山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥浅草を歩く【 旧吉原、其の弐 】

<<   作成日時 : 2018/02/01 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の徒然日記で「 吉原 」の歴史等に就いて書きました。  今日は 具体的に 散策したルートを紹介しました。
画像
画像

まず「 見返り柳 」からスタートです。  吉原大門の交差点( 台東区千束4丁目 )ガソリンスタンドの前に 1本の柳の木が「 見返り柳 」で、6代目の柳だそうです。
画像
画像
画像
画像
画像

説明パネルには下記のことが書かれていました。  

旧吉原遊郭の名所のひとつで、京都の島原遊郭の門口の柳を模したという。  遊び帰りの客が、後ろ髪を引かれる思いを抱きつつ、この柳のあたりで遊郭を振り返ったということから「 見返り柳 」の名があり、
  きぬぎぬのうしろ髪ひく柳かな
    見返れば意見か柳顔をうち


など、多くの川柳の題材となっている。  かつては山谷堀脇の土手にあったが、道路や区画の整理に伴い現在地に移され、また、震災・戦災による消失などによって、数代にわたり植え替えられている。  平成八年七月  台東区教育委員会

柳を見上げてから、「 五十軒道 」という「 S字 」に道路が曲がった道を進み「 吉原大門 」に出ます。  確かにS字に曲がっているのが分かります。  直接遊郭を見られない様にする為だと言われています。
画像
画像
画像

その「 S字カーブ 」を通り抜けると 一直線の「 仲之島大通り( 全長約250m )」と、それに直角に交わる道路が左右にあり、上から見ると「 碁盤の目 」の様になっているのが判ります。
画像
画像
画像

「 仲之島大通り 」と交叉する路です。
画像

端まで歩きましたが 昔の面影になるものは皆無でした。    

唯一「 よしわら大門 」と書かれ柱があるくらいです。  少し怖い雰囲気でした。
画像

今メインの「 仲之島大通り 」の両側には「 ソープランド 」の店が密集していました。
画像
画像
  
航空レーザーでこの近辺の地形を調べると 吉原に該当する地域は 茶色で表示されます。  昔 田圃だった此の地を盛土したのが、確かに歩いていても 高低差が分かります。
画像
画像
  
大通りを歩いていたら やたらと「 病院の広告 」が目に入りました。  この地ならではですね。
画像

うっかり「 お歯黒どぶの石垣跡 」を見るのを忘れてしまいました。
画像

平家物語と同じですね。  遊郭であり、ファッションの発信基地であった此の地は 栄枯盛衰、諸行無常です。  少し 拍子抜けして 吉原神社と吉原観音 に向かいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

リンク先

奥浅草を歩く【 旧吉原、其の弐 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる