江戸期の銀座は職人の街だった、そして現代へと【 其の壱 】

「 銀座 」といえば、「 高級ファッションの街 」、「 大人の街 」といったイメージがありますが、地名は、江戸時代の「 銀座役所 」に由来します。
画像
「 銀座 」そのものは「 豊臣秀吉 が銀貨の統一に向けて堺、京都の銀吹屋の職人達を集め、大坂に「 常是座( じょうぜざ )を設けたことに始まります。  「 銀座 」という座組織は幕府の為に銀貨を造る組織で、銀の買い入れや銀の管理、事務を取り扱う役所と、銀貨の鋳造を行う工場とがありました。   慶長8年(1603年 )江戸幕府を開いた「 徳川家康 」は、駿府にあった「 銀貨鋳造所 」を現在の銀座二丁目に移しましが、その場所の正式な町名は「 新両替町 」で、通称として「 銀座 」と呼ばれる様になりましたが、何時の時代もそうである様に、幾つかの不正事件が発生し、寛政12年( 1800年 )、「 銀座 」は「 日本橋 蠣殻町 」に移転させられてしまいましたが、「 銀座 」という通称だけは残って現在に至っているのです。
画像
正式な地名となったのは「 明治2年( 1689年 ) 」になってからです。   この碑は二丁目に建てられています。
画像
画像
しかしながら 同年「 明治政府 」によって「 銀座 」は廃止されました。  銀座の詳細に就いては「 銀座( 歴史 )」をご参照下さい。   尚「 銀座 」とその周辺は冒頭の「 古地図 」に番号を記入しましたので参考にして下さい。
画像
因みに金を扱う「 金座 」は 現在の日本銀行本店の処に、銀座には他に「 朱座( 朱を扱う )」、「 大判座( 幕府から特権を受けて贈答用の金貨を鋳造する )」、「 分銅座( 計量用の秤に用いる標準のおもりを制作、販売した )」等が有りました。    

「 銀座通り 」は、京橋から 新橋方向に向かって 1丁目から8丁目と「 銀座中央通り 」が貫いています。
画像
画像
そして「 4丁目 」から
画像
晴海通りに入り、東銀座に向かうと「 歌舞伎座 」が有りますが、この一帯は「 木挽町( こびき )」と呼ばれております。   「 木挽き 」とは、伐採された木を板状に切る事で、「 木挽町 」には、その職人が多く住んでいました。
画像
そして 今の「 歌舞伎座 」の手前には「 三十三間堀川( 中央通り と 昭和通りの間、約55mの川幅 )」という、江戸幕府が造った「 河川 」がありました。   これは 戦後、空襲で破壊された「 瓦礫を処理 」をする為に「 GHQ 」の命令で、手近な「 三十間堀 」への「 残土投棄 」の場所となり、昭和23年( 1948年 )から埋立が始まり、昭和24年( 1949年 )には埋立が完了し、水路としての「 三十間堀川 」は完全に消滅してしまったのです。   現在、東銀座にある「 晴海通り 」と 「 昭和通り 」の交叉点には「 三原橋交叉点 」と言う名前がつけられているが、これは「 三原橋 」がかって「 三十間堀川 」に架けられていた橋の名残です。   最初の写真には 橋の先に「 歌舞伎座 」が見えます。
画像
画像
画像
そして埋め立てられた「 三十三間堀川 」の道路です。
画像
何故「 三十三間堀川 」を造ったのか?   それは 運河を利用して、運ばれて来た「 丸太 」等を「 加工 」して、江戸城に運ぶ為の物流ルートだったのです。   又古地図に残る「 南鍋町 」
画像
「 弓町 」、「 鎗屋町 」には各々の職人が薯らしていた街を表すもので、江戸城に近いこの地には、将軍お抱えの職人たちが多く薯らしていたのです。   江戸の街造り、城造りには 職人が欠かせなかったのです。
画像
画像
画像
画像
画像
当然 人が集まると 必要な物は「 食べ物 」です。  「 日本橋 」には「 魚市場 」を置き、職人が手っ取り早く食べられる「 寿司 」、「 蕎麦 」、「 天麩羅 」等 江戸時代のファーストフードが生まれてくるのです。
画像
画像
画像
現在の「 銀座通り 」 と 「 みゆき通り 」の交差点には「 恵比須屋、亀屋、布袋屋 」といった呉服店が軒を並べ、日本橋の「 三井越後屋 」に匹敵する繁盛ぶりだったと言われています。   又、銀座には「 観世、金春、金剛 」の能役者達の拝領屋敷がありました。   能は江戸時代「 武士のたしなみ 」なので幕府から手厚く保護されていたのです。   唯一「 金春 」が住んでいた処は「 金春 」の名残が有るので 尋ねましたが、通りが「 金春通り」、ビルに「 金春ビル 」、そして 老舗の風呂屋「 金春湯( 幕末開業らしいです) 」が見受けられました。
画像
画像
画像
画像
金春流のお弟子さんは、後に「 金春芸者 」となり、現在の「 新橋芸者 」の基となりました。
画像
更に木挽町地域には芝居小屋が建ち並んでいました。   所謂「 木挽町三座( 山村座・河原崎座・森田座 )」がこの時代 反映したのです。
画像
又 幕府お抱えの絵師「 狩野派の狩野画塾 」があったことも有名です。   こうして、銀座は日本橋
画像
画像
を起点とする東海道の一部でもある銀座通りに大きな商店が「 賑わい 」を見せ、取り囲む川で活発な舟運流通が行われる一方、裏手に職人町が住む町でもあったのです。
画像


明日は「 其の弐 」へと続きます。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント