山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第33回全国都市緑化よこはまフェア【 其の七 】

<<   作成日時 : 2017/05/19 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今日で「 第33回全国都市緑化よこはまフェア 」のシリーズは終わりとなります。  最後は「 新港中央広場 」、「 運河パーク 」、「 グランモール広場 」に就いてです。
画像
画像


【 新港中央広場 】
16uの区画に企業・団体が「 アーバンライフガーデン 」をテーマにした出品した庭園が展示されています。
画像
画像
  

・LaLaLa Land
ヨーロッパのアンティークレンガを使用し、花と木を身近に感じられるガーデンが製作されています。
画像

・移ろいの宴
四季の変化の中で、時に一人でうたた寝、時に仲間と酒を酌み交わす。  縁側のようなプライベート空間との境目が植物の中に散在したら良いとの想いでデザインされています。
画像

・静かに呼吸する場所 〜ヨガでリフレッシュ〜
ヨガで自然の息吹きを感じながら自分と向き合い心身共にリフレッシュすることを願っています。
画像

・SA・TO・YA・MA
和の庭園とビオトーブを合わせた、人と自然にやさしい環境に配慮した庭です。  この庭を通して大人も子供も見て触れ合って楽しみ、自然や生物の大切さを学び、この庭と一緒に成長し合えるそんな庭が作られています。
画像

・コッツウォルズに暮らす
場所はイギリスのコッツウオルズ。  老夫婦が長年暮らしている情景が見えるような庭に。  ドライストーンウォーリングで結んだ石積みは同じ材料で積み直しが可能。  庭と共に日々を造り暮らし方を豊かに楽しむために。
画像

・爽清涼の庭
家族や友人達が集い、憩う場としての庭。  作品のモチーフのデッキや釜はその象徴に用いられています。  温度上昇の少ない自然素材と視覚的に涼感を演出するデザインで、年々暑くなる夏も涼やかに暮らすことを提案しています。
画像

・Revival 〜自然からのおくりもの〜
母なる大地から生み出された物で再利用できない物はありません。  抗火石と古木で作られた石屋。  そこから生える進化してきた植物に囲まれて佇むとき、その力強さや安らぎを感じ、この荒波の現代を生きる力として欲しいとの願いが込められています。
画像

・浜薬の森
自然の深い緑の調和を目指し、何気ない中での安心感と安堵感を感じる事が出来る色彩の空間( 森 )になっています。  土壌は黒麹腐食待避を使用し、限りなく自然にやさしい思いやりの心をもって作成されています。
画像

・風のとおり道
港風と丘の街横浜。  異国情緒がありながら150年の歴史を深め、どことなくノスタルジーを感じる風景が作られています。
画像

・新たな開化へ 〜イングリッシュガーデンへのオマージュ〜
横浜開港以後の西洋建築におけるイングリッシュガーデンをベースに、現代の横浜における人と環境の先進性を低茎ストライプ状花壇に表現しています。
画像

・しあわせ運ぶフラワーケーキ
日頃のちょっとした幸せを共有したいという思いを、ご褒美やお祝いに食べるケーキで表現されています。  フェリスの校章の色である 黄・赤・白 を用いて、どこから見ても楽しめる花壇となっています。
画像


【 運河パーク 】
16uの区画に企業・団体が「 アーバンライフガーデン 」をテーマにした出品した庭園が展示されています。
画像
画像

・日時計
画像

・不自然な自然
目線に花と緑があしらわれています。
画像

・フラワーロックアート  
画像

・薫風( くんぷう )
都会に住みながら新緑の薫りがするそよ風を感じられるような庭をイメージされています。
画像

・ちょっと一息( 時・粋・穏・創 )
都会の生活や仕事に疲れたときに、時を忘れ、粋で穏やかな庭を提案し創作されています。
画像

・STONE FLOWER
大地の根源的な産物である石と、その末梢ともいえる草花がお互いに寄り添いながら共に存在していることを表現されています。
画像

・Modern 茶庭
都会に有る邸宅のモダン茶庭がイメージされています。  竹や木などの自然素材を使ってモノトーンの庭になっています。
画像

・提案型ガーデン 家庭( いうにわ )のすすめ!
「 自然をもっと身近に 」をテーマに庭を家の中に取り組んでいます。
画像

・風・光・水と戯れる都会の庭
都会にも風は吹き陽は注ぐがテーマになっています。
画像

・Green Theater Box
箱状に覆われた庭は都会の騒音を忘れさせてくれるプライベート空間です。  植物のゆっくりとした生育と移ろいの過程をドラマに見立てて、日々の生活に追われる都会人の心のゆとりを感じてもらう癒やしのスペースを表現しています。
画像

・麦畑
道を挟んだ反対側には 色々種類の異なった麦が育てられていました。
画像
画像
画像

・タルホコムギ
麦畑の中に「 タルホコムギ 」がありました。  このコムギに就いては懐かしい思いでがあります。  昭和30年( 1955 )、「 京都大学カラコルム・ヒンズークシ学術探検隊 」は、パキスタンからカスピ海に至る1万キロを踏破して、マカロギコムギの畑で、雑草の「 タルホコムギ 」が一緒に生えている場所を発見しました。  そして、パンコムギの起源地は、カスピ海西岸であると結論付けたのです。  これは映画にもなったのですが、その頃 実家の長屋門の一室に 農業普及委員 の方が下宿されていて、この探検隊が採取した タルホコムギ の標本を貰った事がありました。  この標本大事に保管して 就職で 東京に出て来る時に 一緒に持ってこようと 捜したのですが 見つからず仕舞いとなってしまいました。
画像
この普及委員の方は約5年程住んで居られ、 お酒と競馬 をこよなく愛し 時折 淀の競馬場に遊びに連れて行って貰いましたが、その時女性と一緒だったのを記憶しています。  早い話 だしに使われたのだと思います。  食事は何時も 家族と一緒で、「 山ちゃん 」にとっては「 叔父さん 」的な存在でした。  その後 結婚されて宇治に住んで数回 泊まり込みで遊びに行ったことがありました。  

【 グランモール公園 】
グランモール公園は、横浜みなとみらいの中央地区を、幅25m、南北に約700mの都市公園で、この公園の北方面にも 横浜フェア が展示されています。
画像
画像

・年の緑を作り、ささえる都市緑化技術と植物
画像

・Green Symphony 〜響きあうみどり〜
画像

・グリーンアコード 新たなライフスタイルの提案
画像

・レンタル壁面緑化
画像

・Green Wall System
画像

撮り直し等含め 複数回通いましたが、訪れる度に 作られた方々の心意気を感じました。  6月4日( 日 )迄 開催されているので 是非見に行って下さい。  と言っても一日で全部は大変ですから、好きな箇所を選ぶのも良いかと思います。   尚 今回のフェアで 山の手 西洋館 の「 フラワースポット 」と「 里山ガーデン 」は 時間の都合で訪ねることが叶いませんでした。  シリーズ長期間 読んで戴き有り難う御座いました。  最後の「 グランモール公園 」に就いては 見所が沢山ありますので 来週早々に紹介する予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

第33回全国都市緑化よこはまフェア【 其の七 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる