山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥浅草を歩く【 猿若町、待乳山聖天、今戸神社、山谷堀、紙洗橋 】

<<   作成日時 : 2018/01/30 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は 浅草寺の裏手 言問( こととい )通りに出て、猿若町にある 江戸三座、待乳山聖天、今戸神社、日本堤 そして紙洗橋 迄を書きました。
画像


【 猿若三座 】
以前アップした「 奥浅草( 旧猿若町 猿若三座 )を訪ねました【 Vol 2 】」をご覧下さい。  2回目なので 写真を撮り直し以前報告のブログに貼り直しました。
画像


【 待乳山聖天 】
以前アップした「 池波正太郎生誕の地 の碑と 待乳山聖天【 Vol 2 】」をご覧下さい。  一部写真を撮り直し以前報告のブログに貼り直しました。
画像


【 平成中村座発祥の地 碑 】
隅田公園内にある碑を訪ねました。  平成12年( 2000 )11月此の地で「 平成中村座 」が幕を開けた処です。  平成27年( 2015 )「 平成中村座発祥の地記念碑 」が、浅草観光連盟を中心とする記念碑建立実行委員会によって建てられました。  以前アップした「 奥浅草( 旧猿若町 猿若三座 )を訪ねました【 Vol 2 】」をご覧下さい。
画像
画像
画像


【 山谷堀 と 旧今戸橋 】
隅田公園内に「 今戸橋跡 ( いまどばしあと )」の説明パネルがあります。
画像

今では暗渠となった「 山谷堀 」に架かる最下流( 隅田川から一つ目 )に位置するる橋の跡です。  「 山谷堀 」の水源は石神井用水( 音無川 )で、水流は根岸から三ノ輪を通って、隅田川迄続いていました。  埋め立てられる前の山谷堀には、下流から 今戸橋・聖天橋・吉野橋・正法寺橋・山谷堀橋・紙洗橋・地方新橋・地方橋・日本堤橋の九つの橋が架けられていました。  文禄3年( 1594 )に千住大橋が架かる迄はこの橋を旧奥州街道が通っており交通の要所で、新吉原遊郭への水上路として、隅田川から 山谷堀を通り、遊郭入口近くの「 日本堤 」迄「 猪牙舟 」が遊客を乗せて往来していました。  吉原通いを「 山谷通い 」とも言い、特に船での吉原行きは陸路よりも優雅で粋とされていました。  界隈には船宿や料理屋などが建ち並び、「 堀 」と言えば、山谷堀を指すくらいに有名な場所でした。
画像
画像
画像
画像

明治時代に遊興の場が吉原から新橋などの花街に移るにつれて次第に寂れ、昭和には肥料船の溜まり場と化し、永井荷風の記述によると、昭和初期には既に吉原は衰退しており、山谷堀も埋め立てが始まっていました。  戦後の売春防止法による吉原閉鎖後、昭和50年( 1975 )迄には全て埋め立てられました。  台東区スポーツセンター広場前に欄干などが残されています。  埋め立て後、普通 遺構を残さないのですが、親柱 や 欄干等 が残っており当時を偲ぶことが出来ます。
画像

隅田川入口から日本堤迄の約700mが台東区立の「 山谷堀公園 」として整備されています。

【 今戸神社 】
今戸橋跡から歩いて数分の処に「 今戸神社 」があります。
画像
画像

今戸神社は、康平6年( 1603 ) 源頼義・義家親子が奥州討伐の折、京都の「 石清水八幡宮 」を当地に勧進し祈願したのが始まりとされています。  また永保元年( 1081 )にも清原武衡・家衡討伐の際にも当地を通り、戦勝祈願をしたと言われています。  大正12年( 1923 )の関東大震災や太平洋戦争など数々の戦乱や火災に見舞われましたが、その都度再建され、現在の社殿は昭和46年( 1971 )に再建されたものです。
画像
画像

昭和12年( 1937 )には隣接していた白山神社を合祀し、今戸八幡と呼ばれていた当神社が現在の今戸神社と呼ばれるようになったのです。  また現在では浅草七福神のひとつ「 福禄寿 」を祀っています。  

境内に ひっそりとあったのが「 沖田総司の終焉の地 」と書かれた碑です。  これは、結核を患っていた沖田総司を診ていた松本良順が当時今戸神社を仮の住まいとしていたことからきているそうです。
画像

「 招き猫発祥の地 」ともいわれています。
画像

江戸時代の終わり頃、ある老婆がたいそう猫を可愛がっていましたが、貧しさゆえに手放さなければならなくなりました。  すると夢の中に猫が現れ、自分の姿を今戸焼で造りなさい。  そうすれば必ず福徳が授かるでしょうと言いました。  そこで浅草寺の参道で売り出したところ、評判を呼んだというものです。
画像
画像

今戸神社では、伊弉諾神( いざなぎのみこと )・伊弉冉尊( いざなみのみこと )という夫婦の神様を祀っています。  その為か、恋愛から結婚、夫婦仲のことまで、恋愛に関わる全般にご利益があるのでしょうか、縁結びでも有名らしく、平日なのに 結構若い女性が見受けられました。

この辺りは、今戸焼( いまどやき )の地として有名で、日用雑器、茶道具、土人形( 今戸人形 )、火鉢、植木鉢、瓦等を生産していました。  天正年間( 1573 – 1592 )に生産が始まったと言われています。
画像
画像
画像


【 紙洗橋 】
山谷堀に架かる橋の一つに「 紙洗橋 」があるのを書きました。  此の地で「 冷やかし 」という言葉が生まれました。
「 紙洗橋 」の名前は、この付近で作られていた「 浅草紙 」に由来します。  浅草紙は、古紙や紙くずを原料にした漉返紙( すきがえしがみ、ちり紙、再生紙 )で、吉原の遊女が手紙の代用や後始末に使い大量の需要があったのです。  山谷堀にも多くの作業所があり、職人達が 紙屑を紙舟に入れて堀の流れに曝( さら )して冷やすことを「 冷やかす 」と呼んでいました。  この2時間ばかりの作業中は暇をもてあまして、目と鼻の先に在る 吉原の遊郭を見に出掛けましたが、さりとて時間と金が無く、登楼せずに帰ってしまうことから、買う気のない客を表す隠語として「 冷やかし 」という言葉が生まれました。
橋の写真を撮ろうとしましたが、丁度工事中で駄目でした。  ここから少し歩くと 旧吉原の 見返り柳 の処に到着します。
画像
画像
画像
画像

実際には この様なプレートが取り付けられています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

リンク先

奥浅草を歩く【 猿若町、待乳山聖天、今戸神社、山谷堀、紙洗橋 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる