テーマ:古典芸能

歌舞伎座「 四月大歌舞伎 」夜の部

今月は「 中村翫雀( 坂田藤十郎 長男 )」改め、四代目中村鴈治郎の襲名披露が 大阪、京都に続いて「 歌舞伎座 」にて披露されました。  その中で「 夜の部( 四演目 ) 」を観劇しました。襲名披露は中々見られませんし、特に「 成駒家歌舞伎賑、木挽町芝居前の場 」では、話には聞いていましたが、下手側にある「 本花道 」とは別に上手側にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十代目「坂東三津五郎」さんを偲ぶ

私の大好きな 歌舞伎俳の一人「十代目 坂東三津五郎 」が先月の21日、膵臓癌の治療を続けられていたが59歳の若さで亡くなりました。  早いもので 既に1ケ月が過ぎました手術を受け、再び舞台に出ら、昨年の4月「 鳳凰祭四月大歌舞伎 」で、「 壽靫猿( ことぶきうつぼざる )」を 親子で演じられた舞台を観たのが最後でした。   大向こうから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三月歌舞伎座 大歌舞伎「 菅原伝授手習鑑 」を通しで観ました

今月は、通し狂言「 菅原伝授手習鑑 ( 通しで上演される機会は滅多にありません )」を「 昼の部 」と 「 夜の部 」各々「 観劇 」する事が出来「 山ちゃん 」は「 感激 」です。   別の日に各々観ましたが、正味 約6時間の芝居です。 平安時代の「 政治家 菅原道真( すがわらのみちざね )」が、藤原氏の陰謀によって左遷された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場二月 人形浄瑠璃文楽 「 国性爺合戦 」を観に行って来ました

以前「 山ちゃんの徒然日記 」で 「人形浄瑠璃文楽 」のことを二度書きましたが、2月の最後の週、友達のお誘いで「 文楽 」を観に行ってきました。  「 国立劇場( 小ホールの方でしたが )」も「 文楽 」も初めてです。   唯一 当日 上演された「 国性爺合戦 」を歌舞伎で観た事があったので、内容がある程度 判っていたのは幸いでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色気の「 助六 」と 若き「 助六 」

助六とは、正式には「 歌舞伎十八番 」の一つ、「 助六所縁江戸櫻 」のことです。   徒然日記「 2月の大歌舞伎 」で書きましたが「 曽我もの 」の一つです。    詳細については私のブログの下記の3件を参照下さい    ① 助六 紫鉢巻きの蘊蓄(うんちく)    ② 「 助六由縁江戸櫻 」と「 江戸町人の隠された願望 」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優美、華麗、艶やか

今月8日、BSで「 坂東玉三郎 」の特集がありました。    番組は「 坂東玉三郎 」芸道の極みと、その素顔を撮影。    特に印象的だったのは、化粧と舞姿!  稀代の名女形に 変わる瞬間は さすが「 人間国宝 」といわれるだけの事はありました。 写真は 地唄舞の時の写真で、正に「 タイトル 」の通りです ラベル作りました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座「 二月大歌舞伎 」

先週 二日続けて「 昼の部 」と「 夜の部 」に行ってきました。  昼の部の演目は「 吉例寿曽我 」、「 彦山権現誓助剱」、「積恋雪関扉 」。   夜の部の演目は「 一谷嫩軍記 」、「 神田祭 」、「 水天宮利生深川 」です。   月の最初の方に観に行きましたが、「 演目 」のせいか?桟敷席も含めて 結構空席が目立ちました    【 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通し狂言「 南総里見八犬伝 」とDVDラベル

毎年 新年になると 歌舞伎関連の番組が、NHKから「 2本 」放送されます。   一つはダイジェスト版による「 こいつぁ~春から( 各地の歌舞伎の新年の演目の紹介 )」と、もう一つは「 国立劇場 」で公演される「 菊五郎一座 」の録画放送です 今回の「 菊五郎一座 」による演目は、通し狂言「 南総里見八犬伝( 五幕九場 )」でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は節分です

今日、歌舞伎座の「 昼の部 」に行ってきました詳細は別途報告しますが、芝居が終わった後に、歌舞伎役者による「 豆まき 」が有りました。   終わった途端に、何処の局か判りませんが「 テレビカメラ 」が入ってきました。 昼の部に出ていた 歌舞伎役者さん 勢揃いです。   菊五郎は「 赤鬼 」に扮していましたが、他には、時蔵、幸四郎、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎 ・ 芸能 DVDラベル 【 其の弐 】

お陰様で、平成12年12月末にアップ致しました「 歌舞伎 ・ 芸能 DVDラベル 」は多数のアクセスを戴いておりますが、枠が一杯になりましたので、本日 新たに「 歌舞伎 ・ 芸能 DVDラベル 【 其の弐 】」を新規に追加致しました。   続けて 御贔屓にお願い奉ります。 【12月28日 NHK 古典芸能への招待 】 【 12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三越劇場 初春新派公演 「大つごもり」と「寒菊寒牡丹」

三越劇場で2日より公演されている「 初春新派公演 」の「 大つごもり 」と「 寒菊寒牡丹 」の二作品を観に行ってきました。 今回の公演は新派を代表する女方「 花柳章太郎 」の「 没後五十年 」を追悼して行われており、「 大つごもり 」は「 樋口一葉 」の短編小説、又「 寒菊寒牡丹 」は「川口松太郎 」が花柳に当てて書下ろした作品です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメント「片岡愛之助が見る未来」とDVDラベル

BS朝日放送で4日夜「 ラブリン 」こと 上方歌舞伎界のホープ「 六代目 片岡愛之助( 松嶋屋 )」のドキュメント番組が放送されました。元々、歌舞伎とは縁の無い大阪 堺市の町工場の長男として生まれ、初めて観た歌舞伎の世界に「 かっこいい! 」と心酔したのが彼の歌舞伎人生の始まりです。   持って生まれた素質と数多の幸運に恵まれ、1992…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメント「 市川海老蔵にござりまする 」とDVDラベル

「 日テレ 」にて、昨年1月に放送された「 市川海老蔵のドキュメント」の第二弾が、新年早々「 2015 新春スペシャル 疾風怒濤の“ KABUKI ”役者 市川海老蔵に、ござりまする 」で放送されました。 江戸歌舞伎の「 創始者 市川宗家 」の跡取りとして、新たな目標に走り続ける「 挑戦者 海老蔵 」と、二人の子供と共に成長する「 父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こいつぁ~春から 2015年 と DVDラベル

毎年 2日、「 NHK Eテレ 」で、多元中継される「 新年歌舞伎中継 」の内容は、今年「 五代目中村翫雀( かんじゃく : 父は四代目坂田藤十郎、母は扇千景、弟に三代目中村扇雀、長男は中村壱太郎 )改め「 四代目 中村雁治郞 」の襲名に伴い、大阪 道頓堀「 大阪松竹座 」での公演が中心となりました。 放送された演目と主な俳優、あらす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村屋ファミリー大奮闘2014 と DVDラベル

昨年 12月30日 フジテレビ系で 中村勘九郎、七之介を中心とした 昨年1年間の「 大奮闘 」が、ドキュメントとして放送されました。   「 十八世 中村勘三郎 」の死から はや2年、中村屋を背負う「 勘九郎 、 七之助兄弟 」の1年に密着したドキュメンタリー。    中村屋にとって2014年は激動の年だった…。勘三郎がいなくなって初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十二月大歌舞伎 夜の部「 雷神不動北山櫻 」

十二月大歌舞伎 夜の部「 雷神不動北山櫻 」を観に行ってきました。録画等で 「 毛抜 」、「 鳴神 」、「 不動 」の三演目は独立して放送され、各々個別に見たことが有りますが、今回「 通しで 」で見られることになりましたが、この様な機会は滅多にありません。  内「 鳴神 」は以前 私のブログで、 友達とモデルとなった 京都 北山の「 志…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎 DVDラベル( CS放送 ) 其の四

一昨年 10月に CS放送の歌舞伎の ラベルを作り アップ致しましたが、「 其の壱 」、「 其の弐 」、「 其の参 」の 文字制限が一杯になりましたので、新たに「 其の四 」として 本ページにて アップ致しました。 お陰様で「 其の壱 / 弐 / 参 」共、多数の歌舞伎ファンの方々に見て戴きましたが、「 其の四 」も続けて 宜敷くお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑前琵琶 奥村旭翠 独演会

琵琶を聴く機会など無かったのですが、友達からのお誘いで、14日「 四ツ谷駅 」で待ち合わせ、早い夕食を済ませた後、「 上智大学 」の横の外堀を「 ホテル ニューオオタニ 」に向かい、歩くこと約10分、独演会が行われる「 紀尾井ホール 」へ。紀尾井の地名の由来は、この地にかってあった「 紀州徳川家中屋敷 」、「 尾張徳川家中屋敷 」、「 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座11月( 吉例顔見世大歌舞伎 )夜の部に行ってきました【其の弐】

今日は 11月歌舞伎の 第三幕目「 義経千本桜 すし屋 」に就いて書きました。本ブログに使っている写真は、雰囲気を知って戴く為で、歌舞伎座での 俳優と異なりますが、ハードコピーした「 弥助役の 時蔵 」は昨日も 同じ役でした。 三、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)すし屋 「 義経千本桜 」は、人形浄瑠璃 及び歌舞伎の演目の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座11月( 吉例顔見世大歌舞伎 )夜の部に行ってきました【其の壱】

今週 昼の部に続いて 夜の部に行ってきました。夜の部は「御存 鈴ヶ森 」、「 歌舞伎 十八番の内 勧進帳 」、「 義経千本桜 すし屋 」の3つです。  特に勧進帳の 武蔵坊弁慶 役には、松本白鷗の孫に当たる「 染五郎 」が始めて勤め、源義経を「 吉右衛門 」、富樫左衛門を「 幸四郎 」、太刀持音若を「 金太郎( 染五郎の長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座11月( 吉例顔見世大歌舞伎 )昼の部に行ってきました

今月は「 初世 松本白鸚( はくおう 1910年( 明治43年)7月7日 ~ 1982年( 昭和57年 )1月11日 ) 三十三回忌追善 」で、昼の部は「 寿式三番叟( ことぶきしきさんばそう )」、「 初代の当たり役だった井伊大老( いいたいろう )」、「 一谷嫩軍記 」( いちのたにふたばぐんき )二段目 熊谷陣屋( くまがいじん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 DISNEY ON ICE SHOW 」とDVDラベル

先達て 衛星放送WOWOWで「 氷の上のミュージカル DISNEY ON ICE SHOW 」が放送されました。ディズニーの ミッキィーを始めとする キャラクターが 氷の上で 演舞 するのは「 大画面 」で見ると、迫力もさることながら、その美しさに魅了されます。これぞ アメリカのショー だと 感心させられます。 10年程前に、孫達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月新派 特別公演「 京舞 」

今日は、新橋演舞場で上演されている新派公演「 京舞( 北條秀司 作)」に就いて書きました。  この芝居は、「 初代 水谷八重子 」によって初演され、「 新派の名作 」とうたわれています。 「 京舞 」は花柳十種の内の一つで、舞台の途中「 波乃久里子 」さんが司会を務め「 十八世 故 中村勘三郎 」と親しかった人達による「 追善ご挨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月新派 特別公演「 鶴八鶴次郎 」

今日は、新橋演舞場で上演されている新派の「 鶴八鶴次郎( 川口松太郎 作 )」に就いて書きました。 昭和10年の第一回直木賞を受賞した作品を、13年1月に明治座で初演 された新派劇の傑作作品です。   平成25年度( 第69回 )文化庁芸術祭参加公演となっています。    又 昨日書いた通り「十七世中村勘三郎二十七回忌  十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月新派 特別公演

先月 歌舞伎座 観劇をブログにて書き、「 十七世中村勘三郎二十七回忌 そして  十八世中村勘三郎三回忌 」の話をしました。今月 歌舞伎座から歩いて数分の「 新橋演舞場 」では、新派による 追善公演が行われています。 十八世中村勘三郎の姉「 波乃久里子 」、二人の息子「 中村 勘九郎 」と「 中村七之助 」、そして「 水谷八重子 」は勿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月 歌舞伎 夜の部

今週 木曜日( 23日 )歌舞伎「 鰯売恋曳網 」 の話をしました。 友達と 久し振りに 銀座 三愛ビル2階の喫茶店で待ち合わせ、観劇弁当を買って、歌舞伎座 夜の部を観に行きました。 大凡のことは 木曜日に書きましたので、本日は「 感想 」のみです。 ・菅原伝授手習鑑( すがわらでんじゅてならいかがみ ) 寺子屋  武部源蔵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎「 鰯売恋曳網 」

今月の10月歌舞伎座の 夜の部の出し物は 以下の3つです。    ・菅原伝授手習鑑( すがわらでんじゅてならいかがみ ) 寺子屋       仁左衛門、勘九郎、七之助、玉三郎 等    ・道行初音旅( みちゆきはつねのたび ) 吉野山       梅玉、橋之助、藤十郎    ・鰯売恋曳網 ( いわしうりこいのひきあみ )  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌舞伎座に寄って帰りました

築地 → 浜離宮 と歩いて、喫茶店で一休みした後、東銀座の「 歌舞伎座 」に寄りました。   24日の夜の部を観に行く予定です。   演目は3つです。     ・菅原伝授手習鑑( すがわらでんじゅてならいかがみ ) 寺子屋        仁左衛門、勘九郎、七之助、玉三郎 等     ・道行初音旅( みちゆきはつねのたび ) 吉野山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新橋演舞場 10月花形歌舞伎 昼の部に行ってきました。

昼の部は「 平家女護島 鬼界ヶ島の場 俊寬 」と「 金幣猿島郡 」の二つです。 友達と演舞場前の「 茶房 絵李花 」で待ち合わせです。  この茶房は「 宮本亜門 」の親戚の方が営んでおられる店です。席は、亀ちやんファンの為か結構一杯でした。    歴史上の人物、俊寛【 しゅんかん、康治2年( 1143年 )~ 治承3年( 1179年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籠釣瓶花街酔醒 見染めの場

数回「 山ちゃんの徒然日記 」で、歌舞伎の有名な演目の一つ「 籠釣瓶花街酔醒( かごつるべさとのえいざめ )」の事を取り上げました。   詳細は「 シネマ歌舞伎「 籠釣瓶花街酔醒 」とDVDラベル 」に「 あらすじ 」と「 見所 」が書いてありますので そちらをご覧下さい。 今週のCSで「 松本幸四郎、板東玉三郎 」による「 籠釣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more