山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 お江戸の蕎麦 】

<<   作成日時 : 2018/06/11 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

今回 学生時代の友達と 東京・栃木・神奈川 を、観光( 江戸文化 )とグルメを、かなり詰まったスケジュールでしたが楽しみました。  計画の2週間程前の長期天気予想では 雨のマークが出ていましたが 日頃の行いが良い為、日光東照宮の帰り ほんの少し雨が降った程度で 晴天に恵まれました。( いや 暑かった と言った方が良かったかも )  特に最後の日、江ノ電 七里ヶ浜駅 から徒歩10分程度、崖の上にある イタリアンレストラン「 アマルフィイ デラセーラ( AMALFI Della Sera )」のオープンテラス席から見渡せる180度 オーシャンビューの眩いパノラマは最高でした。  スケジュールの中で、良かった ・ 美味しかった と思われる内容を何時もの通り シリーズでアップします。
画像

今日は、【 其の壱 】として、お江戸の蕎麦を堪能した内容です。

今回行った 老舗蕎麦屋は、「 神田藪蕎麦 」、「 室町砂場 」、「 神田まつや 」さんで 行った日は異なりますが3軒。 店の外観写真は順番通りです。
画像
画像
画像

お昼から 蕎麦を戴く前に「 燗酒 」を一緒に出て来る「 蕎麦味噌【 つまみ( あて )】」で チビリチビリと戴きました。  神田藪蕎麦で販売されている「 蕎麦味噌 」の中身は味噌、こぼう、砂糖、鴨油、一味唐辛子、鯖節、醤油、味醂等が練り合わされていると記載されていました。  舐める様に熱燗をやるのが Best です。  最初の写真は「 神田藪蕎麦 」の蕎麦味噌、二枚目が「 神田まつや 」の蕎麦味噌です。  当然ですが 店によって味が違うのも 楽しみの一つです。
画像
画像

「 神田藪蕎麦( 容器にはねりみそ と書かれていました ) 」の蕎麦味噌を購入しました。  蓋を開けると お味噌の匂いが漂います。
画像
画像

関西では 一般に「 アテ 」と呼ばれ呼ばれていますが、その語源は「 酒にあてがう 」食べ物からきていると言われています。  呼び方は違いますが、意味としては「 つまみ 」と全く同じ意味です。  因みに「 おつまみ 」という名称の由来は「 つまみもの 」から来ています。  手で摘まんで食べるものが多かったことから、こう呼ばれるようになったと言われています。  飲み屋で「 何かアテ頼んで 」と言われたら、「 つまみを頼んで下さい 」という意味になります。

「 つまみ 」の話を先に書きましたが 各々の店で戴いたものは
【 神田藪蕎麦 】
蕎麦寿司、ざる + お酒少々
画像
画像

【 室町砂場 】
昼食を食べたのにも拘わらず、目の前の老舗蕎麦屋「 室町砂場 」に直行。  「 ざる 」を戴き、勿論完食しました。
画像

【 神田まつや 】
鴨南蛮蕎麦、焼き鳥+お酒少々
画像
画像
画像

皆さん お江戸の老舗蕎麦屋の雰囲気と蕎麦を堪能して戴いた様子です。  蕎麦が細くコシが有るとの評価でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

リンク先

有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 お江戸の蕎麦 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる