スピーカーのケーブル替えました

「 山ちゃん 」の趣味の一つに「 映画鑑賞 」があります。  中学校時代「 真空管ラジオ 」の組み立てから始まり、大学時代は アルバイトで貯めたお金で「 真空管アンプ( 自作 ) + スピーカー + レコードプレーヤー( 組み立て )」を一式揃えました。  最初に買ったレコードが「 I MUSCIの四季 」と「 フランクチャックスフィールドの 引き潮 」です。
画像
画像

就職してからは 専ら「 秋葉原 」通いで、会社の寮 には、自分で 木のホーン型スピーカーや、JBLの38cmスピーカーボックスを作ったりした自作大好きの友達もいました。  その友達の作ったスピーカーボックス は部屋のドアから出せず 窓から出した記憶があります。

その後 自作を止めて、既製品で揃え、音楽を聴くことから「 Audio + Visual 」の世界に 変わりました。  丁度10年前に 現在の自宅を建て替える際に 思い切って「 ホームシアター 」を導入することにしました。  随分とオーディオショップ「 AVAC横浜店 」に通いアドバイス を貰いました。  検討し始めた時は ホームシアターがまだ一部の趣味で、建築を依頼した会社( セキスイハイム )もノウハウが無く、一緒に「 AVAC 」に出掛けアドバイスを貰いました。  購入すると、そう簡単に機種変更は出来ませんし、壁や天井に 穴 を開ける事も出来ませんから。

そして 100㌅ 7.1Ch( リアスピーカー4個は天井に埋め込みました ) のホームシアターを設置しました。  色調整と音の定位置調整に 約1箇月程度掛かりましたが、最初に設置して以降、替えたのは プロジェクターのランプ( 寿命2000時間 )とブルーレイプレーヤーのみです。
画像

今回 NHK Eテレで放送された「 クラシックの特集 」番組を録画し 自室のオーディオセットで視聴、その後 ホームシアターで視聴したら随分中間の音( 特に バイオリン )の抜けが悪く、良く考えると自室のオーディオセットとホームシアターのセット( 勿論 アンプ、スピーカーは異なりますが )のケーブルに違いがあるのに遅まきながら気付きました。  ホームシアターのケーブルは添付されていた安物を使って居たのです。  ケーブルを交換する対象のスピーカーは フロントの RとL そして センターの3本です。  

家電量販店の オーディオコーナーに行って 結構お高いケーブルを思い切って購入しました。  1m単位で売られており、RとLのケーブルは各3m必要です。  持ち合わせのお金が足らずセンター用は次回としました。
画像

ケーブルを交換して 夜 同じソフトで視聴しました。  何と 音の抜けの良いこと。  変な所で ケチったので こんな物だと思って使っていました。  次は センタースピーカー用ケーブルを交換します。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント