歌舞伎雑学「 幕 」の種類

歌舞伎をご覧になられた方々は 舞台で「 演目や場面 」によって、色々な幕が使われて「 演出効果を上げている 」のを 目の前で見られます。 使われている「 幕 」を纏めてみました。  少しでも知識が増えると「 歌舞伎 」が一段と楽しく観られます。

緞帳 ( どんちょう )   
  舞台と客席を仕切り「プロセニアムアーチ」で上げ下ろしする幕
  です。客席から舞台を隠すための幕である。どんと言うこともある。
画像

定式幕 ( じょうしきまく )  
  芝居の幕開きと終幕に使われる幕で「 定式 」とは「 常に使われる
  もの 」といった意味があり、上手から下手に引いて閉じるのが
  普通です。 江戸時代に「 幕府 」が認められていた、いわゆる
  「 江戸三座( 森田座 / 中村座 / 市村座 ) 」は、各に幕の模様が
  異なります。  芝居が始まる時の「 幕 」を引く「 シャー 」という音
  は、何時聞いても楽しい音です。 芝居の内容によって、閉める時
  のスピードが違う事も楽しみです。

  ・森田座の幕は左から「 黒-柿色-萌葱( もえぎ ) 」の順番で
   「 歌舞伎座、新橋演舞場、京都南座 」に使われています。
画像

  ・中村座の幕は 左から「 黒-白-柿色 」の順番で「 平成中村
   座 」に使われています。  幕府所有の巨船安宅丸の櫓を人足
   に漕がせた時、初代中村勘三郎が櫓を漕ぐ音頭を取り、その
   褒美にもらった帆布を中村座の幕にしたのが起りだといわれて
   います。
画像

  ・市村座の幕は 左から「 黒-萌葱-柿色 」の順番で「 国立劇場
   、大阪新歌舞伎座 」に使われています。  村座の座元の娘が
   市村座の座元のところへ嫁ぐことになった時、その縁で市村座
   でも中村座の幕を使うことが出来るようになった。しかし白い色
   だと汚れが目立つので、のちに白を萌葱に変えて使うようになっ
   たのだといわれています。
画像

  「柿」は、市川団十郎家(成田屋)の家の色で、歌舞伎十八番
  (成田屋の家の芸)などで役者や後見が、この「柿」色の素襖
  (すおう)や「柿」色の裃を着て登場することが多いのは家の色
  だからです。

浅葱幕 ( あさぎまく )   
  浅葱色[浅黄色]とよばれる鮮やかな水色の幕で、場面転換や
  舞台転換を観客に印象づける「振落し(ふりおとし)」や「振かぶ
  せ 」で使用されます。「振落し」は、舞台を覆っている幕を床に
  落とすことで、一瞬にして舞台が見える状態にする演出で、
  「振りかぶせ」は反対に舞台が見えている状態で、天井から幕
  を落とし瞬間的に舞台を覆う演出をさします。
画像

道具幕 ( どうぐまく )   
  立体的な風景が描かれた、大道具の幕です。「浪幕(なみまく
  )」や「山幕(やままく)」、塀を描いた「網代幕(あじろまく)」など
  がその代表として挙げられます。多くは、次の場面の大道具
  などを飾り付けている間に、観客の注意を引き付けておくために
  使用されます。
画像

霞幕 ( かすみまく )
  舞台上の「竹本 」や「 清元 」などの演奏者が、演奏していない
  間や舞台から出入りするのを隠すために使用されます。
  白い布に水色の雲が描かれた布で作られており、霞のよう
  なのでその名前があります。
画像

消幕 ( けしまく )
  舞台で殺された登場人物が、引込むのを隠すときに利用される
  幕です。武士の世界を描いた「 時代物 」では緋毛氈 )を、町人
  の世界を描いた「世話物 」では黒布を使用します。

袖幕 ( そでまく )   
  舞台上下の端にあり。舞台袖の見切りを隠すための黒幕。
画像

揚幕 ( あげまく )
  花道の出入り口に吊る幕。揚幕と言うからには上下に上げ下げ
  して開閉するのかと思ってしまうが、さにあらず。横に引きあけて
  開閉します。 役者さんの出があるときはチャリンという音がする
  ので注目すべし!
画像

一文字幕 ( こいちもんじまく )
   舞台上部にあり、吊り物(大道具バトン・照明器具など)を客席
  から隠す舞台間口いっぱいに細長い黒幕をいいます。
画像

祝い幕 ( 贈り幕 )
  歌舞伎役者の襲名披露公演のときなどには、「何代目〇〇丈江」
  等の文字や役者の家紋が入ったはなやかな幕がかかります。
  図柄は、吉祥柄や演目にちなんだものなどが描かれます。
  贔屓客やスポンサーが寄贈することから、この幕を祝い幕、祝儀
  幕、贈り幕などと呼びます。  定式幕同様、下手から上手に向
  かって開きます。  通常は幕の寄贈者名が入ります。
画像


幕に関連した雑学
・やはり析(き)をチョンと打ち鳴らしてからしめます。これを「幕切れ
 と言いますが、歌舞伎に限らず、一般 にも「あっけない幕切れ
 だった----」などと物事の終わりを言う言葉として使います。

・「幕の内弁当」というのも歌舞伎から出た言葉です。幕の内(開幕
 中)に食べるからだとか、幕と幕の間(これを幕間 --- まくあい、
 と言いますが)に食べるからだとか諸説はありますが、歌舞伎から
 出た言葉であることは間違いなさそうです。 ご飯は おにぎりと
 なっているのは、歌舞伎役者が、摘んですぐ食べられる様にした
 かららしいです。 

・物事がひっきりなしに続くことを「のべつまくなし 」と言いますが、
 これも歌舞伎で、幕を引かず(つまり休みなく)続けざまに演じられ
 る長丁場の芝居を指す言葉で、「のべつ幕無し」から転じた言葉
 です。

"歌舞伎雑学「 幕 」の種類" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント