山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都あっちこっち【 其の六 将軍塚の夕日 】

<<   作成日時 : 2017/04/17 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は「 将軍塚の夕日 」に就いてです。  随分と前から、京都東山から西山に沈む夕日を撮りたいと思っていました。  ポピュラーなシーンは「 清水寺 」から写した写真ですが現在工事中です。  それ以外に撮影ポイントが有ると思いついた場所が一昨年の8月に訪れた「 将軍塚 」です。  でも日没( 下の豆知識を参照して下さい )を調べたら18時18分との事。
  
友達に無理を言って「 将軍塚 」に行って貰いました。
画像
画像
ここはバスも出ていますが( 京阪バス )が頻繁に出ている訳でも無いので 特に夕方以降は車が無いと無理な場所です。  4月早々なので朝晩は寒いので「 奥殿 」でお互いの近況報告をしながら暫し時間待ちです。  ここは以外と 京都を見渡せる 夜の隠れた観光スポット なのです。
画像
画像
東側を見ると「 山科 」が一望出来ます。
画像
17時半頃 寒い中 取り敢えず「 大舞台 」に移動。
画像
まずは大舞台に、デザイナーの吉岡徳仁が手がけた「 ガラスの茶室 ─ 光庵 」を逆光と順光で撮影。
画像
画像
次ぎに京都市内を撮影。  ただこの場所は 左前方の山で遮られ 市内全体を撮ることが出来ません。  でも 御所から北の方面は綺麗に見え写真を撮ることが出来ました。
画像
画像
画像
そして 展望台 へと移動。  最適の場所ですね。  観光に来られた方も 一緒に写真を撮っておられました。  バッチリ西山に沈む光景をカメラに納める事が出来ました。  三脚が無いので カメラの感度を6000迄上げましたが やはり 画面の粒子が粗くなります。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
帰り際 ランプが点灯し始めた庭も情緒がありました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

最後 夕食の予約時間を変更してくれた「 かっちゃん 」と、寒い中付き合ってくれた友達に感謝です。

【 豆知識 : 日の出・日の入り とは 】
[太陽の出没は、現れる方を日の出・日出、隠れる方を日の入り・日没といいます。  日の出・日の入りの時刻は、太陽の上端が地平線と重なった瞬間とする。すなわち、日の出は太陽が少しでも姿を現した時であり、日の入りは太陽が完全に隠れた時となる。  日本においては、明治35年( 1902 )まで、当時暦の編纂していた東京帝国大学( 後の国立天文台 )は、太陽の中心が地平線に重なった瞬間を日の出・日の入りの時刻として観測していたが、文部省の告示により、翌年以降、太陽の上端へと変更することとなった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

京都あっちこっち【 其の六 将軍塚の夕日 】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる