閉店 )で 飲食の後、桜を見たことくらいで今回初めて 川沿いに歩いた次第です。 「 高瀬川 」は、江戸時代初期 京都の豪商だった「 角倉了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宮神社 と あぶり餅

昨日「 建勲神社 」にお詣りしたことを書きました。  その目と鼻の距離に「 今宮神社 」があります。 その参道を歩くと 右手に「 大徳寺 」の「 瓦塀 」が続きます。  廃棄瓦と土を交互に重ねその上に瓦屋根を乗せた技法で、風雨に強く数百年は持つとされる補強法らしいのです。  色々な種類の瓦が混じっていて実に面白く、正にアートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「建勲神社」にお詣りして来ました

昨年 11月末、「 信長公のお墓がある阿弥陀寺 」の事を書きました。「 武士の家計簿 」の著者で 歴史学者の「 磯田道史 」氏が解説していた番組「 所 JAPAN 」で 「 織田信長公 」が「 本能寺の変( 天正10年( 1582 イチゴパンツ )6月2日 )」で、明智光秀に攻められ自害し、その遺体を「 誰かが持ち去った 」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は何時もの「蕎麦の実よしむら」で

京都の数少ない「 蕎麦屋 」で、種類( 十割蕎麦、二八蕎麦 )とメニューが豊富で、お値段も リーゾナブルな「 蕎麦の実よしむら 」で昼食です。 何時も行くのは 烏丸五条 の交差点角にある「 蕎麦の実よしむら 」。 「 かっちゃん 」御贔屓の店の一つです。   そして 何時も同じメニューの「 蕎麦の実膳 」。  何処の蕎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参りに行きました

今日から先月末「 京都 」に帰った時の内容です。  まだ「 梅雨明け前 」の為 天気が良くない日々でした。 何時もの通り「 朝一番 」の 新横浜駅6時初の新幹線で移動。  歩いて15分程度で駅に着く距離です。  「 山ちゃん 」の乗車した 車内( ジパング倶楽部利用なので ひかり を利用 )は ガラガラ 状態。  多分10名も 乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池本酒造さんのお酒 戴きました

昨日「 山ちゃん 」の友達の酒屋さん( 池本酒造 )から、お酒等 一式 届いた事を書きました。 届いて 早々に 全て 冷蔵庫へ。  冷やして 昨晩 戴きました。 【 純米吟醸( 蔵人 )と「 小鮎の醤油煮 」】 先ずは Myグラスにて 純米吟醸 ( 生 )「 蔵人 」を セットで購入した 西友さんの「 小鮎醤油煮 」を 摘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more