歌舞伎「 小春穏沖津白浪 」とDVDラベル

先週 金曜日(5日 )のブログに、初春歌舞伎公演「 通し狂言 小春穏沖津白浪 ―小狐礼三― ( こはるなぎおきつしらなみ こぎつねれいざ )」が「 放送される事 」を書きました。
画像
録画した番組を「 ダビング 」を2枚して、一枚を「 歌舞伎大好き の 孫 」にプレゼントしました。    「 山ちゃん 」は散歩に行った後に、のんびりと観ました。
画像

河竹黙阿弥 」の原作。   時は室町時代。   大名「 月本家の家宝( 胡蝶の香合 )」
画像
が盗まれたことで起こるお家騒動を背景に、横領する側と月本家に縁を持つ盗賊達が繰り広げる奇怪なスペクタクルです。   

家宝を奪い合う2幕目が秀逸で、「 白狐の妖術を使う 小狐礼三( 尾上菊之助 )」
画像
と「 女盗賊・船玉お才( 中村時蔵 )」
画像
「 日本駄右衛門( 尾上菊五郎 )」
画像
画像
等が雪の一軒家から月光が差す山林へ、そして、桜満開の山へと雪月花三段返しの「 だんまり 」
画像
朱色に染まる千本大鳥居の上を走り回る「 小狐礼三 」の大立ち廻りが見せ場です。
画像
画像
画像
そして「 河竹黙阿弥 」作品で観られる「 七五調の台詞 」が花を添えます。 

「 新薄雪物語 の 花見 」、「 三人吉三 の 大川端 」、「 青砥稿花紅彩画 の初瀬寺 」、「 助六所縁江戸桜 の 三浦屋 」等を踏まえています。   この芝居、名作ではありませんが、趣向を凝らしているので、なかなか面白いです。
画像
画像
画像
   
今回の「 小春穏沖津白浪 」は四幕十場の構成で 3時間の長丁場。   国立劇場の広い舞台にその場、その場の中心人物たちがずらっと並ぶ光景は、華やかなこと。    これぞ歌舞伎の醍醐味ですね。   詳細は「 蘭鋳郎の日常 」さんのブログをお読みください。

【 補足説明 】
香合(こうごう)とは、香を収納する蓋付きの小さな容器です。   茶道具の一種であり、また仏具の一種でもある。香蓋とも書かれるが当て字。また合子(ごうす、ごうし)とも言います。   香炉は、お香を焚く道具。    香合は、お香を入れておく容器です。    刀剣と同じく「 家宝 」ともされます。
画像
   

ラベル作りました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント