毎年恒例の「鴨鍋料理」に舌鼓

今日から「 京都シリーズ 」です。  

桜の咲く頃、お盆の前、そして 紅葉の頃 年三回 京都に帰っていますが、今年の春は「 コロナ渦 」の為に中止しました。  

紅葉の季節に帰った際は、滋賀県 近江今津 にある 「 丁字屋 」さんで「 鴨料理 」を戴く事からスタートします。  

皆さんご存知の「 鯖街道( 若狭街道 )」沿いにあり、歴史有る「 旅籠 」で、名物の「 鴨鍋 」を提供しています。
22.jpg
20.jpg
21.jpg
23.jpg
平成24年( 2012 )より、この「 丁字屋 」さんで 毎年 友達と「 鴨鍋料理 」を戴くのが恒例となっており、欠かすこと無く続いています。  

今年も 先月最後の週に行って来ました。  新幹線で橫浜から移動し「 京都駅 」経由で「 JR湖西線 」に乗り換え 約1時間程度の距離です。
01.jpg
02.jpg
  
只 今年は 列車が乱れて、何気無しに乗った「 新快速 」ですが、途中で 琵琶湖が 左手に見えました。  本来 乗車する路線は湖西線ですから 琵琶湖が 右に見えなければならないのですが。
03.jpg
慌てて「 草津駅 」で下りようとしたら、友達の「 かっちゃん 」が下車したら、山ちゃん の目の前で 電車のドアがバタンと仕舞ってしまいました。  タイミング良くホームに下りた「 かっちゃん 」の近くに 駅員さんがいたので、再度 ドア を開けて貰いました。  冷や汗の一瞬でした。  まぁ~ 今回は 此方のミスですが。

湖西線は 以前 同窓会の一次会を 琵琶湖で開催した時、地震で スケジュールが 狂って仕舞ったことや、強風で 湖西線が停まり、琵琶湖を JRで一周して帰ったことがありました。  

そして「 山科駅 」まで戻ると 数分で 湖西線が入線しました。  やれやれです。  この後 友達が営む「 池本酒造 」さん近くの「 西友 」で、家族の土産として「 鰻 」と「 肝 」を購入しました。  ホテルの冷蔵庫で保管すると 大丈夫ですと。  

此所では 他に「 鯉や鮒 」の煮たものも売っていますが、日持ちの関係で 持ち帰れないのです。  次回は 最後の日に変更したいと思っていますが。  幼い時に食べた料理と味は年を取っても忘れず、時折食べたくなります。  以前は 京都 伏見の 大手筋の 魚屋さんでも 売っていたのですが。
12.jpg
11.jpg
10.jpg

その後「 池本酒造 」さんで お酒を購入し、いざ「 丁字屋 」さんへ。
13.jpg
池本酒造の女将( 同期生 )が車で送ってくれ、途中迄 食事を一緒にしました。

歴史有る「 丁字屋 」さんの建物の玄関を入った先には 琵琶湖があり、遠くに竹生島や伊吹山を望むことが出来ます。  食事をしている時でも 湖の波の音が聞こえます。
60.jpg
60-1.jpg
60-2.jpg
DSC_1649.jpg

料理は、大きな土鍋に 採れたての野菜等と共に、大きなお皿に並べられた「 鴨肉 」を「 土鍋 」入れ、味付けは 砂糖と醤油 のみと至ってシンプルですが、その味は 絶品です。  

既に部屋は 料理が用意されています。  予定より30分の遅れです。

最初、「 池本酒造 」さんの 日本酒で乾杯した後
28.jpg
「 鯉の洗い 」を酢味噌を付けて戴きます。  何回も 戴きましたが 今年の「 鯉 」は甘くって身が引き締まっており 大変美味しく戴けました。
29.jpg
32.jpg
「 鯉のあらい 」は、父親が 大変好きで よく食べていたのを 思い出します。

次は 琵琶湖で獲れた「 モロコ 」を七輪で 焼いて 生姜醤油 で戴きます。
30.jpg
31.jpg
   
次ぎに出て来るのが「 鰻 」です。  予め 火 を通しているので、火鉢で温める程度です。
34.jpg
35.jpg

次は「 鮒寿司 」です。  この 発酵した味と匂いが好きですが、皆さんは 苦手の様子です。  大体 何時も「 山ちゃん 」が独り占めです。
33.jpg

いよいよ「 鴨鍋 」のお出ましです。  「 待ってました~ 」  お皿に並べられていた、大好きな青ネギ、椎茸、豆腐を入れ、その後で鴨肉を、最後 醤油と砂糖で味付けをします。
40.jpg
40-1.jpg
41.jpg
42.jpg
43.jpg
44.jpg
45.jpg
  
土鍋に蓋をして待つこと暫し。  その間に お酒を飲みながら、硝子窓越しに 琵琶湖の景観を楽しむ事が出来ます。

そろそろ 戴けますよ~ と、小鉢に取った 戴きます。  鴨と葱( 青葱 )って 結構合いますよ。
46.jpg
47.jpg

最後は「 うどん 」と「 豆大福 」で〆と相成りますが、もう お腹は パンパン 状態です。
49.jpg
48.jpg
50.jpg

何時もながら、美味しい料理、お酒、友達との会話に あっという間に 時間が過ぎ、気がつけば 辺りは 薄暮の状態です。  

湖の畔を歩いて「 近江今津駅 」に移動します。
DSC_1662_stitch.jpg
DSC_1667.jpg
   
この後「 近江今津駅 」から 京都に移動しました。
DSC_1676.jpg
DSC_1683.jpg
DSC_1692.jpg
DSC_1694.jpg
琵琶湖大橋が見えます。
DSC_1699.jpg

最後 車窓から撮った夕刻の 琵琶湖の動画です。  D-850 にて撮影。

【 丁子屋 】   
住所:滋賀県高島市今津町今津56      
電話:(0740)22-2040   

【 池本酒造 】
住所:滋賀県高島市今津町今津221
電話:(0740)22-2112

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

SEKIA
2020年12月03日 08:07
湖西線と琵琶湖線の乗り間違いから始まった帰京の記事
さすが巨椋池一口出身の山ちゃんさん
野趣にとんだ味を堪能されましたね
僕は鮒寿司は苦手ですが美味しそうな記事なのでほっとしたら食べれるかもしれないと思いました
山ちゃん
2020年12月03日 14:48
いやいや お恥ずかしい事です。 是非 一度 訪ねて見て下さい。 この辺りを歩くのも楽しいですが、遠すぎますね。