山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 日光山輪王寺、日光東照宮、日光二荒山神社-3 】

<<   作成日時 : 2018/06/22 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は 日光東照宮の見所の一つ「 神厩舎の 三猿 」からスタートです。
画像
画像

【 神厩舎( しんきゅうしゃ ) と 三猿( 重要文化財 )】
「 表門 」を出て 左側、「 三神庫 」の対面にあるのが、神厩舎「 ご神馬をつなぐ厩( うまや )」です。  日光東照宮は、動物をモチーフにした彫刻が多くあるのも特徴です。  長押( なげし )の上に猿の彫刻を施した8枚の浮彫画面があり、猿が馬を守る動物であるという伝承から用いられています。  この8枚には「 猿の一生 」が描かれており、ひいては人間の一生を風刺しています。  「 見ざる、言わざる、聞かざる 」で有名な三猿は、この神厩舎に造られたものの1枚です。  「 幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい 」という教えで、転じて「 自分に不都合なことは見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えにもなります。
画像

・赤ん坊の時代
  母猿が、子供の将来を見つめています。  親は子供の
  将来が実りあるものであることを祈り、子供は親に愛さ
  れて成長するということです。
画像

・幼少期
  幼少期に、悪いことは見ない、聞かない、言わない。  
  何でも吸収する幼い時期に子供に悪いことは見させない、
  聞かせない、言わない。  奇麗なものだけを見て素直に
  育つのが良いということ。  又大人に向けて、人の悪い
  ところばかりを見ない、あえて聞いたりしない、悪口を言っ
  てはいけないという教えでもあります。
画像

・独り立ち
  ゆっくり腰を落ち着けて、これからの人生を考えるといった
  意味です。  しっかりと自分の人生を考え、独り立ちしな
  ければいけないということです。
画像

・青年期
  大きな志を抱いて、天を仰いでいます。  青い雲は
  「 青雲の志 」を表しています。  「 青雲の志 」とは、
  将来立派な人になろうとする心のことで、若い内志を大き
  く持って高い所を目指しなさいということです。
画像

・友情・挫折
  ( 左 )挫折を知り、崖を覗き込む猿と慰める猿と、
  ( 右 )崖を飛び越えようとする猿 が描かれています。  
  挫折を知り、落ち込んだ時に大切なのは慰めてくれる仲間
  です。  仲間がいれば、再度立ち上がって崖を飛び越え
  られます。  人生を生きていく中で、仲間は大切だという
  ことを表現しています。
画像

・恋愛( 上 )と 結婚( 下 )
  恋愛に悩む猿。  そして結婚し荒波を超えて行こうとする
  猿。  人生の中で、恋愛に悩む時期は必ず来る。  
  やがて、良い伴侶を得て結婚。  その後「 人生の荒波 」
  が訪れますが、二人で力を合わせれば乗り越えられると
  いう意味です。
画像
画像

・妊娠
  やがて子供が出来て母猿となります。  小猿もやが
  ては母猿になり、親になることで知る喜びや苦悩が
  分かります。  そして生まれる子供も、やがて同じ
  人生を歩むことになる。  そして 又最初に戻ること
  を繰り返すといった意味です。
画像


【 御水舎( おみずや、手水舎 重要文化財 )】
神様にお参りする前に、手を洗い、口をすすぎ、心身を清める為の建物です。  水盤は元和4年( 1618 )「 九州 佐賀藩主鍋島勝茂 」によって「 徳川家康公3回忌 」を記念して奉納されたものです。  

因みにこのような「 御水舎 」は 古来 日本の社寺の境内に存在した訳では無く、正式に「 御水舎 」が採用され始めたのが、江戸時代初頭と云われており、この日光東照宮の「 御水舎 」が日本の手水舎の起源であるとも云われております。  「 御水舎 」の水盤は「 花崗岩 」で造られており、「 サイフォン 」の原理が応用されています。  水盤の貯水源は日光山内の「 滝尾神社 」の付近と云われており、そこから「 社務所 」の裏を経由して「 神庫 」の裏手の石段から落とし込み、落ちた後に下から上に噴き上がる水圧を利用して水盤へ押し上げるといった仕組みになっています。  東照宮の境内から約2Kmも離れた場所が水源と言うことになります。  現在の水盤には衛生上「 鉄管と上水道 」に変更されています。  御水屋の唐破風の妻の部分には「 飛龍の彫刻 」が彫られています。  飛龍と古代中国で生み出された口から火を吐く伝説の生き物で、「 火難から守護する水の霊獣」として位置付けられています。
画像

【 輪蔵( 経蔵、重要文化財 )】
輪蔵とは、経典を収納しておく蔵のことです。  「 輪蔵 」と言われるのは、日光東照宮の「 経蔵 」の内に、八角形をした回転式の本棚、所謂「 輪蔵 」が設置されていたことに由来します。  かつてはこの本棚に「 一切経( 大蔵経 )」と呼ばれた「 1456部・6325 巻」から成る仏教聖典が収納されていたと伝えられています。  この「 輪蔵 」とは中国から伝来した書架( 本棚 )で、中国の西暦430年頃から500年の間( 南北朝時代 )に「 傳大士 ( ふだいし )」と呼称される学者によって発明されたと云われております。  家康は「 傳大士 」の功績に敬意を評していたと 伝えられており、経蔵の内部には「 傳大士の親子の像 」が安置されています。
画像

【 鐘楼・鼓楼( 重要文化財 )】
「 鐘楼 と 鼓楼 」は、寛永12年( 1635 )に建てられ、桁行3間、梁間3間、入母屋、銅瓦葺き、袴腰付きで陽明門に向って右側が「 鐘楼 」、左側が「 鼓楼 」です。  左右対称の同意匠の造りの二棟で、高さ約12m 袴腰型の櫓造りです。  一見同じ様に見えますが、鐘楼の方が78体の彫刻に対し、鼓楼には38体しか無く鐘楼の方が格式が高いと言えます。  全体的に黒と金を基調にして高欄を朱色、組物、彫刻を極彩色で彩った華麗な造りで、配置的には古い寺院形式にならって建てられたとされ、神仏混合時代の名残が見られます。  読んで字のごとく、 鐘楼( 時間を知らせる )には鐘が、鼓楼( 時間を告げたり、緊急時を知らせるための施設 )には太鼓が納められています。  かつては実際に使っていたそうで、日光東照宮の祭礼は鼓楼の太鼓の音に始まり、鐘楼 の鐘の音で終わったということです。

 ■ 鐘楼の彫刻( 78体 )
  ・屋根の入母屋の妻飾り:鶴( 2体 )
  ・四方の隅垂木の上部:龍( 4体 )
  ・四方の隅垂木の中間:飛龍( 4体 )
  ・四方の隅垂木の下部:波( 4体 )
  ・四方の頭貫:麒麟( 4体 )
  ・尾垂木:飛龍( 14体 )
  ・組物間:鶴( 12体 )
  ・火灯窓の飾り:輪宝の剣花菱( 8体 )
  ・その他:波( 12体 )

画像
画像

■ 鼓楼の彫刻( 38体 )
  ・屋根の入母屋の妻飾り:亀( 2体 )
  ・四方の隅垂木の上部:龍( 4体 )
  ・組物間:亀( 12体 )
  ・火灯窓の飾り:巴紋と雲( 8体 )
  ・その他:波( 12体 )

画像
画像
画像

「 鶴は千年、亀は万年」といわれて、一対のお目出度い生き物とされています。  何故か鼓楼には鳥類の彫刻が一つもありません。   下層には袴腰と呼ばれる銅板に黒漆を塗り、金色の金具が付けられ、上層には高欄が張り巡らされていて正面・背面の中央には板唐戸、その両脇および側面には火灯窓が設けられています。

来週は「 本地堂 」からのスタートです。  そして「 陽明門 」へ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

リンク先

有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 日光山輪王寺、日光東照宮、日光二荒山神社-3 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる