博多のうどん

昨日 承天寺 と饂飩の関わりを書きました。  歩いたからか、饂飩の碑 を見たからか 分かりませんが、急に「 博多のうどん 」が食べたくなって、又々 炎天下 止せば良いのに 博多駅 迄 歩き うどん を戴きました。

昨日の 続きになりますが、当時の「 饂飩 」は現在のうどんとは異なり、現在のワンタンに近いものだったそうです。  うどんが現在の形になったのは鎌倉時代末期といわれ、室町時代までには全国に広まったと予測されています。  江戸時代後期には水車を使った効率の良い製粉法が開発され、同時に醤油の大量生産が可能になったことから、うどんは益々庶民にとって身近な食べ物となり、多様な文化が生まれる事となりました。

そんな中、商人の街博多では時間にシビアな商人たちが素早く食べられるようにと「 ゆで置きの柔らかい麺 」のうどんが主流になったといわれています。  又、軽食として食べられていたため、消化の良い柔らかい麺が好まれたという説もあります。  江戸時代には「 夜鳴きうどん 」と呼ばれる屋台スタイルが主流だったのが、明治時代に入ると多くのうどん店が登場する様になります。  中でももっとも老舗とされているのが博多区にある明治15年( 1882 )創業の「 かろのうろん 」です。
01.jpg

その他、福岡市を中心とした地域で幅広く食されている他、「 ウエスト 」、「 牧のうどん 」といった福岡式のうどんを提供するチェーン店も数多くあります。  うどんもさることながら「 博多ラーメン 」も博多を代表する 麺食 ですが、これも かなり細い麺を使っています。  うどん 同様 早く茹でて 食べられる様になっています。  何れにしても 博多の気質が繁栄されています。

又 柔らかい麺は、前述の理由以外に、九州のうどん粉に原因があるともいわれています。  九州のうどん粉は醤油に使うものと同様の小麦を使用している為、他のものと比べてタンパク質が少なく、コシが出づらいのだという訳です。

出し汁は透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ( トビウオ )、昆布などを使って出しをとり、薄口醤油で仕上げた 甘辛い味となっています。  特徴なのは 具の種類で、代表的なのは「 ゴボウ天( ゴボウの天ぷら )や丸天( 魚のすり身を揚げた物 )で、それに 鶏肉や牛肉を添えているのが一般的です。

福岡県出身の「 タモリ 」はTV等で「 うどんはコシはいらんばい 」と事あるごとに言って、福岡のうどんを愛しています。  

「 博多うどん 」と一緒に頼むのが「 かしわごはん 又は かしわおにぎり( 鶏肉、ゴボウ、ニンジンなどが入った炊き込みご飯 )」で、その他に「 白おにぎり 」や「 稲荷寿司 」もあります。

最初「 博多うどん 」を食べたのは 熊本に行く 高速道路の「 パーキング 」でした。  ほんと「 コシの無いうどん 」に最初は 戸惑いましたが、長年食べていると 不思議な物で この柔らかさに 慣れてきます。

博多駅は 地下に 食堂街があるので うどん専門店 に入りました。  ごほ天うどん と かしわのおにぎり を頼みました。  すぐ運ばれて来ました。  久し振りに「 博多うどん 」を戴けました。
02.jpg
03.jpg
04.jpg

途中で この際だと思い「 丸天 」も トッピングで頼みました。
05.jpg
「 まる天うどん 」を頼むと そのまま 切らずに出て来ます。

余談ですが、「 山ちゃん 」が時折行く「 丸亀製麺 」は逆に「 コシ 」があるのですが、調べて見ると九州にも出店していました。  九州の人が全て「 柔らかい麺 」が好きだと思うのは 勿論間違いですね。  九州で商売が成り立っているのですから「 コシのある麺 」が好きな人もいるんです。  

久し振りに「 九州の味と食感 」を楽しめました。

"博多のうどん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント