菊名神社を訪ねました

横浜市港北区「 菊名 」の地には、昭和の初期まで「 神明社( 天照皇大神 )」、「 杉山神社( 日本武尊 )」、「 浅間神社( 木花咲耶姫命 )」、「 八幡神社( 譽田別命 )」、「 阿府神社( 武内宿禰命 ))の5社が村社として地元の人々の信仰を集めていました。  

記録に残るものとして、「 阿府( あぶ )神社」で、その歴史は「 任和元年( 885 )に遡るといわれております。  時の天皇、「 光孝天皇 」が師岡に勅使を遣わされ熊野神社を創建した時、勅使がその途上、馬具の鎧を奉納したことからその名が付いたと言われています。
01.jpg
02.jpg
04.jpg

この5社が昭和10年( 1935 )、菊名公園となっている「 杉山神社 」の地に合祀され、名が「 菊名神社 」と改められました。  太平洋戦争の後、同所を保健所建設用地として提供するため、当時の八幡神社の地( 現菊名神社の地 )に社殿を移設し、現在に至っています。
03.jpg
06.jpg
05.jpg

平成23年( 2011 )、大々的な社殿改修工事 が終えました。
DSCN6526.jpg

DSCN6531.jpg
DSCN6532.jpg
新たに完成した拝殿の天井には、中心に「 菊 」の花を配し、四方には「 がまんさま 」によって守られる24枚の天井画が飾られており、テーマは「 菊名の絆 」となっています。  社殿は新しくなっても、「 菊名 」の総鎮守として以前と同様、この地の人々とともにあることを示しているのです。
EPrhhJcUcAESdDt.jpg
EBL4DsFUwAYFaSN.jpg

御祭神は
  ・誉田別命( ほんだわけのみこと )
  ・天照皇大神( あまてらすすめおおみかみ )
  ・日本武尊( やまとたけるのみこと )
  ・木花咲耶姫命( このはなさくやひめのみこと )
  ・武内宿禰命(たけのうちすくねのみこと)

先程 拝殿の天井に・・・で「 がまんさま 」という、聞き慣れない言葉が出て来ました。  実は 鳥居を潜って直ぐ左手に「 手水舎 」があり、四方の支柱を支えている「 鬼の石像 」のことです。
07.jpg
DSCN6521.jpg
DSCN6523.jpg
寛政年間( 1786 ~ 1801 )に築かれたと伝えられるこの「 がまんさま 」は、長い年月( 220年以上 )苦難に耐え、同じ仕事に飽きる事なく手水鉢をささえているその「 がまん強い 」姿から、人の道も努力・忍耐こそが開運を招く基であるとされています。  四体それぞれ顔が違います。  このことは 拝殿 右手に書かれていました。
DSCN6530.jpg

以前 この神社の方が「 がまんさま うどん 」なるものを作って 売っていました。  一時期 テレビ( ちぃ散歩だったかな? )でも採り上げられましたが、今は商売していない様子です。
large_image.jpg
  
この神社は 地元の氏子たちの手により 守られており「 例大祭( 毎年9月17日に近い第二又は第三土・日 )」では、神社から菊名駅近くまでには多くの露店が並び、提灯が掲げられ、夕方からは氏子の方々の奉納演芸もあります。  町会神輿・商店会神輿も氏子区域を巡礼し、お正月同様、最も活気のある日です。  一度 観に行ったら 時折食べに行く「 サンロード 」 のマスターとバッタリ会いました。  言った言葉が「 スパゲッテイの大盛は駄目ですよ~ 」と。  優しいお言葉を頂戴しましたが、恥ずかしかった。
p190912y001.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント