踏切で「渋谷ヒカリエ号」と出会いました。

前回 カーボン山に行った時、踏切で「 緑色のラッピング電車 青ガエル 」と遭遇した事を書きました。  先週 再度 カーボン山 に行った時、今度は「 SHIBUYA HIKARIE号 」と出会いました。  駅のホームで見掛けることはありますが、間近で見られる機会は中々ありません。

この電車は 渋谷にある「 渋谷ヒカリエ 」の開業1周年を記念して、「 総合車両製作所 」横浜事業所で製造され、平成25年( 2013 )4月26日から運転を開始しました。
DSC_6901.jpg
DSC_6905.jpg

車両は 東急5000系・4110F編成で、外装は「 渋谷ヒカリエ 」をイメージしたゴールドに、渋谷ヒカリエの外観のデザインとなっています。  室内は、3種類のデザインに分かれ、1・3・8・10号車はオフィスや渋谷ヒカリエ外観の透明感をイメージ、2・4・6・9号車は遊び心を表現した賑やかなイメージ、5・7号車は東急シアターオーブや飲食フロアをイメージした格調のあるイメージとなっており、シートの背もたれがこれまでの5050系よりも高くなり、袖仕切りの形状が異なる。照明はLEDが採用されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント