山ちゃんの徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産「 仁和寺 」の金剛力士像

<<   作成日時 : 2012/09/01 18:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「 浄瑠璃寺 」の翌日 金曜日 友達と 世界遺産で「 真言宗 御室派総本山 仁和寺 」を訪れました。

昔 国語の時間に「 徒然草 」の中で 有名な段が思い出される。 仁和寺にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。 さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。  すこしのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事なり。  

要は参拝の人たちが皆、山に登って行きましたが、山の上に何事があったのか。気にはなったけれど、神へ参るのが目的なのだと思って、私は山の上までは見物しませんでした」と言ったそうだ。 山とは「 成就山 」の事で、御室八十八箇所の巡拝コースがあります。
画像

丁度 金堂をお参りした時、巡礼の方々がお経を唱えながら 山の方に向かわれていました。 
画像

私は 二王門 両側に配されている「 金剛力士像( 仏教の護法善神(守護神)である天部の一つ。開口の阿形(あぎょう)像と、口を結んだ吽形(うんぎょう)像の2体を一対として、寺院の表門などに安置することが多い。一般には仁王(におう、二王)の名で親しまれていま。  二王 又は 仁王と 書かれていますが、通常は 二王の方を使われています )」
を写真に撮るのが目的で 仁和寺 を訪れました。

なぜ 仁和寺かと言いますと、殆どのお寺は 人が入らないように 金網で 保護されていますが、仁和寺は 金網が無い為です。
画像

画像


友達に 暑い中 待って貰って バシャバシャ。  写真は 後で加工し易い様に「 RAW 」で撮影。

私の腕では こんなものか




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク先

世界遺産「 仁和寺 」の金剛力士像 山ちゃんの徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる