北鎌倉にある 駆け込み寺「 松岡山 東慶寺 」

「 北鎌倉駅 」に移動し 鎌倉街道を鎌倉方面に5分程度歩いた所にあります。
画像

この寺は「 縁切り寺 」、「 著名人のお墓 」があることで有名です。  作家「 井上ひさし 」は、平成23年( 2011 )「 文藝春秋 」で「 東慶寺花だより 」という「 縁切り 」を題材にした小説を執筆し、その小説を元に「 歌舞伎座 」で「 市川染五郎 」が主役で演じました。
画像
画像
画像

「 臨済宗円覚寺派 」の寺院で、「 山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺 」  今から約720年前、弘安8年( 1285 )に「 北条時宗夫人 」の「 覚山志道尼 」によって開創されました。  現在は男僧の寺ですがが、江戸時代には「 群馬県の満徳寺 」と共に「 幕府寺社奉行 」も承認する「 縁切り寺 」として知られ、女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていました。  夫と縁を切りたい女性は、当寺で3年( 後2年 )の間修行をすれば離婚が認められるという「 縁切り寺法 」という制度がありました。  但し、女性が駆け込んできても直ぐには寺には入れず、まずは夫婦両者の言い分を聞いて、夫が離縁状( 所謂「 三下り半 」)を書くことに同意すれば直ぐに離婚が成立しました。  又、実際は、離婚に至らず、調停の結果、復縁するケースも多かったと言われています。  このことは、明治に至る迄、600年もの永きにわたり、縁切りの寺法を引き継いできました。   明治4年( 1871 )に「 縁切りの寺法は廃止 」となり、尼寺の歴史も明治35年( 1902 )に幕を閉じました。  明治38年( 1905 )に「 釈宗演禅師 」が入寺して中興開山となり、新たに禅寺としての歩みを始めました。   師の高徳ゆえ、門下には居士、哲学者、政財界人多く、鈴木大拙もその一人でありで、のちに裏山に「 松ヶ岡文庫 」を設立、世界的禅文化の発展の拠点ともなりました。  現在では、かつての尼寺の風情を残す境地に、四季折々の花々が咲き、参拝客が訪れています。
画像

【 山門 】
階段を上ると小さな門が佇んでいます。  江戸時代には街道に面した大門があり、現在の山門は中門で男子禁制の結界だったらしいです。
画像
  
紫陽花の季節に鳴門「 山門 」に至る石段は「 紫陽花 」で埋め尽くされます。

【 鐘楼 】
山門を潜って左側に茅葺屋根の鐘楼があります。  現在の鐘楼は大正5年のもの。  梵鐘は観応元( 1350 )の「 補陀落寺 」の物です。
画像

【 紫陽花 】
訪れたのが5月末だったので、紫陽花はチラホラと咲く状態でした。
画像
画像
画像
画像

【 本堂 】
書院の門の先の同じ右側の中門の奥が「 本堂 」です。  明治時代の東慶寺には、寛永11年( 1634 )に「 千姫 」が寄進した仏殿が現在の菖蒲畑の奥の板碑のあたりに残っていました。  明治維新で寺領を失い修理も出来ずに荒れ果て、雨の日には「 本堂の雨漏りがひどくて、傘をさしてお経を読んだ 」という状態でした。  その仏殿は明治40年( 1907 )に三溪園に移築されましたが、西和夫は「 おそらく仏殿は維持が難しかったのであろう 」と推察しています。  その頃、中門( 現在の山門 )の石段の右に聖観音菩薩像を安置していた観音堂・泰平殿があり、後にこれを現在の白蓮舎の前、菖蒲畑のあたりに移築して本堂としましたが、これも大正12年( 1923 )の関東大震災で倒壊しました。   この時「 本尊両立の文殊・普賢も消失しています。  現在の本堂は昭和10年( 1935 )に建てられたものです。  本尊は釈迦如来座像。  寄木造の玉眼入りで、仏頭内側に墨書修理銘があります。
画像
画像
画像
画像

【 石畳の参道 】
何と言っても「 東慶寺 」の良い処は参道とその両側の風景、そして静けさです。  正に「 深山幽谷 」の雰囲気です。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

【 著名人の墓 】
冒頭お話ししましたが、文化人の墓が多いことでも有名で、檀家の墓地には鈴木大拙の他、西田幾多郎、岩波茂雄、和辻哲郎、安倍能成、小林秀雄、高木惣吉、田村俊子、真杉静枝、高見順、三枝博音、三上次男、東畑精一、谷川徹三、野上弥生子、前田青邨、 川田順、レジナルド・ブライスらの墓があります。  当日 文人の方が二人 個々のお墓を参拝されていました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

撮影5月30日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント