猿楽塚古墳 と 猿楽神社

旧山手通りに面した「 旧朝倉家住宅 」と「 エジプト大使館 」の中間地点「 代官山ヒルサイドテラス 」の敷地内に、都心に残った古墳の一つがあります。
1280px-Hillside_Terrace_A_B_2010.jpg
以前「 田園調布古墳群 」と「 芝丸山古墳 」の事を書きましたが 此所の古墳も、説明されない 小さいので分かりません。

途中 旧山手通りの「 道標 」に 以下の事が書かれています。
DSC_6298.jpg
 
「 古墳時代の円墳 猿楽塚 」主墳( 北塚 )と副墳( 南塚 )から成る。 昔、源頼朝がここで猿楽を催し、それが名前の由来との説もあるが実は二つとも古墳時代の円墳。 区境をはさんで主墳は渋谷区、副墳は目黒区にある。  昭和27年時の地図です。
S27.jpg

上り口に立派な木の鳥居が立っています。
DSC_6273.jpg
DSC_6282.jpg
「 鳥居の手前の説明板 」に 以下のことが書かれています。
DSC_6271.jpg
「 猿楽塚( さるがくづか )区指定史跡 」 ここにあるこんもりした築山は、6~7世紀の古墳時代末期の円墳で、死者を埋葬した古代の墳墓の一種です。 ここにはその円墳が2基あって、その二つのうち高さ5mほどの大型の方を、むかしから猿楽塚と呼んできました。 この塚があることから、このあたりを猿楽といい、現在の町名の起源となっております。 ここにある2基の古墳の間を初期の鎌倉街道が通っていて目黒川へくだっていました。 渋谷区にように開発が早くからはげしく行われた地域に、このような古墳が残されていることは非常に珍しいことです。 渋谷区教育委員会

「 猿楽塚 」の補足説明です。  猿楽塚の基底部の直径は 約20m、高さ約 5m程度で、過去に調査が行われていないいなので詳細は不明です。 江戸時代の書物によると、源頼朝がこの地で「 猿楽( 申楽 )」を開催し、その時の道具を埋めたという伝説があるが疑わしいとされています。  又、渋谷の長者がこの辺りで近隣住民と宴を催して楽しんだことから「 我が苦を去る 」という意味で「 去我苦塚 」という別称があることも記述されています。

もうひとつ説明板には 神社縁起が書かれています。
DSC_6274.jpg
DSC_6275.jpg

「 猿楽神社縁起 」 古よりこの地に南北に並ぶ2基の古墳があり、北側に位置する大型墳を猿楽塚と呼称している。この名称は江戸時代の文献「江戸砂子」「江戸名所図会」等に見られ、我苦を去るという意味から、別名を去我塚と称したとも言われている。6~7世紀の古墳時代末期の円墳と推定され、都市化その他の理由により渋谷区内の高塚古墳がほとんど煙滅したなかで、唯一現存する大変貴重な存在であり、昭和51年3月16日に渋谷区指定文化財第5号に指定された。

この地に移住する朝倉家は戦国時代からの旧家であり、遠祖は甲州の武田家に臣属し、後に武蔵に移り、中代より渋谷に住み、代々、無比の敬神家として、渋谷金王八幡宮と氷川神社の両鎮守への参拝を常とし、また氷川神社改建の折にも尽力している。

朝倉家では、大正年間に塚上に社を建立し、現在、天照皇大神、素戔嗚尊、猿楽大明神、水神、笠森稲荷を祀り、2月18日、11月18日を祭礼日と定めて、建立以来、一族をはじめ、近隣在郷の信仰を集めている。  平成14年11月18日 朝倉徳道 撰

お気付きだと思いますが、「 猿楽塚 」の上に「 猿楽神社 」が鎮座しているのです。  螺旋状の石段を上った所に「 猿楽神社 」があります。  皆さん結構 お参りに来ておられました。
DSC_6277.jpg
DSC_6279.jpg
  
直ぐ横に 小さな社がありました。
DSC_6280.jpg
この後ろが有名な 代官山ヒルサイド です。

帰宅してから、もう一つの「 副塚 」が有るのを知りました。  以下の文と写真は ブログ「 古墳ナウ 」から引用させて戴きました。  もう1基の「南塚」です。  旧山手通り南側の代官山ヒルサイドテラスの敷地内に保存されている、2基の古墳のうちの1基で、「 東京都遺跡地図 」には渋谷区の遺跡番号51番の古墳として登録されており、№50番の猿楽塚( 北塚 )を含む遺跡範囲のすべてが、渋谷区指定史跡となっています。
20200303073437924.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント