1年「山ちゃんの徒然日記」を読んで戴き感謝

今年「 令和元年( 2019 )」年、「 山ちゃんの徒然日記 」を読んで戴き有り難う御座いました。  お陰様で 今年は アクセスが 累計で150万を突破し、一日平均 150人前後の方に読んで戴いています。   来年は・・・・ と 毎年の終わりと新年に 意気込むのですが、高望みせず 少しでも より充実した内容にしたいと考えています。…
コメント:0

続きを読むread more

冬のイベント 皇居外苑のライトアップ

去年に続き「 皇居外苑のライトアップ 」を見に行って来ました。   今年は12月23日( 月 )から来年1月5日( 日 )迄で、期間中17年から21時迄ライトアッフされています。   早々に行こうと思ったのですが、天気が悪かったり風が強かったりで、結局28日( 土 )に行って来ました。  寒い中と思われますが、暗闇の中 ライ…
コメント:0

続きを読むread more

焼き肉屋「 万両 東天満店 」

グルメの友達に連れて行って貰った「 万両 東天満店 」。 大阪では「 超人気店 」だそうで、飛び込みでは危ないので 予約して貰いました。   店内はサラリーマンや若者で大盛況の賑わいです。 方々の焼き肉店に行きましたが、此所のお肉は何を( 部位 )頼んでも間違いない美味しさで、食べ終わって 満足感 を得られました。  まぁ~ それに…
コメント:0

続きを読むread more

大阪 天王寺・淀屋橋・御堂筋 界隈

近鉄南大阪線で終点「 近鉄大阪阿部野橋駅 」へ。  この駅の近辺( 天王寺 )は 近鉄以外に「 地下鉄御堂筋線・谷町線 、JR「 天王寺駅 」、「 阪堺上町線 」等が入り込んでおり、交通の要となっています。   予約した夕食の時間調整も含めて、歩いて10分程度の「 天王寺公園 」内にある「 てんしば 」で暫し休憩することにしました。 …
コメント:0

続きを読むread more

石舞台古墳を見学

一度見てみたいと思っていた、明日香村にある「 石舞台古墳 」に見学に行きました。   京都は 神社仏閣が 狭い範囲にあり、交通も便利なので、一日に 数件の見学が出来ますが、奈良は 方々に点在しているので、時間が掛かり、昼間の時間が短い冬場は 2・3箇所が限度です。  「 談山神社 」と「 石舞台古墳 」との距離は 車で約10分程度です…
コメント:0

続きを読むread more

ビデオカメラのアクセサリー購入

ビデオ撮影は 液晶モニター を見ながら 撮影しますが、晴天時は 液晶モニター に太陽の光が 映り込んで、時として 見にくくなり、何を撮っているか分からない時がありました。   解決すべく 液晶モニター用のフードを紙で自作したのですが、持ち運ぶ時に難があるため、実用に乏しく諦めました。   多分 メーカーから販売されているだろ…
コメント:0

続きを読むread more

今時のテレビ

今年10月 テレビとレコーダーを買い換えた事を書きました。   ところが、昨日 突如として テレビに不具合が生じました。  地上波も含め全て 映らなくなって仕舞ったのです。  外部端子経由の画像と音声は出ます。  チューナー関連の不具合か? 早々に 購入した ヨドバシ横浜店 に電話をし、SONY担当の方に 状況を報告しました。 …
コメント:0

続きを読むread more

談山神社に行きました

食事の後、近鉄奈良駅から、大和西大寺駅、大和八木駅を経由して「 桜井駅 」に移動します。  駅に「 桜井観光案内所 」があったので「 パンフレット 」を戴きました。  ここにおられた案内の女性、大変親切で 懇切丁寧 に教えて戴けました。 駅からはバスも出ているのですが、かなりの時間待つことで「 タクシー 」で移動しました。  15分程…
コメント:0

続きを読むread more

奈良 興福寺に行きました

近鉄奈良線 の特急に乗車し 奈良市内へ。  何時も近鉄京都駅 一番ホームにある喫茶「 チャオプレッソ( CAFFE CIAO PRESSO )で時間調整をします。 今回「 興福寺 」に行きたいと思ったのは、以前 NHKで、昨年10月7日、中核施設である「 中金堂( ちゅうこんどう )」が301年ぶりに再建されたことを祝う「 落慶法要 …
コメント:0

続きを読むread more

創作割烹の店「割鮮烹主 夜桜( Kassen housyu Yozakura )」

近鉄京都線 寺田駅から徒歩 10分程度の所に、創作日本料理の店「 割鮮烹主 夜桜( Kassen housyu Yozakura )」さんがあります。  グルメの友達御贔屓の店で夕食を戴きました。  店の外観は「 GOOGLE MAP 」よりコピー。 感想は、「 このお値段で こんなに美味しいの 」と言いたいくらい美味しかったです。 …
コメント:0

続きを読むread more

「 平等院鳳凰堂(世界遺産)」を訪ねました

半世紀振りに藤原氏 縁の寺院「 平等院 」を訪ねました。山号は朝日山、本尊は阿弥陀如来坐像です。  過去、天台宗 と 浄土宗を兼ねていましたが、今はどの宗派にも属さない単立寺院で、「 最勝院( 本山 修験宗聖護院末寺 )」と「 浄土院( 浄土宗寺院 )」が年交代制で共同管理しています。 特に「 鳳凰堂( 国宝 )」の図柄は 10…
コメント:0

続きを読むread more

興聖寺を訪ねました

以前 NHK Bsで「 京都人の密かな愉しみ 」という 「 常盤貴子( 三八子役 )」が出演したオムニバス形式のテレビドラマが放送されました。  ドラマでは彼女の父が、祇園の芸妓との間に儲けた隠し子がいました。  その子は、自分の母の死を切っ掛けに出家し、雲水( 清哲 )として修行をしていました。  その舞台となった修行先のお寺が 今回…
コメント:0

続きを読むread more

宇治上神社を訪ねました

「 宇治上神社 」は、宇治川の東岸 朝日山の麓に鎮座しています。  創建の年は定かではありませんが、延長5年( 927 )に編纂された「 延喜式 」の神名張の中に「 宇治上神社 」の存在が確認出来ることから、それより以前に創建されたと推定されています。  明治時代以前迄、宇治上神社は「 上社 」・「 本宮 」、宇治神社は「 下社 」・「…
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨野から嵐山へ

今日は「 落柿舎 」を含め2件アップしました。  嵯峨野の古刹の庭園を見学した後、嵐山まで散歩しました。  下り坂なので楽です。  途中、嵐山のシンボルでもある「 竹林の小径 」を横切りましたが、思っていた通りの賑わいです。 殆ど休憩していないので「 桂川 」の淵辺で暫し休憩。  昼過ぎから 曇り空 となり、川向こうの木々も 冴えない…
コメント:0

続きを読むread more

落柿舎を訪ねました

大学3年の時、奈良の友達と「 嵯峨野 」を訪ねて以来半世紀ぶりです。  この庵を見るとどこか懐かしい田舎の佇まいを思い出されます。  記憶では「 蓑( みの )」が母屋の壁に掛けられていたのが今でも印象にあり、周りは静かで何も無かったのですが、今は観光客で大変賑わっています。 「 落柿舎( らくししゃ )は、「 草庵( 藁や茅などで屋…
コメント:0

続きを読むread more

常寂光寺を訪ねました

天気も良くぶらぶら嵯峨野を歩いて「 常寂光寺( じょうじゃっこうじ )」へ。日蓮宗の寺院で、山号は小倉山です。 「 百人一首 」で詠まれる「 小倉山 」の中腹の斜面にあって、境内から嵯峨野を一望出来、園内には200余本の楓が植えられており、秋の頃は全山紅葉に包まれます。  その「 常寂光土( 佛教用語 )」の様な風情から寺号が付け…
コメント:0

続きを読むread more

清凉寺(嵯峨釈迦堂)を訪ねました

JR嵐山駅から徒歩 20分程度に、浄土宗の寺院「 清凉寺( せいりょうじ)」があります。  山号は「 五台山( ごだいさん )」です。  「 嵯峨釈迦堂( さがしゃかどう )」の名で知られ、中世以降「 融通念仏の道場 」としても知られています。  当寺は最初の宗派「 華厳宗 」から後「 浄土宗 」に改宗しています。   清凉寺の地には…
コメント:0

続きを読むread more

京都 嵯峨野の古刹「宝筐院」の庭が素晴らしい

先週 3日間 京都・奈良・大阪 を訪ねました。  紅葉の季節からは外れ、観光客も少なくなっていましたが、いえいえ 友達「 かっちゃん 」が選んでくれた 古刹は「 山ちゃん 」が行くのを待ってくれていたのか、素晴らしく鮮やかな 風景を醸し出していました。 今日は その最初として 嵯峨野にあるにお寺「 宝筐院( ほうきょういん )」に…
コメント:0

続きを読むread more

日本銀行本店の建物を見学しました。

本題に入る前に貨幣に就いて少し書きました。 【 紙幣 と 硬貨 】 現在 日本で使われているお金は 大別して「 紙幣と硬貨 」とに分かれています。  この「 紙幣 」と、「 硬貨 」は管轄 並びに 製造している場所は、各々異なっています。  「 紙幣 」は、全てに「 日本銀行券 」という文字が印刷されています。  このことからも…
コメント:0

続きを読むread more

国立競技場を見学しました

独立行政法人日本スポーツ振興センターが管理・運営する競技場施設「 国立競技場」は 平成28年( 2016 )に着工し、先月末竣工しました。   来年( 2020年 )開催される「 東京オリンピック・パラリンピック 」のメインスタジアムとなります。 昨年末 神宮外苑の銀杏並木 を見た後、工事中の「 新国立競技場( 完成した時点で 国立…
コメント:0

続きを読むread more

横浜中華街「 萬来亭 」

妻と「 横浜中華街 」で昼食を戴く事で、お気に入りの店「 萬来亭 」に行きました。   何時ものコース JR関内駅で下車、橫浜球場は来年のオリンピックに向けて スタンドの増設工事進んでいます。 公園には来年に向けて「 花の種 」が植えられています。 相変わらず「 中華街 」は賑わっています。 「 萬来亭 」は、「 自家製麺 …
コメント:0

続きを読むread more

お部屋ジャンプリングを設定しました。

「 お部屋ジャンプリンク( PANASONIC登録商標 )」とは、記録された番組を他の機器に転送する「 送信( サーバー )機器 」と、番組を再生する「 受信( クライアント )機器 」を組み合わせて 記録されている情報( 録画した番組・写真・音楽 等 )を共有出来る機能です。 「 山ちゃん 」家は、ビデオデッキが複数台あり、各々…
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに 横浜中華街の「 徳記 」へ

「 三渓園 」の帰り、バスの中で、昼食を どうしょうかと考えていたら「 徳記 」の事が急に思い浮かび「 中華街前 」で下車。  大阪の おばちゃん達は「 飲茶料理 」を食べに行くとのことで、「 案内所 」を教えた後、徒歩15分程度「 徳記 」の暖簾を潜りました。 「 徳記( とっき 、 広東料理店 )」の場所は、橫浜中華街、「 関…
コメント:0

続きを読むread more

「三渓園」で大ボケです。

テレビのニュースで、「 三渓園 」が見頃だと放送していたと妻から聞いたので、善は急げと カメラ片手に行って来ました。 カメラ片手にと言いましたが、本体のカメラ( 120mm )以外に、カメラバッグの中には 望遠レンズ( 300mm )、広角レンズ( 35mm)、小型カメラ、ビデオカメラが カバンに入っています。 「 三渓園 …
コメント:0

続きを読むread more

カレー蕎麦を食べに 橫浜の「 角平 」へ

以前 2回程行った、横浜の老舗蕎麦屋「 角平 」は、日本で最初の「 つけ天蕎麦 」の店として有名です。  東京と違って気取らず、蕎麦の量が多く、地元の方御贔屓の店です。   開店の11時早々に店に入りましたが、既に満席状態で奥の部屋に案内して戴きました。   部屋には「 白鵬 」と 女将さんと一緒に写った写真が飾られていました。  …
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに築地へ

「 築地市場 」が「 豊洲 」に移って、それと共に、行き付けの店「 小田保 」も 同時期に引っ越して仕舞いました。  「 豊洲市場 」には その後 一度だけ行きましたが、「 豊洲市場 」どころか「 築地場外市場 」もめっきり行く事が無くなりました。 都内で友達と会う用事が出来たので、 日比谷線「 築地駅 」で待ち合わせし、久し振り…
コメント:0

続きを読むread more

「叶 匠壽庵」で昼食

「 永代供養 」も無事に終わり、「 精進落とし 」として、約30分程度歩いて「 哲学の道 」の入り口近くにある「 叶 匠壽庵 京都茶室棟 」で昼食を戴きました。   「 叶 匠壽庵( かのう しょうじゅあん )」は、本社が 滋賀県大津市にある、和菓子の製造・販売を行っている会社です。 昭和33年( 1958 )、大津市職員で…
コメント:0

続きを読むread more

浄土宗最初の寺院「金戒光明寺(黒谷さん)」を見学

「 永代供養 」の後、折角来たので「 金戒光明寺 」の境内を見学しました。 「 金戒光明寺( 通称 黒谷さん )」は、浄土宗の寺院で、創建は「 承安5年( 1175 )」、開基は「 法然上人 」です。  正式名称は「 紫雲山金戒光明寺 」と称し、本尊は「 阿弥陀如来 」です。  大本山を「 知恩院 」とし「 浄土宗の七大本山( 金…
コメント:0

続きを読むread more

永代供養をしました

当家のご先祖の方々は 京都 久御山町 中島にある「 華台寺( けだいじ )」で永眠しています。  只、京都 金戒光明寺( 通称 黒谷さん )の塔頭の一つ「 連地院( れんちいん、通称 熊谷堂 )」に 「 山田勘解由 ( やまだかげゆ )」の子孫( 墓の左側面に 山田勘解由 の名が有るので本人の墓墓では無いと思われます )の方が永眠してい…
コメント:0

続きを読むread more

京都 北山にある「蕎麦の実 よしむら 北山楼」

京都に行くと 必ずと言って良いくらい 立ち寄るのが 烏丸五条交差点近くの「そば料理 蕎麦の実よしむら」。この店と同じグループに「 北之蔵 よしむら北山楼 」があります。  地下鉄 終点の「 北山駅 」から徒歩1分程度です。 暖簾を潜って 待つこと数分、二階席に案内されました。 今の季節「 新蕎麦 」を戴く事が出来ます。  「 か…
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺を訪れました【其の弐】

昨日は「 仁王門( 山門 )」の「 金剛力士像 」に就いて書きましたが、今日は「 仁和寺( にんなじ )」の概要にふれた後、伽藍の中の「 御殿( 本坊 )」に就いて書きました。   平成6年( 1994 )世界遺産に登録された「 仁和寺 」は、平安時代初期「 光孝天皇 」の勅願で仁和2年( 886 )に建て始められましたが、翌年崩御さ…
コメント:0

続きを読むread more

仁和寺を訪れました【其の壱】

7年前の秋に一度訪れたことがある「 仁和寺 」に再度行きました。ここの仁王門( 山門 )の両側に安置れている 仏様と伽藍の護法善神( 守護神 )である「 金剛力士像( 阿形( あぎょう )像と、口を結んだ吽形( うんぎょう )像 )」の2体の写真を再度撮るためです。  「 金剛力士像 」は一般には「 仁王( におう、二王 )」の名で親し…
コメント:0

続きを読むread more

嵐電に乗りました

又 京都の記事に戻ります。  「 仁和寺 」に行くのに、京都駅で「 かっちゃん 」と待ち合わせしました。JR嵯峨野線で「 太秦 」に出て、京福電鉄北野線( 嵐電 )に乗り換え「 撮影所前駅 」から「 御室仁和寺駅 」へ向かいました。カラフルな電車が多いです。京福電気鉄道は、小学校の時に嵐山線( 四条大宮 - 嵐山 )に乗車した事がありま…
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の皇居二の丸庭園見学、そして偶然「 皇后 雅子様 」を見ました。

「 大嘗宮一般見学 」の人混みから離れて 帰途に。  東御苑から出られる門( 大嘗宮一般見学の時のみ )は「 北桔橋門、平川門、大手門 」の3門があります。  紅葉の「 二の丸庭園 」が見られる、白鳥濠の石垣がダイナミックに見られる、東京駅に近い 等で「 大手門 」から出ることにしました。 「 平川門 」の手前を右に曲がると 右手…
コメント:0

続きを読むread more

「大嘗宮の一般公開」に行って来ました

「 大嘗宮一般見学 」に行って来ました。 「 大嘗祭( だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)」とは、日本の天皇が皇位継承に際して行われる「 宮中祭祀 」で、毎年11月23日( 国民の祝日 : 勤労感謝の日 )に行われる「 新嘗祭( にいなめさい )」を、「 一世に一度 」の最初の儀式として行われる重要なものです。  平安時…
コメント:0

続きを読むread more

京都 餃子の店「 タイガー餃子会舘 四条河原町店 」

京都滞在中、「 かっちゃん 」が夕食に「 餃子屋 」さんに連れて行って貰いました。  「 四条河原町 」から徒歩 1~2分程度の所にある「 タイガー餃子会舘 四条河原町店 」です。 帰ってから 調べて見ると 東京 目黒区 大崎に本社を置く「 際コーポレーション 株式会社 」で、グループの店舗数は、総計「 358店舗 」の中の「 タイガ…
コメント:0

続きを読むread more

「 甘酒 」が届きました

「 池本酒造 」さんで購入し 送って貰うことにした「 ノンアルコール甘酒 」が、「 酒粕 」と一緒に届きました。「 鴨鍋 」を戴く前に 店に立ち寄り、今年から 新発売の「 ノンアルコール甘酒 」を試飲させて貰いました。  上品なお味で一篇に気に入りました。 ほんと 自然の甘い味で、ベトベト感が無く 栄養タップリといった感じです。以…
コメント:0

続きを読むread more

青葱を戴きました

「 甘酒 」と「 酒粕 」の箱の中に「 青葱 」が入っていました。  「 鴨鍋 」を戴いている時に「 青葱 」が好きなんです、と言ったので わざわざ 同梱してくれました。なかなか、関東で「 青葱 」を売っているのは見掛けません。 「 山ちゃん 」は、橫浜に住んで 約半世紀 となりますが、今でも「 生の白ネギ 」は苦手、いや 嫌いな…
コメント:0

続きを読むread more

今年も「 鴨鍋 」を戴きに 滋賀県へ!

平成24年( 2012 )から、毎年「 近江今津 」の近くにある「 丁字屋 」さんで「 鴨鍋 」を戴くのが 恒例となっています。何時も 京都駅の 中央改札口 で待ち合わせし、湖西線で約 1時間程。  「 JR近江今津駅 」で下車、中学校迄 同期だった友達の造り酒屋「 池本酒造 」さんに立ち寄って( 今年は雨天だったので車で迎えに来てくれ…
コメント:0

続きを読むread more

地鶏焼鳥「 車 」

京都に帰ると何時も寄る店があります。  以前にも 何回もアップした、「 市内 高倉通仏光寺上ル 」にある 地鶏炭火焼きの 「 京の禅 四条烏丸店 」。   友達の「 かっちゃん 」もお気に入りの店の一つです。 夕暮れ時に着きましたが、東京の店は「 ビル 」の中にあるのに比べ、京都の店は「 京都の町屋 」を改造した店で、店内は ゆっ…
コメント:0

続きを読むread more

南禅寺と水路閣

「 阿弥陀寺 」の後、「 臨済宗 大本山 南禅寺 」へ。  途中 駐車場のガードレールに「 スズメちゃん 」が4羽。どこかの会社が作っているらしく、一番有名なのは「 江ノ島駅 」の スズメで 近くの人が 服を着せています。他に 東京 隅田川の「 勝鬨橋 」の近くでも 見た事がありました。 「 三門( 重要文化財 )」へ。 三門とは、…
コメント:0

続きを読むread more

京都の三大祭り 纏め

「 京都三大祭り 」は、今回の時代祭を見学して全て見る事が出来ました。  此所にシリーズで写真と共にアップしましたが「 備忘録 」として 纏めました。  今後「 山ちゃんの徒然日記 」を見て、祭りの参考になれば幸いです。 【 葵祭(5月15日 )】 賀茂御祖神社( 下鴨神社 )と賀茂別雷神社( 上賀茂神社 )で行われる祭りです…
コメント:0

続きを読むread more

信長公のお墓がある「阿弥陀寺」

随分と前の事ですが。  京都の老舗和菓子屋で有名な「 大黒屋 」さんで、名物「 鎌餅 」を買いました。その後 寺町通りに出た所に「 阿弥陀寺( この寺は、元は 光秀とゆかりの深い近江坂本に創建されたお寺で、その後 信長に帰依され京都に移転していました )」が有り、山門近くの碑で、「 織田信長公のお墓 」が有ることを知りました。 最…
コメント:0

続きを読むread more

時代祭を見学しました【其の十一( 延暦時代 )】

今日で シリーズでアップした「 時代祭 」は終わりとなります。  昨日に続き「 延暦時代 」です。  行列は 最初「 白川女献花列 」から「 弓箭組列 」へと続き シリーズで 紹介した令和元年の「 時代祭 」は、本日で終わりとなります。 【 白川女献花列( 参列者 : 白川女風俗保存会 )】 白川女献花列  比叡山を源に発する…
コメント:0

続きを読むread more

時代祭を見学しました【其の十(延暦時代)】

「 延暦時代 」です。  行列は 最初「 神饌講社列 」、「 前列 」、「 神幸列 」、「 白川女献花列 」、「 弓箭組列 」へと続きます。  今日は「 神饌講社列 」、「 前列 」、「 神幸列 」迄を紹介しました。   明日は「 白川女献花列 」から「 弓箭組列 」の2つをアップして シリーズで 紹介した令和元年の「 時代祭 」は終…
コメント:0

続きを読むread more

時代祭を見学しました【其の九(延暦時代)】

今日は「 延暦時代 」です。  行列は 最初「 延暦武官行進列 」で、次ぎに「 延暦文官参朝列 」へと続きます。 延暦は、日本の元号の一つで、日本史とりわけ文化史、美術史上の時代区分の一つです。  昭和、明治、応永、平成に次いで、歴代で5番目に長い元号で、西暦782年から806年までの期間を指します。  この時代の天皇は桓武天皇で…
コメント:0

続きを読むread more

時代祭を見学しました【其の八(藤原時代)】

今週は「 藤原時代 」から始まります。  行列は 最初「 藤原公卿参朝列 」で、次ぎに「 平安時代婦人列 」へと続きます。 「 藤原時代 」とは、日本史、とりわけ文化史、美術史上の時代区分の一つです。  平安時代4世紀のうち最初の1世紀を弘仁・貞観時代と呼ぶのに対し、寛平6都市( 894 )の遣唐使廃止以後の3世紀を「 藤原時代 …
コメント:0

続きを読むread more

時代祭を見学しました【其の七(鎌倉時代)】

今日は「 鎌倉時代 」です。  行列は 「 城南流鏑馬列 」です。 【 城南流鏑馬列( 参列者 : 平安講社 第四社( 中京区・下京区 ))】 「 流鏑馬( やぶさめ )」は、平安朝以来行われた騎射の技で、馬場に3箇所の的を立て、射手が馬を馳せつつ矢継ぎ早にこれを射るものです。  承久3年( 1221 )後鳥羽上皇は朝廷の威信回…
コメント:0

続きを読むread more