山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第33回全国都市緑化よこはまフェア【 其の弐 】

<<   作成日時 : 2017/04/25 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は「 其の弐 」として「 ベイスターズガーデン 」、日本庭園「 彼我庭園( ひがていえん )」 そして「 海員閣 」の昼食に就いてアップしました。
画像


【 ベイスターズカーデン 】
ベイスターズカーデンは「 横浜DeNAベイスターズ 」の本拠地、横浜スタジアム前の噴水周りに、野球を身近に感じられる様、植物を使って選手を立体的に表現した「 トピアリー( 植物を人工的・立体的に形作る造形物のことで、 刈り込む と言った意味 )」で、投手、捕手、打者、野手が噴水の周りに配されています。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

【 日本庭園「 彼我庭園( ひがていえん )」】
横浜公園は、我が国最初の洋式庭園である「 山手公園 」に次いで古い公園です。 開港当時 在留外国人の生活環境改善を求めた条約に基づき、遊郭や沼地の跡地に整備され明治9年( 1876 )に開園しました。  外国人( 彼 )と日本人( 我 )の双方が利用出来たことから「 彼我庭園 」と呼ばれる様になりました。  明治42年( 1909 )に横浜市に公園の管理が移管され「 横浜公園 」と改称された頃に作られました。  接収により一度は取り壊されましたが、昭和53年( 1978 )の「 横浜スタジアム 」建設と同時期に再び整備されたものです。  この「 庭園門 」は横浜公園の日本庭園に相応しい名称として今回の「 よこはまフェア 」を記念してお互いの友好と平和が深まる様にとの願いを込めて、庭園の名称を「 彼我庭園 」と命名し整備されました。  屋根には 横浜発祥のフランス瓦である「 ジゥラール瓦 」の複製を葺き、足元には「 煉瓦 」を配置しています。  銘板は横浜市に縁のある書道家「 金澤 翔子 」が書かれたものです。  今回「 公園の命名 」と共に 門も建てられました。
画像
画像
下の2枚の写真は「 横浜公園 」と呼ばれていた時の風景です。  平成25年( 2013 )11月17日撮影。
画像
画像

【 岩亀楼( がんきろう )の石灯籠 】
横浜公園一帯は 江戸時代の末期までは入海で、安政3年( 1856 )に埋め立てられ「 太田屋新田 」と言われていました。  横浜開港に伴い、新田の沼地 約1万5千坪が更に埋め立てられて「 港崎町( みよざきちょう )」と命名され、その中に「 岩亀楼 」などが開業し国際社交場として栄えました。  港崎町一帯は慶應2年( 1866 )の大火( 通称豚屋火事 )で消失し、その跡地は当時在留の外国人の要望で公園として再生することが決まり、明治9年( 1876 )日本最初の洋式公園である「 横浜公園 」が誕生しました。  当時は「 彼我公園 」と俗称され、明治32年( 1899 )神奈川県の所管から横浜市の管理に移り、市民に公開され今日に至りました。  この灯籠は「 妙音寺( みょうおんじ、港区三春台 )」から横浜市( 横浜市開港資料館 )に寄贈されたもので、石に刻んである「 岩亀楼 」の文字から岩亀楼に因む物であることがわかります。  「 岩亀楼 」は 始め「 港崎町 」に建てられ、慶應2年( 1866 )の大火で類焼、以後二転三転して明治16年( 1883 )永楽町に移り、明治17年に廃業しました。  この写真の灯籠は明治初年頃のものと思われますが、何時「 妙音寺 」に移されたかは定かではありません。  関東大震災や戦災によって多くの文明開化期の遺物を失ったなかで、貴重な文化財の一つです。  白黒写真は当時の貴重な写真です。
画像
画像
画像
※ 以前書いた「 吉田新田 」もご一読下さい。

【 蹲踞( つくばい )と水琴窟( すいきんくつ )】
蹲踞とは日本庭園の添景物の一つで露地( 茶庭 )に設置され、茶室に入る前に手を清めるために置かれた背の低い手水鉢に役石をおいて趣を加えたものです。  水琴窟は 耳 を傾けましたが あの澄んだ音は聞こえませんでした。
画像
画像

【 雪見灯籠 】
池の先に見える「 雪見灯籠 」は 米国 オレゴン州ポートランド日本庭園内にある「 雪見灯籠 」のレプリカで、当時の横浜市長 平沼亮三が「 友好と平和の灯を点ずる 」として寄贈した物です。
画像

【 中華街 海員閣 】
その後 中華街へ、以前「 池波正太郎の愛した横浜中華街の店 」で書いた「 徳記 」に行きましたが、当日 店の扉は閉ざされていました。  これで4回 振られたことになります。  仕方無く「 海員閣 」へ。  長蛇の列でしたが、滑り込み 店に入れました。  勿論 頼んだのは「 牛ばら麺 」。  何時も感心しますが、この店の牛肉は 柔らかく 大半の人は これを目当てに 店に来ます。  これで900円ですから 近くの拉麺屋で食べるより片道170円の交通費を支払っても「 量 ・ 味 」含め行く価値のある店です。
画像
画像
画像
画像

【 馬拉糕 】
横浜中華街 有名な中国茶専門店「 悟空 」で、かねて食べたいと思っていた「 馬拉糕( マーライコウ )」を偶然見付け Get。  シールに書いて有る通り、馬拉とは「 マレーシア 」のことで、マレーシアに住む華僑が考案した「 中国風カステラ 」です。  帰ってから戴きましたが「 甘さ控えめ 」で美味しかった。
画像
画像
画像
その後元町で ウチキパンの「 イングランド 」を買ったのは 言うまでもありません。
画像
そして何時もの喫茶店「 無 」で一休み。
画像
画像
画像
画像
画像

【 本来の目的 】
最後 目的の 花屋「 MOTOMACHI 花こ 」へ。  庭に植える花を買いに行ったのですが、この店の 花は 超格安で、電車賃を払っても 十分お釣りが来る花屋さんです。  「 山ちゃん 」は 家内に頼まれて花を運ぶ為に行ったのが本来の目的です。  両手に花の鉢を抱えて帰りました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

第33回全国都市緑化よこはまフェア【 其の弐 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる