山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤穂浪士 吉良邸 討ち入りの真実

<<   作成日時 : 2015/12/14 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

約300年前【 元禄15年( 1703年 )】の今日、12月14日は、赤穂浪士が「 吉良邸に討ち入り 」した日です。  先達て「 尾上松也の古地図で謎解き 」の番組で、史実に基づいた「 討ち入りの真実 」が 放送され、興味深かったので、纏めてみました。

その 要因となったのは、ご存知の通り、元禄14年3月14日 江戸城 松の廊下 で、浅野内匠頭が、吉良上野介に斬りかかった事件。  浅野内匠頭は即日切腹、しかし 喧嘩両成敗の中 吉良上野介はお咎め無しだった。  そして約1年半後に 大石内蔵助以下 四七士が、吉良邸に討ち入りしたという史実です。

この討ち入り事件は 内容によって二つ「 Fiction、Non Fiction 」に分けられます。
   ・「 映画 ・ 芝居 ・ 歌舞伎 」等は「 仮名手本忠臣蔵
    ( 忠臣蔵 )」として( Fiction )
   ・史実に基づいた 討ち入りは「 赤穂事件 」として( Non Fiction )

大方は 討ち入りは「 Fiction 」でのイメージが大きいと思います。  以下 史実と比べてみました。

【 吉良は炭小屋に居なかった 】    討ち入り後、吉良が「 炭小屋 」に隠れているのを発見。 引きずり出されて・・・。 のイメージであるが、実際に家の見取り図には「 炭小屋 」は存在しない。   実際には 吉良の寝室の近く、台所の物置に隠れていた。   想像するに、物置には「 炭 」が置かれており、Fiction では「 炭小屋 」に変わったのでは無いか?
画像
画像

【 討ち入りの際の衣装 】    芝居等では「 浪士は同じ衣装 」となっているが、実際は 「 火事装束 」の格好はしていたものの、個々には思い思いの衣装を着ていた。   下の写真は、当時の「 火事衣装 」です。
画像

【 山鹿流陣太鼓は打たなかった 】    討ち入りの際「 大石内蔵助 」が「 陣太鼓 」を鳴らした記録が無い。
画像

【 何故 12月14日 】   冒頭 書いた通り 本来「 討ち入り 」は命日の「 3月14日 」が常識で有るが、12月14日は「 月命日 」である。  これは 大石内蔵助が書いた「 預置候金銀請払帳( 今でいう家計簿 )」によると、討ち入り迄に掛かった費用は「 697両( 現在の8300万円 )」で、討ち入りの浪士達は「 貧窮 」し、それを補う為に、大石の手持ち金「 7両1分 」が支払われたと書かれている。  とても命日迄 4ケ月も持たなかった為だと思われる。   芝居では 討ち入りの日は「 茶会 」が有った為とされているが、どうも違うらしい。

【 芝居には書かれていない史実 】   討ち入り迄の 約1年半。  内蔵助の最大の課題は「 吉良邸 」を探ることだった。    以前「 吉良邸 」を訪れた事を書きましたが
画像
実際は 130m x 60m 2570坪の広大な屋敷で
画像
その近辺に、スパイの目的で、12人もの浪士を住まわせた。
画像
画像
商人にやつし「 米屋 」を営み、屋敷に出入りしたり
画像
又一人は吉良邸の下男として住まわせ「 家の見取り図 」を作成させている。
画像
画像
映画では 大工の娘と親しくなって 見取り図 を手に入れたとなっているが。   特にこの スパイ擬きの 内容は Fiction の中では 書かれていない。

【 討ち入り後 両国の橋は 渡っていない 】   討ち入り後「 泉岳寺へと向かう 」  映画等では「 吉良の首 」をぶら下げて「 両国橋 」を渡っているが
画像
当日は「 江戸城への登城 の日 」。   「 御内府( 町奉行の支配していた江戸の市域)」で、面倒を避ける為に、隅田川の東岸を下り「 永代橋 」から市中に入った。
画像
討ち入りから泉岳寺迄 約3時間 掛かったとされている。   途中では、疲れを癒やす為に「 甘酒( 一説には 濁り酒 )」を飲んだり、又「 赤穂藩上屋敷 」を眺めて、主君に仇討ちを報告したとされている。
画像

【 泉岳寺には48人の墓が 】   討ち入りしたのは「 47名 」であるが、討ち入りが果たせなかった「 萱野重実( 芝居では 早野勘平 )」も 悲劇の人として、一緒に「 泉岳寺 」に 葬られている。   歌舞伎では「 おかる 勘平 」として取り上げられています。
画像

芝居や映画では「 討ち入り 」の時は「 雪 」が降っていますが、実際はどうだったのでしょうか?    

以前「 山ちゃんの徒然日記 」で「 江戸城 松の廊下 」の事を書きましたが、併せて お読み下さい。

春になると「 隅田川 」の両岸は桜が咲き誇ります。  今度 吉良邸跡から泉岳寺迄歩いてを訪ねてみたいと思います。

補足) 画像の一部は当日の番組からのコピーです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

赤穂浪士 吉良邸 討ち入りの真実 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる