「七草粥」を戴きました

今日1月7日は「 五節句 」の内「 七草の節句 」の日です。  中国では「 節 」は季節の変わり目と捉え、「 節句( 節供 )」とは、その節目に 五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄 等を祈り、神様にお供え物をしたり邪鬼を祓ったりする行事のことをいいます。  その五つの節句( 五節句 )は、奇数は縁起が良い日、偶数日は縁起が悪いと考えられていました。  

日本には 奈良時代 伝えられたとされており、江戸時代になると幕府、大名 更に 庶民へと その行事が広がりました。  明治時代 旧暦から新暦に 改められると「 五節句 」の精度は廃止されましたが、目出度いことなので年中行事として今でもその文化は定着しています。  五節句の日は下記の通りです。

 ・1月7日 人日( じんじつ )の節句( 七草の節句 )
  七草粥を食べて一年の豊作と無病息災を願います。

 ・3月3日 上己( じょうし )の節句( 桃の節句 )
  ひな祭りの日で、女の子の誕生と成長をお祝いします。

 ・5月5日 端午( たんご )の節句( 菖蒲の節句 )
  子供の日で、男の子の誕生と成長をお祝いします。

 ・7月7日 七夕( しちせき )の節句( 笹の節句 )
  短冊に願いを込めて笹に飾り願いを叶えます。

 ・9月9日 重陽( ちょうよう )の節句( 菊の節句 )
  宮中や寺院で菊を観賞する行事が行われます。

我が家も「 無病息災 」を祈って「 七草粥 」を戴きました。

DSCN7593.jpg

今時、スーパーに行くと 材料の「 七草 」がパックで販売されていますから。  今年も神奈川県産でした。

157834746848161508375-thumbnail2.jpg

七草と、その意味は
        ・芹(せり)…競り勝つ
        ・薺(なずな)…撫でて汚れを払う
        ・御形(ごぎょう)…仏体
        ・繁縷(はこべら)…繁栄がはびこる
        ・仏の座(ほとけのざ)…仏の安座
        ・菘(すずな)…神様を呼ぶ鈴
        ・蘿蔔(すずしろ)…汚れのない純白さ

157834746833845257254-thumbnail2.jpg

1月6日の夜に まな板 の上で包丁の背などでトントンたたいて細かく柔らかくし、翌日の朝に「 お粥 」に入れて「 七草粥 」として戴きます。  七草をトントンを叩く際に、邪気や厄病を追い払う「 七草の歌 」 七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン と唄いながら七草を叩くのです。

  
正月の料理で弱った胃腸を「 お粥 」を戴いて労るのも良いですね。  熱々のお粥が体を温かくしてくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント