山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 日光山輪王寺、日光東照宮、日光二荒山神社-4 】

<<   作成日時 : 2018/06/25 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は「 本地堂 」から「 陽明門 」迄を書きました。
画像
画像

【 本地堂( 薬師堂、重要文化財 )】
寛永の大造替の時に建てられた中で最大規模の建物で、「 総漆塗極彩色 」の華麗な建築物です。  「 本地堂 」は神社である 日光東照宮内に在りますが「 神仏分離令 」により、輪王寺の管轄で 寺院としての扱いになっています。
画像

「 本地堂の鳴き龍 」  堂内の、縦6m、横15mの巨大な檜板が30枚 はめ込まれた天井には、「 狩野永真安信( かのうえいしんやすのぶ )」によって描かれた8mの龍の水墨画があり、この龍は「 本地堂の鳴き龍 」と呼ばれている絵です。
画像

拍子を鳴らす場所が、顔から離れた場所では音が共鳴せず、全く鳴かない場合もあるそうです。  リンクした「 YouTube 」をご覧下さい。  

「 鳴き龍( 鈴鳴龍 )」と呼称されるに至ったのは、明治38年( 1905 )頃、天井に住みついた鳩を追い出す為、手を叩いた時に龍が鳴いているような現象が偶然発見され、それが「 鳴き龍 」として広まりました。  昭和36年( 1961 )火災によって焼失し、現在の建物は再建された物で、この時 狩野永真安信によって描かれた龍も焼けてしまい、現在の鳴き龍の絵は、日本画の「 堅山南風( かたやま なんぷう )」によって復元されたものです。  丁度 修学旅行の季節で、その一団が堂内に入っていたので諦めました。
画像

【 東西回廊( 国宝 )】
回廊は寛永12年( 1636 )に建てられたもので「 陽明門 」を中心に本社、祈祷殿、神楽殿、神輿社などを「 コの字型 」に囲んでいます。  この回廊は、彫刻で埋め尽くされており、胴羽目板に「 花鳥 、 動物 」等が、欄間には 空に浮かぶ雲等が「 一枚板の透かし彫り 」で彫られており、これ等の下絵は「 狩野探幽 」によって描かれました。
画像
  
【 陽明門( 国宝 )】
やっと「 陽明門 」に辿り着きました。  まずは「 陽明門 」をじっくりと 見学です。
・ 正面
画像
画像
画像

・ 背面
画像

・ 背面 北東より
画像
画像

・ 背面 北西より
画像

・ 獅子 一対
画像
画像

見れば見る程 江戸時代の技術の奥深さに感動します。

建物全体がおびただしい数の極彩色の彫刻で覆われ、この門の前で「 日が暮れるまで見ていても飽きない 」と言ったのは「 第三代将軍 徳川家光 」で、その言葉が端を発し、後「 日暮門 」と呼ばれる様になりました。  門の名は平安京大内裏外郭十二門の内の「 陽明門 」に由来します。   門の左右は袖塀を介して「 東西廻廊 」に繋がっています。  陽明門は他の社殿と同様、寛永13年( 1636 )の造替で、江戸時代の建築様式( 工芸、彫刻、絵画 等 )の文化全てが凝縮され詰まっています。   平成25年( 2013 )7月からの「 平成の大修理 」が行われ、平成29年3月に工事が終了しました。  「 平成の大修理 」で使用された 一辺 10cmの金箔が 24万枚( 現 金閣寺は約20万枚 )」使われ、「 総工費は約12億円 」と言われています。

以下 「 陽明門 」の特徴に就いて。

・ 特徴1
建築形式は三間一戸楼門。  規模は桁行( 間口 )約7m、梁間( 奥行 )約4m、棟迄の高さが 約11mです。  柱の間が3つあり、通用口が1.8m、左右に合計で約3.6m分の空き部分がある造りになっています。  表側に「 随身像 一対 」
画像
画像

裏側に「 獅子 一対 」 が安置されています。
画像
画像

随身像は、お寺の仁王像と同じ役割りを持っており、神に仕えて守護する者と言うことになります。  随身とは、平安時代の武装した格好の人形の事で、通常は「 左大臣 」と「 右大臣( 矢大臣 )」と呼ばれています。  左大臣の方が年若い武者、右大臣の方が年を召した武者で、右大臣の方が位が高いそうです。  以前 人形町の「 水天宮 」でも見掛けたことがありました。

・ 特徴2
屋根は「 入母屋造 」で、三角で尖った屋根と、曲線を持つ「 唐破風( からはふ )」と呼ばれる屋根が正面左右に据えられています。  正面唐破風下には後水尾天皇直筆の「 東照大権現 」の勅額が掲げられています。  

・ 特徴3
屋根は「 銅瓦葺き 」です。

・ 特徴4
「 日光東照宮 」の社殿は、陽明門の他、表門、回廊、唐門、拝殿、本殿等にも数多くの彫刻が見られます。  彫刻の総数は5、173体で、その内 508体が「 陽明門 」にあります。  更に人物の彫刻は156体 数えられます。  これ等の彫刻は単なる装飾では無く、徳川家康を「 神 」として祀る社殿において さまざまな象徴的意味を担っています。  人物彫刻には中国伝説や故事に取材したものが多く、鳥獣の彫刻には霊獣、霊鳥と呼ばれるもの、他に花鳥、地紋等が見られます。  龍馬( りゅうば )の彫刻は陽明門でしか見ることが出来ません。  人物の彫刻もこの陽明門と唐門のみしか存在せず、何故か唐獅子の彫刻が多いのが特徴です。  ほんの一部ですが「 人物の彫刻 」をご覧下さい。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

・ 特徴5
門に12本の柱( 正面4本、背面4本、中央4本 )があり、胡粉( ごふん、白い顔料 )で塗られた「 グリ紋 」と呼ばれる渦巻状の 地紋と鳥獣、草花が彫られている 白い柱で支えられています。
画像
背面にある左手2番目の柱は「 魔除けの逆さ柱 」と呼ばれ、「 グリ紋 」の向きが逆さまになっています。
画像

これは「 完成された建物はいずれ崩壊する。  逆に未完成であれば永遠に崩壊することはない 」との考えで、わざと未完成にし、一種の「 魔除けの役割り 」を演出しているのです。( このような逆柱は、本殿と拝殿にも各々1本ずつ合計で3本あります。 )

「 ワンちゃん 」も参拝に来ていました。
画像

ゴールデン・レトリバーを見ると お隣の家で飼われていた「 アンディ 」を思い出します。  大人しくて、小さな犬に吠えられたり、雷が鳴ると 引っ込んでしまう 人懐っこい犬でした。  近付くと 散歩に連れて行って貰えると思い 擦り寄って来ましたが、最後 老衰で死んでしまいました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

リンク先

有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 日光山輪王寺、日光東照宮、日光二荒山神社-4 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる