山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「泉岳寺」に行って来ました。

<<   作成日時 : 2017/03/02 05:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

築地で食事の後 友達と「 泉岳寺 」に行って来ました。  東銀座から「 都営浅草線 」で約10分程度「 泉岳寺駅 」で下車。  目の前に 泉岳寺の「 中門 」が見えます。
画像
画像

「 泉岳寺 」は山号を「 萬松山 」と呼ぶ曹洞宗の寺です。  慶長17年( 1612 )、「 徳川家康 」が外桜田に門庵宗関を招いて創建。  寛永18年( 1641 )寛永の大火で焼失しましたが、三代将軍「 徳川家光 」の命で、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名により、現在の「 高輪 」の地に再建されました。  浅野家との付き合いは この時以来となります。
画像
画像

「 泉岳寺 」と言えば「 赤穂事件 」で「 浅野長矩 」等「 赤穂浪士 」が葬られていることで有名で、今でも多くの参拝客が訪れています。  昔「 山ちゃん 」が小学校に通っていた時、正月の映画と言えば 必ずと言って良いほど「 忠臣蔵 」の映画がありましたし、又 歌舞伎の世界でも「 仮名手本忠臣蔵 」として 公演されています。
画像

元禄14年( 1701 )3月14日、( 第五代徳川綱吉の時代 )江戸城 松の廊下 で「 吉良上野介 」に対し刃傷沙汰( 11時40分頃 )となり、即日切腹( 18時15分頃 )となった赤穂藩主「 浅野長矩( 内匠頭 )」の墓、と 元禄15年( 1702 )12月14日、江戸本所の吉良屋敷に押し入って、吉良の首を取り( 享年62歳 )、翌年2月4日に切腹となった( 翌日の夕方 遺骸は主君の周りに埋葬された )、所謂「 赤穂浪士( 泉岳寺では赤穂義士と呼んでいます )」の墓です。  

この日も多くの方々が 参拝に訪れておられました。  「 泉岳寺 」の境内地図に従って 写真で説明します。
画像
画像


【 山門 】
正面にあるのが「 山門 」で、天保3年( 1832 )に「 大道貞鈞和尚 」の代に再建されました。  二階部分には十六羅漢が安置され、又一階部分の天井には「 江戸三龍 」のひとつ、「 銅彫大蟠龍 」がはめこまれています。  「 泉岳寺 」の額は、「 大野約庵 」による書です。
画像
画像
 
【 大石内蔵助 銅像 】
浪曲家「 桃中軒雲右衛門 」の発願により鋳造され、泉岳寺に寄進されました。
画像

【 本堂 】
旧本堂は第二次世界大戦で空襲にあい消失し、現本堂は昭和28年( 1953 )12月に落成しました。  本尊は「 釈迦如来 」ですが、道元禅師や「 大石内蔵助 」の守り本尊である「 摩利支天 」等が納められています。
画像
画像

【 澤木興道老師像 】
仏法の究極である 座禅 をもって生涯を貫いた二十世紀に最も活躍した禅僧の一人です。
画像

【 首洗い井戸 】
義士が本懐成就後、吉良上野介の首級をこの井戸水で洗い、主君の墓前に供え報告したところから「首洗い井戸」と呼ばれています。
画像

【 血染めの石 と梅 】
浅野内匠頭が田村右京大夫邸の庭先で切腹した際に、その血がかかったと伝えられている梅と石。
画像

【 義士墓入口と門 】
門を入ると「 お線香( 100円 )」とパンフレット等が販売されています。
画像
画像
画像
画像
  
【 赤穂義士墓地 】
赤穂浪士は一般に「 四十七士 」と呼ばれていますが、泉岳寺の赤穂義士墓地には討入り以前に自害した「 萱野重実( 三平 )」の供養墓を含め48人の墓塔があります。
画像
この内「 萱野三平 」と、遺骸を遺族が引き取ったため泉岳寺には埋葬されていない「 間光風( 新六 )」、そして討入りに参加した浪士の中で唯一人切腹を免れた「 寺坂信行( 吉右衛門 )」の墓は、遺骸の埋葬を伴わない供養塔となっています。  寺坂以外の浪士の戒名は全て最初の文字が「 刃 」となっています。  墓に戒名と生前の名前、そして享年が彫ってあります。  墓の並べ方は、討ち入り後、赤穂浪士は複数の藩( 細川越中守邸 17名、松平隠岐守邸 10名、毛利甲斐守邸 10名、水野監物邸 9名 )にお預かりとなって、後 各々の藩邸で最後を遂げたのです。  その為にお預けの藩毎に墓はまとまった配置となっています。
画像

・浅野内匠頭墓
寛文7年( 1667 )播州赤穂五万石の城主浅野采女正長友の嫡子として誕生。  後即日切腹 となった 享年35歳。
画像

・浅野内匠頭奥方墓
芸州広島浅野家の支藩で, 赤穂浅野家とは同族である備後国三次城 主浅野因幡守長治の二女として延宝2年( 1674 )生まれ、享年41歳。
画像

・大石内蔵助良雄墓
万治2年( 1659 )生まれ。  享年 44歳
画像

・義士達の墓
画像
画像
画像
画像
画像


帰りは 泉岳寺から山手線に沿って 品川駅迄 徒歩 約30分程度 久し振りの都内散歩でした。

【 参考資料をリンクしました 】
「 山ちゃんの徒然日記 」赤穂浪士 吉良邸 討ち入りの真実
「 山ちゃんの徒然日記 」江戸城 復元から判明した
     「松の廊下」の真実

「 山ちゃんの徒然日記 」都指定旧跡 吉良邸跡
     ( 本所松坂町公園 )

「 山ちゃんの徒然日記 」新橋演舞場 大歌舞伎 4月
     「 仮名手本忠臣蔵 」

義士の辞世の句
四十七士が預けられた4つの屋敷

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

リンク先

「泉岳寺」に行って来ました。 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる