高瀬川 と 京都市立立誠小学校跡

「 あぶり餅 」を戴いた後、河原町三条に移動。  此所から 四条通りまで、「 高瀬川 」に沿って散策です。
03.jpg
  
「 山ちゃん 」の「 高瀬川 」のイメージは「 春 」先斗町の友達の店( 現在 閉店 )で 飲食の後、桜を見たことくらいで
IMG_9467.jpg
今回初めて 川沿いに歩いた次第です。

「 高瀬川 」は、江戸時代初期 京都の豪商だった「 角倉了以( すみのくらりょうい )・素庵( そあん )」父子によって、慶長16年( 1611 ) ~ 19年( 1614 )の期間を経て完成した、京都の中心部と伏見とを結ぶ物流用に開削された運河です。
04.jpg
12.jpg
10.jpg

この工事の発端は、慶長15年( 1610 )、方広寺大仏殿の再建で、資材や木材の運搬の命を受け、鴨川( 鴨川運河 )で運ぶことを考えたのですが予想以上の困難な事業で、より良い水運として京と伏見を結ぶ、高瀬川の開削を願い出たことが始まりです。  

二条大橋の南で「 みそそぎ川( 鴨川 )から取水し、木屋町通沿いの西側を南下し十条通上流で鴨川に合流。  かつては鴨川を東へ横断し、竹田街道と並行して西へ、そして「 濠川 」と合流し伏見港を通って宇治川に合流しました。  現在は鴨川によって京都側と伏見側に分断されており、上流側を高瀬川、下流側を東高瀬川呼んでいます。

往事の「 高瀬川 」は、二条から四条に掛けて、荷物の上げ下ろしや船の方向転換をするための「 船入 」や船回し( 回転場所 )がありました。  只、9箇所のあった舟入は 現在二条通南側の「 一之船入( 名勝天然記念物 )」を除き、全て埋め立てられてしまいました。   又 七条には「 内浜 」( うちはま )と呼ばれる船溜まり( ふなだまり : 船舶を停泊させておく場所 )がありました。   内浜の設置は、慶安元年( 1648 )からの「 渉成園( しょうせいえん : 東本願寺の飛地境内地で、池泉回遊式の庭園 )」の建設などに合わせ、御土居の付け替え、高瀬川の流路の変更とともに行われました。  内浜の名は、御土居の内側に位置したことに由来します。
08.jpg
  
水深が約30cmと浅い高瀬川は船底が平らな「 高瀬舟 」
Takase-bune.jpg
が航行し、舟には船頭が乗り、曳き子が岸から綱で引っ張っていました。  最盛期には700名の曳子( ひきこ )、高瀬舟を人力で曳いて歩くための曳舟道が設けられ159隻の高瀬舟があったといわれています。
05-1.jpg
開削費用は今のお金にして約150億円。  開削費用以外高瀬舟の造船費用にも私財を投じました。  その後、運河航行の使用料を徴収することで莫大な利益を得たといわれています。  川の名称はこの水運に用いた「 高瀬舟 」に因んでいます。

明治27年( 1894 )に琵琶湖疏水が通じると、輸送物資の役割分担によって共存を図ろうとしたものの物資輸送量は減少し、大正9年( 1920 )に水運は廃止されることになりました。   この頃に「 高瀬川 」を暗渠化し、路面電車の木屋町線を拡幅する都市計画道路が検討されたが、地元住民の反対により「 河原町通り 」に変更されたのです。

高瀬川を四条方面に歩くと「 木屋町蛸薬師( きやまちたこやくし )」付近に 今年7月21日にオープンした複合施設( ホテル、店舗、多目的ホールなどが入居 )の「 立誠ガーデン ヒューリック京都 」があります。  この建物は、元「 京都市立立誠小学校( きょうとしりつりっせいしょうがっこう )」でした。  学制創設以前の「 明治元年( 1869 )に開校した所謂「 番組小学校 」の一つで、建物は昭和2年( 1927 )に完成した鉄筋コンクリート造りの校舎です。  京都市内に現存する最古の鉄筋コンクリート造でしたが平成5年( 1993 )3月に閉校となり、その後はイベント等に使われていました。
14-1.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg
18.jpg
19.jpg
20.jpg

平成29年( 2017 )、不動産業を営む「 ヒューリック( 本社東京 )」と地元自治会の立誠自治連合会、京都市が元立誠小学校跡地の活用計画に合意し、PPP ( Public Private Partnership )事業として開発され、「 立誠ガーデン ヒューリック京都 」がオープンした訳です。  この校舎跡をリノベーションした3階建の「 School house( 既存 )棟 」と、西側にある8階建の「 新築棟 」そして「 立誠広場 」等から構成されています。  

四条通に出る前、高瀬川の西側に 喫茶店「 ソワレ 」があります。  生憎この日は休みでした。  ゼリーポンチが有名らしいですが、友達の話によると 若い女性達の間では、以前訪れた「 フランソワ派 」と「 ソワレ派 」の二つの「 派 」が有るらしいです。  

下の水彩画は 「 山ちゃん 」の知り合いの 画家「 岸本信夫 さん 」が描かれた「 ソワレ 」です。  リンク先は FaceBookですが、私のブログの トップ画面 右上の リンク先 からも 同氏のブログ が見られます。
22.jpg
23.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント