重要文化財「氷川丸」を見学しました【其の壱】

「 山ちゃんの徒然日記 」を日頃読んで戴いている方は、時折 山下公園に停泊している「 氷川丸 」の写真を 陸から、そして海から ご覧になった事があると思います。
画像
画像
画像
画像

当の本人は横浜に住んで半世紀、何回 いや 何十回と「 氷川丸 」を見ていますが、船内を見学した事は有りません。  船内を見学したのは「 帆船 日本丸 」くらいです。
画像

この「 氷川丸 」は 海に浮かぶ( 固定されていません )「 重要文化財 」で「 日本郵船 」が 管理運営しています。  そして「 日本郵船歴史博物館 友の会 」に入会( 無料 )すると、「 日本郵船歴史博物館 」と「 日本郵船氷川丸 」の入館が割引になるのと、展示等のイベントのお知らせを送って貰うことが出来ます。
画像

「 中華街の牌楼 」を見て回り 少し疲れていましたが、折角近く迄来たことだし「 友の会のカード 」もあるので見学することにしました。  今日は「 氷川丸 」の生い立ちに就いて、明日は 船内を見学したのを写真と共にアップします。

大雑把に「 氷川丸 」に就いて触れます。  「 氷川丸の歴史 」から捉えると 大きく3つに分かれます。

   ① 建造から戦前まで
   ② 戦時中
   ③ 戦後

【 建造から戦前まで 】
「 氷川丸 」は、横浜船渠( 現三菱重工業横浜製作所 )で建造( 建造番号 S177 )された1万トン級の貨客船で、昭和3年( 1928 )11月に起工、翌年9月に進水、翌々年4月に竣工しました。  北太平洋航路( 米国 や カナダ )にて長らく運航されました。    

【 戦時中 】
太平洋戦争では 昭和16年( 1941 )日本海軍に徴用され「 病院船 」として運用されました。
画像
  
【 戦後 】
戦後は、帰国者の引き揚げ任務に従事し約 45千人を日本へ運びました。
画像

戦後、再び北太平洋航路で運航を続け
画像
画像

最後の航海は、昭和35年( 1960 )8月27日に横浜からシアトルへ出港し、10月1日に横浜に戻ると、同月3日に神戸に到着。  神戸から横浜に回航され、太平洋横断238回をもって航海を終えました。  乗船者は約25千人とされています。

一時期、解体する計画もありましたが 保存の声が強く、同年12月に「 宿泊施設を兼ねた観光船 」に転用されることになりました。
画像

この時、船尾の貨物施設やプロペラシャフトの撤去などを「 横浜船渠第一号船渠( 第1号ドック、現在日本丸メモリアルパーク )」で実施。  大規模な補修が実施され、昭和36年( 1961 )山下公園に係留されることになりました。  以後の所有は「 氷川丸マリンタワー株式会社 」となり、ユースホステル・見学施設として運営されました。  船内では船上結婚式、ビアガーデン、ライブ、サロン・コンサート、パーティ、年越しカウントダウンなどの催事・イベントが実施されました。
画像

平成15年( 2003 )、戦前より唯一現存する日本の貨客船で、船内のインテリアなども含めて貴重な産業遺産である為に、「 横浜市指定有形文化財 」に指定されましたが、入場者数が減少のため、平成18年( 2006 )12月31日でもって 氷川丸の運営を終了し、船体を「 日本郵船 」に譲渡することとなりました。

平成19年( 2007 )8月より船体の部分的な修繕・内装の修復を行い、翌年4月「 氷川丸 」竣工から78年目にあわせ、「 日本郵船氷川丸 」の名称で一般公開が開始されました。  

平成28年( 2016 )に「 国の重要文化財 」に指定されました。  本船の船名は、「 大宮氷川神社 」に由来しており、ブリッジの神棚には「 氷川神社 」の祭神が勧請され、保存船となった後も「 氷川神社 」を祀られているそうです。

以上「 氷川丸 」の歴史を書きました。

館長室 と 操舵室に就いては 訪れた日は 修復工事中だったので 見学は出来ませんでした。  次回 改めて行く予定です。
画像

【 性能 】
・総トン数 : 11、622t
・載貨重量 : 10、436t
・全  長 : 163.3m
・型  幅 : 20.12m
・喫  水 : 9.2m
・主 機 関 : デンマーク バーマイスター&ウェイン社( 当時 )製。
        複動式ディーゼル機関2基搭載2軸推進。
・航海速力 : 15ノット
・最大速力 : 18ノット
・旅客定員 : 一等船客 76名
        二等船客 69名
        三等船客 186名
・乗組員数 : 147名

【 客層 】
氷川丸のサービスの良さが評判を呼び、著名人を含む多くの賓客で賑わいました。  昭和7年( 1932 )の第11次航海では「 チャールズ・チャップリン 」が
画像

昭和12年( 1937 )の第47次航海では イギリス国王ジョージ6世の戴冠式から帰国の途にあった「 秩父宮夫妻 」が乗船。
画像

昭和14年( 1939 )の第59次航海では「 宝塚少女歌劇団( 現・宝塚歌劇団 )」の訪米芸術使節団一行がアメリカ公演を終了した後の帰国時に乗船するなど、華々しい活躍を続けました。

「 横浜中華街 」を後に「 氷川丸 」が係留されている桟橋に移動します。
画像
画像

途中「 山下公園 」には 童謡「 かもめの水兵さん 」の碑が建っています。
画像

実際の「 カモメ 」は、氷川丸の係留している「 鎖 」で見る事が出来ます。
画像

明日は 具体的に 船内を見学したのを 写真と共にアップします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント