レインボーブリッジ&お台場【其の弐:お台場の歴史】

今日はシリーズ【 其の弐 】として「 お台場 」の歴史に就いて書きました。  

アップした写真の一部は 以前NHKで放送された「 歴史探偵 お台場特集 」で放送されたシーンをハードコピーして使っています。  昨日と同じ地図ですが 添付しました。
001.jpg

【 お台場 築造の経緯 】
慶長8年( 1603 ) 徳川家康が江戸に幕府を開いて 250年経過した 幕末の嘉永6年4月( 1853年7月 )、マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が 江戸湾 入り口の浦賀に来港し、長い「 鎖国 」の眠りから覚ますことになりました。  所謂「 黒船来航 」です。
009.JPG
ペリーは開国を促す大統領フィルモアの親書、提督の信任状、覚書などを手渡し、返答に1年の猶予を残し再来航する事となりました。  この時以降を「 幕末 」と呼びます。  

歴史で習いましたよね。「 「 泰平の眠りを覚ます上喜撰( じょうきせん )たつた四杯で夜も眠れず 」。

幕府は 危険を感じ、ペリーが去った後すぐさま江戸湾の海防強化の検討に入り、江戸湾巡視の結果、内海防備のため、江戸の海岸線から2Kmの距離にある湾の中に「 台場築造 」を決定しまた。   計画は、西洋の築城書・砲術書などを参考に、南品川猟師町( 品川洲崎) から( 深川洲崎 )に掛けての海上に「 11基の台場 」を築造しようとするものでした。 

「 お台場 」と「 お 」が付いているのは 幕府に敬意を表した呼び方の為です。  

工事期限は約1年です。  工事は嘉永6年8月末から着手され、昼夜兼行で進められました。  人夫は「 第一、第二、第三 台場 」築造時で約5千人にも及び、総築造経費は75万両( 約700億円 )という膨大なものでした。  当初は11の台場を築造する計画でしたが、最終的に6台場が完成し、徳川将軍家に近い親藩・譜代とそれに準ずる家格を持つ大名「 川越藩( 第1台場 )、会津藩( 第2台場 )、忍藩( 第三台場 )の3藩 」によって、慶応4年( 1868 )の「 幕府崩壊直前 」まで江戸湾整備の拠点として警備が行われていました。

以下に「 台場 」を纏めましたので参照して下さい。
004.jpg

【 お台場の基礎工事 】
平成23年( 2011 )第5台場の発掘調査が行われました。  その際 基礎には、現在の東京 奥多摩の木( 多分松だろうと推測 )を伐採して杭として海中深く打ち込んで基礎工事を行ったのが分かりました。  木の長さは 長いので 6m で、 1台場に 何千本の杭が打ち込まれたのが判明しました。  又、伊豆、相模、房総から切り 出した石( この石は 江戸城の石垣にも用いられています )を組見込み、更に品川や高輪の台地( 八ツ山 や 御殿山 )を切り崩して 調達し、台場 を造り上げました。  その為に東海道の高輪通りを昼間は通行止めにしたそうです。
019.JPG
この技法は 日本では 古くは 城の基礎工事をする際に使われ、東京丸の内の 三菱銀行1号館の基礎
007.jpg
008.jpg
038.JPG
又 東京駅 - 有楽町駅 間の 基礎工事にも 採用されていました。  随分と前「 ブラタモリ( アシスタントが久保アナウンサーの時 )」の「 有楽町特集 」の際にも説明されました。
034.JPG
035.JPG
036.JPG
037.JPG
039.JPG
040.JPG
041.JPG
042.JPG
海外では イタリアのベネチァ が、元干潟に建物を建てるため、大量の丸太の杭を打ち込みそれを建物の土台としたことでも有名です。

【 お台場の特徴と防衛能力 】
・擂り鉢状( 窪地 )
現在の「 第三台場 」は陸続きで「 台場公園 」となっており見学が出来ます。  四方( 160m / 辺、5~6mの石垣 )を土手で囲み、凹型の中央部は 約10mの高低差となっています。  これは 凹みを付けた事で、攻撃を受けた際 中心部に落下した弾が 土手にある 大砲 に大きな損害( 影響 )が出無い様に工夫されています。  又 実際に土手を歩くと 土手が「 凹凸 」になっているのが分かります。  土手に弾が落下した時、凸の部分が「 土塁 」の役を果たし、隣の大砲に 大きな影響が出無い工夫です。
011.JPG
012.JPG
013.JPG
014.JPG
尚 第6台場は 現在無人島で、都の管理となっており、上陸には許可が必要です。

・最新の破壊力がある大砲
大砲は安政元年( 1854 )、九州佐賀藩の第10代藩主「 鍋島直正 」が藩内に設立した技術機関が設計し、 湯島馬場大筒鋳立場で造らせた最新式の洋式大砲で、当時世界最大級の破壊力がある「 80ポンド カノン砲( 青銅八十封度陸用加農砲、重さ30Kgの砲弾を発射 )」を採用し 土手の上に配備しました。  

この大砲は「 靖国神社、遊就館 」の右側に展示されています。
043.jpg

・台場は五角形
第三台場と第七台場を除いたお台場は 全て五角形となっています。
002.jpg
以下の写真は 戦後に撮られた空中写真です。  台場の形状が分かります。
015.JPG
016.JPG
これは 四角形だと 大砲の弾の飛ぶ軌跡は 4方向で均等( 赤色破線 )となりますが、もう1辺 加えた 五角形( 青色破線 )にする事で 砲撃の集中する箇所が生まれるからです。  

実は 江戸湾の西側は 水深が深く 江戸湾の奥に入るためには この水深の深い航路が必要不可欠で、幕府はこれに目を付け集中砲火出来る 五角形の台場を考えたのです。
003.jpg
  
・江戸湾の水深
江戸湾は4Km手前迄は 水深が5m程。  その為に 黒船が 江戸湾の奥深くに侵入する場合は 水深の深い所を航行せざるを得ず、その為 台場は その航路 を通る事を想定した 配置となっています。  又黒船の射程距離は 1500m程有るが その大砲は 黒船の 右舷と左舷に 取り付けられており 進行方向に大砲を撃つことが出来ず、方向転換をしなければならず そこに集中攻撃を考えていたと予測出来ます。
47.jpg
017.JPG
DAIBA6.jpg

・英国の評価
文久3年( 1963 )発行の 英国の海軍資料によると 台場の軍事力に対し「 江戸湾の要塞 台場への攻撃は途方も無い代償を支払うことになり、崩すのは極めて困難 」と記しています。
018.JPG

・台場の死角
基本 黒船は 水深の深い所を航行すると予測していたので、東側は 死角となっていました。

【 想定外の事件 】
ここで 想定外のことが起こるのです。  それは予定より 数箇月早く 嘉永7年1月( 1854 )に来てしまったのです。
021.JPG
それには ロシア艦隊の影響などがあるのですが。  慌てたのは「 幕府 」です。  と言うのは その時はまだ台場が「 3台場( 第1、第2、第3 )」しか完成していなかったのです。
022.JPG
6台場が完成していたら 勝つ自信のある 幕府ですが、3台場では ペリー艦隊と戦うと勝利難しいことになります。

ペリーは 鎖国を止め、開国と貿易を要求しました。  同月28日に幕府は 緊急会議 を開催しましたが、意見は二つに分かれました。

・穏健派( 開国推進派 ) : 彦根藩主  井伊直弼
・戦争派          : 前水戸藩主 徳川斉昭

当時 幕府の中心に居たのが 江戸時代末期の備後福山藩第7代藩主で、老中首座を務めた「 阿部正弘 」です。
46.jpg
当時 長州藩( 現在の山口県 )は まだ討幕の気運は無く、大筒( 大砲 )を多く鋳造し「 海防 」に備えていました。  ここで 老中「 阿部正弘 」は 長州藩に 対し船で警護出来ないか 相談しました。
031.JPG
それに対し 大船50艘( 御座船 兵隊を運ぶ船 大きさ 30m)
025.JPG
と 小舟( 押送船 大きさ12m程度で当時 最もポピュラーな船 )
026.JPG
200艘を用意し、隅田川の早い流れにのって奇襲すれば 勝利出来るとの返事を出しました。
027.JPG
これにより 老中「 阿部正弘 」は「 勝利の方程式 」を得たのですが、この後 水戸藩浪士による「 桜田門外の変 」が起こり「 井伊直弼 」は暗殺されて仕舞います。

【 日米和親条約 】
嘉永7年2月19日( 1854 )、橫浜にて、アメリカと外交交渉に臨むこととなり、幕府は「 勝利の方程式 」は得ていたのですが、 戦争を望まず、水や石炭を与えるとの回答を出しました。  結局 幕府は「 戦争を回避し平和 」の道を望み、3月3日 日米和親条約( 日本語では「 日本國米利堅合衆國和親條約 」、英語では「 Convention of Peace and Amity between the United States of America and the Empire of Japan 」を 今の 橫浜にある「 開港資料館 」近くで締結したのです。
148486022472422688177_004-1.jpg
45.jpg

下は 日本語と英語の2つで書かれた「 日米和親条約 」です。
48.jpg
044.gif

この背景には お台場で勝利出来たとしても 同じ事が 江戸以外で起きた時 防御出来ない事、例えアメリカに勝利しても ロシア・イギリス・フランス等が 交渉に来る可能性もある事。  更にモリソン号事件アヘン戦争による清国の敗北で清国の一部 香港が イギリスの植民地となった事等 世界情勢を鑑み 幕府は 平和的 解決を望んだのです。
Destroying_Chinese_war_junks,_by_E__Duncan_(1843).jpg

締結のポイントは
・アメリカの遭難船があったら助けること
・日本でのアメリカ船への食料や燃料( 石炭 )などの補給を
 認めること。 開港地は 下田( 領事館の設置 )と函館とする。
・アメリカとの貿易を認めること( 合意に至らず )。 
 4年後に 不平等の締結時 日本人の中に「 英語 」が出来る人が
 いなく、「 日本語 - オランダ語 - 英語 」と、オランダ
 語を介して行われました。  唯一「 ジョン・万次郎 」が
 いましたが、アメリカのスパイかも知れないと 疑われ通訳が叶わ
 なかったのです。  その後ハリスがやって来て貿易を要求し、
 2年後の安政4年( 1858 )、日本にとって不平等な内容だった
 「 日米修好通商条約 」を結び、貿易をも認めてしまうことになる
 のです。

【 その後の お台場は 】
結局 台場の大砲は 一度も使われる事も無く その役目を終えることとなりました。  この事は 幕府崩壊の引き金の一つとなる一方、文明開化が始まるのです。
005.jpg


【 その他 】
調べていたら「 台場の地盤 」の文献が見つかりましたので、リンクしておきました。

お台場の話から 随分と逸れて仕舞いました。  面白かったのでついつい。  明日からは 「 レインボーブリッジを歩いた事 」と「 レインボーブリッジ から見たお台場 」、そして「 第3台場 」を見学して事に就いて書きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント