山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥浅草を歩く【築地、浅草】

<<   作成日時 : 2018/01/29 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

予てより一度訪ねてみたいと思っている処がありました。  奥浅草に在.る「 旧吉原 」です。  今年になって 立て続けに浅草方面に出掛けましたが、吉原( 現在の 台東区千束 )迄 足を延ばすには時間が足りずでした。  同期会の時、友達から 今年初めての「 海老丼 」を食べに行こうとのお誘いがあったので、食事後 旧吉原 迄 遠出することになりました。  

築地 小田保の「 海老丼 」を食べてからのスタートとなります。  浅草に着いても 方々 訪ねましたので、区切りの良い様に、シリーズで報告します。  今日は「 海老丼 」と 以前 お話しした 浅草 仲見世に在る 老舗 甘味処「 梅園 」の「 あわぜんざい 」、「 河竹黙阿弥 住居の碑 」に就いてです。

【 築地 小田保 】
築地に行くときは何時も、地下鉄 日比谷線の「 築地駅 」で 10時半頃待ち合わせします。  今回もその時間で、築地場内の「 小田保 」に直行。  マスターに遅ればせながら新年の挨拶をして席を確保です。  「 何時もの2つ 」でオーダーは終わりです。  仕出しもしているので、少し時間が掛かりましたが「 海老丼 」が運ばれて来ました。  
何時もの事ながら「 美味しいね 」と舌鼓しながら戴きます。  何時食べても丼の品質は一定です。
画像

唐辛子の辛さに鈍感になりつつある「 山ちゃん 」です。 
画像

お勘定の時に 何時も聞かれるのが「 これから何処へ? 」。  これから吉原です! と言ったら ニヤニヤ笑われましたが、何か勘違いしているのでしょう。

築地場外で 何時も行列の出来ていた「 トラットリア 築地パラディーソ 」は 随分と空いていました。
画像
  
【 浅草 梅園 】
築地から日比谷線に乗って 上野 で銀座線に乗り換え「 浅草駅 」へ。  上野の駅は 久し振りに行くと 随分と綺麗になっていました。
画像

仲見世の一本横道を歩きます。  「 文扇堂 」さんです。  1月17日のブログ「 浅草寺界隈と九代 市川團十郎像 」で書いた、「 文扇堂 」さんと
画像
画像

その先の老舗 甘味処「 浅草 梅園 」を友達に紹介したら、別腹だから 食べようよ! と。  「 山ちゃん 」も誘惑に負けて店内へ。
画像
画像
画像

この店は「 あわぜんざい 」が有名なんです。  梅園の「 あわぜんざい 」の餅は、あわではなく餅きびを使っているのが特徴です。  餅きびを半搗きし煉りあげ、蒸した餅と、炊いた こしあん を椀で合わせたものです。  この商品は、安政元年( 1854 )の創業より作り続けられています。  上品なお味で、内税で777円でした。
画像
画像


【 河竹黙阿弥住居跡 】
「 浅草 梅園 」とは 仲見世 の丁度反対側仲見世会館入口脇に「 河竹黙阿弥翁住居跡之碑 」が立っています。
画像
画像
画像

近くには「 浅草公会堂 」、遠くに「 スカイツリー 」が見えます。
画像
画像

河竹黙阿弥( かわたけもくあみ )は、幕末から明治に掛けて活躍した歌舞伎狂言作者です。  浅草観音境内の正智院地内に居を構えてからの約40年間を創作活動に費やしました。  明治の文豪「 坪内逍遥 」は、河竹黙阿弥を「 日本のシェークスピア 」と讃えています。
画像

分化13年( 1816 )日本橋の越前屋勘兵衛の長男として生まれました。  若い時から遊蕩にふけり、14歳で勘当され、貸本屋の手代となったこともあったようです。  天保6年( 1835 )、20歳の時5代目「 鶴屋南北 」の門に入り、狂言作者見習となりました。  天保14年には2代目河竹新七を名乗って「 江戸河原崎座 」の立作者となりました。  嘉永7年( 1854 )、4代目市川小団次のために書いた「 都鳥廓白浪( みやこどり ながれの しらなみ )」がヒットし市川小団次に認められ、 以後 数多くの作品を書きました。

「 山ちゃん 」が知っているだけでも
  ・黒手組曲輪達引( くろてぐみ くるわの たてひき )
  ・三人吉三廓初買( さんにんきちさ くるわの はつがい )
   通称 三人吉座:月も朧(おぼろ)に白魚の・・・・・
   こいつぁ春からぁ縁起がいいわぇ
画像
  ・青砥稿花紅彩画( あおとぞうし はなの にしきえ )
   通称 白浪五人男:知らざあ言ってぇ聞かせやしょう・・・・・
   弁天小僧 菊之助たぁ俺がことだぁ
画像
画像
画像
  ・梅雨小袖昔八丈( つゆこそで むかし はちじょう )
   通称 髪結新三
  ・人間万事金世中( にんげん ばんじ かねの よのなか )
  ・盲長屋梅加賀鳶( めくら ながや うめが かがとび )

等があります。  一時期 歌舞伎にすっかり魅了され、新橋演舞場、歌舞伎座、平成中村座 に通いました。  今はテレビで見る程度ですが。

明日から奥浅草を散策します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

奥浅草を歩く【築地、浅草】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる