山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜中華街の老舗お粥店「安記」

<<   作成日時 : 2018/06/08 05:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

今週で5月の主だったもののブログアップは終わります。  急に「 お粥 」を食べたくなって、横浜中華街の老舗お粥店「 安記( あんき )」に行って来ました。
画像


横浜中華街のお粥を食べさせてくれる店は「 謝甜記 」、「 謝甜記 貮号店 」そして「 安記 」があります。  最初の2店は数回行っているので、今回は「 安記 」に決定です。  山ちゃんの住んでいる処にも飲食店はありますが、横浜中華街の最寄り駅、関内迄 15分程度( 片道 170円 )で行けるので、手軽に行き 美味しい中華料理を楽しむ事が出来ます。

安記は 中華街大通りの露地の一つ「 香港路 」に入って 直ぐ右手にあります。
画像

その斜め前が 何回も 訪れたことがある「 海員閣 」があります。  海員閣は グルメ漫画「 美味しんぼ 」の第2巻にも登場した老舗店で、5月のゴールデンウィークにはオープン予定となっていましたが、まだ開店には至っておりません。
画像
画像
画像

「 海員閣 」は前述の通りお粥の専門店ですが、近くに住んでいる「 華僑 」の方を相手に 朝9時半から営業しています。  店の看板には「 広東料理 」と書かれていますが、入り口には 中華民国( 台湾 )の「 青天白日満地紅旗 」が掲げられているので 多分 台湾出身の店だと思われます。  心なしか、店の方々は他の中華料理店( 圧倒的に 中国系 )と比べ、客への応対の仕方が違います。  偏見か 中国系の店は 態度が 横柄な店が多いんです。
画像

奥に お婆さんが座っておられましたが どうも「 大女将 」の様で、どうぞどうぞと空いた席に案内して貰え、待つことも無く座ることが出来ました。  他の店同様 こじんまりとした店は家族経営が多いのです。
画像

「 山ちゃん 」は12種類の中から「 貝柱粥 」と 名物の「 モツ皿 」を、妻は 「 酸辣湯麺 」。  3品とも どちらかと言えば 薄味で 麺は「 細麺 」。  全体 美味しかったのは言うまでもありませんが「 モツ 」は随分と柔らかいのが特徴です。
画像
画像
画像
画像

年甲斐も無く お粥 だけでは 物足りず 「 豚バラ飯 」を頼みましたが、やはり 味も含め「 海員閣 」に軍配が上がります。
画像


食べていた途中、東京から来られた 4人の奥様達。  メニューの前に ビールで乾杯。  更に紹興酒をグビリ。  えっ こんなに食べられるのと思える位 色んなメニューを頼んでおられました。  世間話から ゴルフ談義、食べて 酔っ払って その内のお一人様 あぁ〜 内の人と 別々に寝てから 何年になるのかしら!? と 店に響く大声で!  思わず 吹き出してしまい、他のお客様も苦笑い。  その方 罰が悪くなったのか その後静かになって仕舞いましたが、幸せな方達でした。  ご主人は一生懸命働いておられるのに!

中華街の大通りを外れた店には、数多くの 家族経営の店があります。  一般方々やツァーの方々は 大きな店で食事されるのが 一般的ですが、露地にある 小さな店を探して食べ歩くのが 中華街の醍醐味です。  今回も 新たに「 刀削麺 」の店を一軒見つけました。  以前行った「 中華第一家 杜記 」より店は大きい様子。  次回楽しみです。
画像


住    所 : 横浜市中区山下町147(香港路)
電    話 : (045)641-3150
営業時間 : 9:30〜14:00、17:00〜20:00
定 休 日 :水曜日、年末・年始
二階はお座敷になっている様で、小宴会も出来そうです。

随分と前「 香港 」がイギリスの統治領だった時、香港島の「 Holiday in Hotel 」に宿泊した時、朝食に 外出して 朝粥を戴いたのを思い出しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

リンク先

横浜中華街の老舗お粥店「安記」 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる