山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 ゆりかもめ、豊洲市場 】

<<   作成日時 : 2018/06/18 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は「 ゆりかもめ 」の乗車 と「 豊洲市場 」の見学に就いてです。
画像

「 山ちゃん 」が「 豊洲 」を始めて訪れたのは「 2016年1月 」で、その後 友達の「 かっちゃん 」と再び行ったのは同年「 11月 」でした。

ご存知の通り「 豊洲市場 」の移転に際しては「 紆余曲折 」があり やっと 今年の10月に引っ越す運びとなりました。  一時期のあの大騒ぎは何んだったのか良く判りません。  

その後 どうなったのか?  今回の旅行のスケジュールに組み入れて訪ねてみました。  主な交通手段は、有楽町線 と ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 の二通りがあります。  「 ゆりかもめ 」は 新橋駅を出発して終点の「 豊洲駅 」迄 約30分程度ですが、レインボーブリッジや お台場から、豊洲市場等 現在「 大規模再開発 」が盛んに行われている元 工業地帯を通り、発展する東京の風景を見学出来るので「 ゆりかもめ 」に決定しました。  有楽町線は 地下鉄ですからね。
画像
画像
画像

この「 ゆりかもめ 」は、コンピュータ制御で運行されているので、運転士や車掌は車両にいません。
画像

その為に 一番前の車両に乗車すると 運転手 の気分になり、風景を楽しむ事が出来ます。  昼間だったので すんなりと 御一行様お二人は一番前の席へ。  遠足気分ですね。  途中の景色を楽しみながら終点の「 豊洲駅 」へ。
画像
画像
画像

「 レインボーブリッジ 」を渡っています。
画像
画像

「 ゆりかもめ 」車内から「 豊洲市場 」を見学。
画像

一度 改札口を出て 再度同じ電車に乗って戻りました。
画像

「 ゆりかもめ 」から 豊洲市場 を見渡しましたが 随分と周りが整備され綺麗になっていました。  以前「 かっちゃん 」と一緒に行った際の「 動画 」を再度リンクしました。

友達の感想では、臨海のビル群をぬっていく「 ゆりかもめ 」からの眺めは目を見張るものがあり、埋立地の「 豊洲 」であるはずが、周りにも多くの施設があって立派な設備を備えた「 市場 」に見え、多くの人の危惧よりはるかに先に進んで行く原動力のある街「 東京 」が見えたとのことでした。

この後 JR品川駅に出て 夜の「 屋形船による遊覧 」を楽しみました。

※ ゆりかもめ と モノレールとの違い( ホームページより )
ゆりかもめとモノレールは、走り方が大きく違います。  ゆりかもめは自動車と同じように、1車両4輪のゴムタイヤで、コンクリート製の専用の道路( 走行路 )を走ります。  モノレールは1本のレールにまたがって走るタイプ「 跨座式( こざしき )」と、ぶら下がって走るタイプ「 懸垂式( けんすいしき )」があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

リンク先

有朋自遠方来、不亦楽乎 旅游和食品【 ゆりかもめ、豊洲市場 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる