山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 千鳥ヶ淵の桜見物

<<   作成日時 : 2018/03/26 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

寒かった 今年の冬は 先週中頃から 急に暖かくなり 24日( 土 )は気象庁から「 桜の満開 」が宣言されました。

一昨日、朝食後、近くの「 総持寺( 京浜東北線 鶴見駅 )」をスタートして、品川駅、渋谷駅 経由で 半蔵門線「 九段下駅 」で下車。  「 千鳥ヶ淵 」で桜を観賞した途中「 靖国神社 」にある「 桜の標準木 」迄寄り道し、その後「 千鳥ヶ淵 」に戻って内堀( 内堀通り )に沿って「 桜田堀 」の「 桜田門 」迄歩いて 最後 東横線 中目黒駅で下車、目黒川の桜見物まで、一気に歩き廻りました。  

今日は 千鳥ヶ淵から桜田堀 迄 歩いたコースを 紹介します。  何時もの歩いた場所の地図を添付しましたので、参考にして下さい。
画像
画像

GOOGLE MAPで見ると 九段下から日比谷迄 約5Km、徒歩1時間程度と表示されていますが、混雑していたので 距離で1.5倍程度、時間は 写真を撮りながらなので 約2時間程度掛かりました。  一回休みましたが、人混みで結構疲れました。

少し曇ってはいましたが、桜が綺麗なことは勿論ですが、歩いた路にゴミ一つも無く、交通ルールを守って皆さん桜見物をされていました。  でも相変わらず 一部の国の人達は 自撮り棒片手に歩き、桜を摘まんで写真を撮る姿は不快に思われます。

「 千鳥ヶ淵 」は、江戸開府後の江戸城拡張の際、局沢川と呼ばれていた川を半蔵門と田安門の土橋で塞き止めて造られたお堀です。  代官町通りを境に接する半蔵濠とはかつて繋がっていましたが、明治33年( 1900 )に道路建設のため埋め立てられ別々のお堀となってしまいました。

【 田安門 辺り 】
地下鉄「 九段下駅 」で下車 A2出口を地上に出ると、予想以上の人混み。
画像

「 田安門( 国の重要文化財 )」は、寛永13年( 1636 )に建てられ、昭和38年( 1963 )に解体修理が行われています。  北面する高麗門とその西側に直交する渡櫓門からなる「 枡形門 」です。  「 田安門 」の辺りは,古くは「 田安口 」又は「 飯田口 」とも言われ、上州方面への道が通じていました。  門の由来は、門内には田安台と言って、始めは百姓地で田安大明神が有ったことから 門名 になりました。  江戸城造営後は北丸と称し,代官屋敷や大奥に仕えた女性の隠遁所となりました。  有名な千姫や春日局、家康の側室で水戸頼房の准母英勝院の屋敷などもこの内にありました。  享保15年( 1730 )八代将軍吉宗の第二子宗武は,ここに一家を創立して田安家を興しました。  現在田安門がある「 北の丸公園 」には,田安門から南北を貫くように西側一帯を田安家、東側一帯を清水家が所有していました。
・左の清水門方向から 右の 田安門 に掛けてのお堀と桜
画像
画像

・田安門 近く
画像
画像

【 田安門に通じる道路から 千鳥ヶ淵 のお堀と桜 】
画像
画像
画像

【 千鳥ヶ淵緑道からの景色 】
「 千鳥ヶ淵緑道 」とは、皇居のお堀沿いに、約700m続く緑豊かな遊歩道のことです。  「 ライブカメラ 」でも見られます。
・この辺りが 桜の樹が多く、一番 混雑しています。  内堀通りに沿って歩きます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

・お堀の脇に有る右手の建物が「 ボート乗り場 」です。
画像

ボート乗り場から 歩いて来た方向の風景です。
画像
画像

・ボート乗り場ですが、皆さん 忍耐強く 待っておられます。
画像

・千鳥ヶ淵公園で 一休みです。
画像
画像
画像
画像

画像

・「 半蔵門 」が見えます。  
画像
画像

【 お堀が 千鳥ヶ淵 から 桜田堀 へと変わります 】
「 桜田堀 」の桜田の名前は徳川の江戸城構築以前からあった「 桜田郷 」に因んでいます。  内堀の中でこの辺りの堀の幅がかなり広くなっています。  元々沢筋に辺り、半蔵門付近から谷が刻まれていた様です。  徳川氏は江戸城を構築する際に、その地形を利用して西側を内堀としました。  自然の地形のため、城の内郭の側は腰巻き石垣と鉢巻き石垣との組み合わせとなっており、その中間が土手となっています。  しかしながら その高さは極めて高く、とても堀を渡って攻め込む事は不可能です。
画像
画像

・国立劇場
画像

・江戸城跡 史跡
画像

・最高裁判所
この辺りまで来ると 遠くに 国会議事堂や警視庁、国会図書館、丸の内のビル群が見えます。  桜の樹が少なく、観光客に変わり ジョギングを楽しんでおられる方達とすれ違います。  よく判りませんが 皆さん お堀を半時計方向に走っておられます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

【 桜田門 】
内堀に造られた門の一つです。  桜田堀と凱旋堀の間に在り 昭和36年( 1961 )に「 旧江戸城外桜田門 」として国の重要文化財に指定されました。  当初は小田原街道の始点として小田原口と呼ばれていた。寛永13年( 1636 )にそれ迄の柵戸仕立の門を現在のような桝形門に改築され桜田門と呼ばれる様になりました。  外側の高麗門( こうらいもん )と内側の渡櫓門( わたりやぐらもん )の二重構造になっており、間が 敵の侵入を防ぐ桝形となっています。  大正12年( 1923 )の関東大震災で一部が破損し改修されました。  安政7年( 1860 )にこの門の近くで水戸藩浪士らによる大老井伊直弼の暗殺事件( 桜田門外の変 )が起きたことは 有名ですね。
画像
画像
画像
画像
画像

【 警視庁 と 法務省 旧館 】
桜田門の正面( 豊後杵築藩松平家屋敷跡 )にあるのが、警視庁の庁舎です。
画像

この正面向かって 左側の国道1号を挟んで反対側に「 法務省の赤レンガ棟( 法務省 旧館、重要文化財 )」が建っています。
画像
画像

【 米沢藩邸跡 】
たまたま 見付けました。  米沢藩の「 上屋敷 」が在ったのでしょう。  先程書きました「 井伊直弼 」の「 上屋敷 」とはほぼ 隣り合わせだったと思われます。
画像

この後 日比谷公園 の庭園を通って 地下鉄 日比谷線の「 日比谷駅 」へと辿り着きました。  九段下から休んだのが1回、お茶も飲まず仕舞いでした。  帰って調べると 桜田門 近辺は 歴史を知る場所が結構有ります。  改めて 散策したいと思います。  最後の方になって「 桜 」の内容から遠ざかってしまいました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

リンク先

千鳥ヶ淵の桜見物 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる