湖東三山巡り【其の参(金剛輪寺)】

今日は「 湖東三山 」の内 二番目に訪れた「 金剛輪寺 」に就いて投稿しました。
00.jpg
00-1.jpg

「 金剛輪寺( こんごうりんじ )」の 山号は「 松峯山( しょうほうざん )、地名から「 松尾寺 」とも呼ばれています。  本尊は「 聖観音菩薩 」で、開基は「 行基 」です。
01.jpg
02.jpg
03.jpg

【 金剛輪寺の歴史 】
寺伝によれば「 聖武天皇 」の勅願で奈良時代の僧「 行基 」が開創とされ、創建は「 天平13年( 741 )」と伝えられています。  一時は 衰退していましたが、平安時代前期の「 嘉承年間( 848 - 851 )に天台宗の僧「 円仁( 慈覚大師 )」が比叡山 延暦寺より「 金剛輪寺 」に派遣されて以来、天台密教の道場とされ、延暦寺の末寺として天台宗の大寺院となりました。  その為寺では「 円仁 」を中興の祖としています。  創建伝承を裏付ける確かな史料はありませんが、伝来する仏像の制作年代などから推定して「 平安時代 後期 」には寺が存在したと見られています。  

又、「 源義経 」が「 木曽義仲 」追討の武運必勝を願い太刀を寄進したり、北条時宗が佐々木頼綱に命じて元軍降伏の祈願をしたともいわれます。  

江戸時代以降は次第に衰微し、楼門の二階部分が崩壊したり、三重塔の三重目部分が消滅したりしましたが、明治時代に入ってからの「 廃仏毀釈 」の難も乗り越え、 湖東三山の一つとして、現在は「 血染めのもみじ 」の古刹として有名な名所となっています。  

本来「 総門 」から入り、お参りするのが普通ですが、お年寄り等を考慮して、入り口で「 拝観料 」を払えば、参道の階段を歩いて上らなくても、舗装された道を車で 境内の 一番上にある「 本堂 」まで 一気に行けます。  カメラも重いし と自分に 言い聞かせて 参道を上らず本堂へ。  

当時の僧の「 機智 」により「 織田信長 」の焼き打ちによる焼失を免れた本堂大悲閣、三重塔、二天門 等があります。

ここから 歩いた順番( 本来とは逆 )に 写真で紹介します。  境内の地図を参照して下さい。
03-1.jpg

04.jpg

【 本堂大悲閣( だいひかく : 国宝 )】
「 元寇の役( 蒙古襲来 )」の戦勝記念として、時の近江守護職「 佐々木頼綱 」によって建立された本堂は、鎌倉時代の代表的な和様建造物として国宝に指定されています。  本堂の須弥壇金具に 弘安11年( 1288 )の銘が残っていますが、現存する本堂は南北朝時代に再興されたものとみられています。  堂内には本尊をはじめ、阿弥陀如来坐像、十一面観音立像など平安から鎌倉時代の仏像が安置され、その多くが国の重要文化財に指定されています。
05.jpg
06-1.jpg
068.jpg
067.jpg

梁間7間の内、手前の3間分を「 礼堂( らいどう )」とし、その奥の梁間2間分を「 内陣 」、最も奥の梁間2間分が「 後戸( うしろど )」となっています。  後戸は左右端の桁行各1間分を区切って「 堂蔵( どうぐら )」となっています。  向拝は設けず、縁は正面と側面の礼堂部分にのみ設けられています。  堂の背面中央には3間分の張出があり、この部分は閼伽棚( 仏前に供養する水や花の置き場 )となっています。  礼堂内には正面と側面に入側柱( 建物外周より一筋内側に立つ柱 )が立っていますが、これ等の柱は太く豪壮で、側柱( 建物外周の柱 )の4割増しの太さがあります。  組物は「 出組( 柱筋から肘木を1段持ち出した形式 )」、「 中備( なかぞなえ )」は「 間斗束( けんとづか )」となっています。  様式は和様を基調とし、正面柱間を全て蔀戸にするのは和様の特色ですが、内部の組物の拳鼻などに禅宗様の要素がみられ、拳鼻の彫刻の様式も、本建物を南北朝時代の建立と判定する要素の一つです。  本尊を安置する厨子は建築的細部をもつもので、入母屋造、檜皮葺きとなっています。  この厨子は建物と同時期の作とみられ、本堂の「 附( つけたり )」として国宝に指定されています。

本尊の聖観音立像は、行基が一刀三礼で制作した「 生身( なまみ )の観音 」と呼ばれる像で、他の多くの天台寺院の本尊と同様、秘仏となっています。  

冒頭書きましたが、天正元年( 1573 )、織田信長の兵火で湖東三山の1つである百済寺( 明日報告 )は全焼し、金剛輪寺も被害を受けましたが、現存の本堂、三重塔、二天門は焼失を免れました書きました。  当寺の本堂をはじめとする中心堂宇は総門や本坊のある地点から数百メートルの石段を上ったはるか奥にある為、見落とされ、焼き討ちを免れたのでは無いかという説もあります。

【 三重塔( 重要文化財 )】
「 待龍塔 」と呼ばれ、古文書によれば 室町時代の「 寛元4年( 1246 )」4月9日の記がありますが、様式的には南北朝時代の建築とみられています。 国宝の本堂より40年余り先に建立されました。  

織田信長の焼き討ちには免れたものの、近世以降は荒廃し、塔の初層と二重目の軸部、と組物がかろうじて残るだけで、三重目は無くなっていました。  現状の塔は昭和50年( 1975 )から 同53年にかけて修理復元されたもので、欠失箇所は同じ滋賀県内で 昨日 紹介した「 西明寺 三重塔 」を参考に復元したそうです。
08.jpg
09.jpg
010.jpg
016.jpg
  
【 二天門( 重要文化財 )】
本堂より遅れて室町時代中頃に建立、八脚門とも呼ばれる様に当初は楼門でしたが、江戸時代中頃に二階部分を取り除き、現在の一重になったと伝えられています。
013.jpg
018.jpg
019.jpg
020.jpg

【 千体地蔵 】
「 二天門 」から 下る参道の両側はサツキに囲まれた石段が続き、山岳城郭であった頃の趣を今なお残しています。
020-1.jpg
020-2.jpg
数百メートル続く参道の両脇や境内などに鎮座した 子供供養の「 お地蔵様 」の数は、「 千体地蔵 」と呼ばれていますが、実際には二千体を超え圧倒されます。  各々のお地蔵様には、よだれ掛けと風車が付いており、地元の人達によって大切に守られていることが分かります。  素朴な信仰の深さをしみじみと感じました。
021.jpg
024.jpg
029.jpg
030.jpg
034.jpg
035.jpg
036.jpg
039.jpg
040.jpg
046.jpg
048.jpg
050.jpg
052.jpg
053.jpg
054.jpg
054-1.jpg

【 地蔵堂 】
信徒の回向道場です。
051(地蔵堂).jpg

【金剛輪寺庭園( 名勝 )】
参道を下りて来ると 右手に、金剛輪寺の本坊「 明寿院( みょうじゅいん )」があります。  江戸時代の創建といわれ寺宝を多く保存し、かつて「 学頭所( がくとうしょ )」として使われていました。  この本坊の南・東・北の三方を囲む様に庭園があり、心の字池が庭を結んでいます。  

3つの庭は、作庭された年代が 各々異なる「 池泉回遊( ちせんかいゆう )・鑑賞式( かんしょうしき )」の庭園です。  桃山時代に造られた庭は、「 石楠花( しゃくなげ )の庭 」と呼ばれ、庭の中央に架けられた優雅な石橋のそばに、鎌倉時代に作られた「 苔むした 」多くの石が配され、品格のある雰囲気です。  

春になると、庭のそばにある護摩堂の カキツバタやシャクナゲ が鮮やかに咲き、華やかになります。  江戸初期の庭は金剛輪寺の主庭で、他の庭と趣が異なり、どっしりと落ち着いた雰囲気です。
055.jpg
056.jpg
057.jpg
058.jpg
059.jpg
060.jpg
061.jpg
062.jpg
065.jpg
066.jpg

【 総門 】
本来なら ここからですが。
071.jpg
070.jpg

この後 次の「 百済寺 」へ移動します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント