山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都あっちこっち【其の弐:霊鑑寺門跡】

<<   作成日時 : 2017/04/11 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

地図の通り「 哲学の道 」を歩いて「 ノートルダム女学院 」の先を右折すると「 椿の尼門跡寺院 谷の御所 」として知られる臨済宗南禅寺派に属する「 霊鑑寺 」の山門が見えます。  折しも 訪れた日は「 春 」の特別公開( 3月25日 〜 4月9日 )でした( 普段は拝観が出来ません。 多分椿の見頃の時期だけだと思いますが。  )
画像
画像
画像

画像
画像

「 霊鑑寺 」承応3年( 1654 )、後水尾天皇の第11皇女 多利宮( たりのみや、浄法身院宮宗澄尼 )によって創建され、歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院です。  別名「 谷の御所 」又は「 鹿ヶ谷比丘尼御所 」とも呼ばれた格式と清楚な佇まいを伝えています。  後西天皇の院御所から移築された書院は「 四季花鳥図 」等 狩野派の作と伝えられる華麗な障壁画に飾られ、本堂は、江戸幕府 第十一代将軍 徳川家斉が寄進した物で、如意輪観音像が安置されています。
画像
画像
画像
画像
後水尾天皇が「 椿 」を好まれたことから、広い邸内には 三十種以上の椿が植えられています。  中に入ると 左手に大きな椿が見えます。  「 散椿 」と言い、普通の椿の様に 花ごと落ちるのでは無く、花びらが散ることから名付けられたらしいです。
画像
至る所で「 椿 」が鑑賞出来ます。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
特に後水尾天皇が好んだ 樹齢400年の日光椿( ジッコウツバキ : 芯が赤色、京都市指定天然記念物 )と「 月光椿( ガッコウツバキ : 芯が白色 )」が見られます。
画像
画像
建物 と 庭園 の詳細に就いては「 パンフレット 」を参照してください。
画像
画像


誘われなかったら 気が付かない「 お寺さん 」ですが、周りは静かで 大半日本人。  ゆっくりと見学出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

京都あっちこっち【其の弐:霊鑑寺門跡】 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる